格好良く働く大人になれるかな? 夢を育む贈り物「キッズクラシコ」

「キッズクラシコ」のサイズは、110㎝と、140㎝の2サイズ。いずれも価格は9800円

そろそろクリスマスのプレゼントを何にしようか考えている人も多いと思いますが、今回は、子供たちの夢を育む逸品「キッズクラシコ」を紹介したいと思います。

子供向けの白衣なのですが、イタリア式テーラードスーツの技術をベースにしたお洒落な白衣ブランドとして知られる「クラシコ」が手がけているので、子供用とはいえ、本格派の仕上がり。

大人用の白衣とほぼ同様のデザインや素材で作られていて、衿裏や背裏には紺色やピンク色のボーダーシャツ地を使って可愛らしい仕立てです。

「もともとクラシコの白衣を愛用していた女性医師から、『子供が夢を育むような白衣があればいいのに』と言われた一言がヒントになって、開発したんです」と、クラシコの大和新社長。

9月から発売したところ、両親や祖父母だけでなく、出産祝いとして利用する人も増加中。

子供たちが、「将来はお医者さんになりたい」とか、ちょうど今週、受賞式があるノーベル賞を受賞するような「研究者になりたい」とか、そんな夢を抱くきっかけになれば・・・という、親の願いのほうが大いに込められている(笑)プレゼントになるかもしれませんが、「かっこいい~!」と憧れの気持ちが目覚めることは悪いことではありません。

キッズクラシコを着用すると、こんな感じ!可愛らしくて、凛々しいですね

ちなみに、白衣を着るお仕事というと医師、薬剤師、研究者くらいはパッと浮かびますが、他にどんなのがありますか?と大和さんに聞くと、「理科の先生をはじめ、化粧品などのメーカーの研究者や調香師など美容の分野でも着ますし、整骨院でも採用されています。時計やカバンの修理や床屋など職人的な領域の仕事の方々にも着用してもらっていますよ」とのこと。

夢見る仕事の領域はかなり広そうですね!

あと、大和さんは、「理科の授業の実験の時に着られるよう、キッズクラシコよりはリーズナブルな価格帯の子供用の白衣を作れたら」と話していて、「理科好きの子供が増えそう」と盛り上がりました。

ちなみに、クラシコは、福山雅治さん主演のドラマ「ガリレオ」など数々の医療ドラマや、周防正行監督の映画「終の選択」などで衣装として使われているほどスタイリッシュ。

“白いスーツ”といっても過言ではないくらい、胸元のシルエットは立体感があり、ウエストにかけてくびれているので、美しいシルエットで着ることができます。袖口も本開き仕様になっていて、4つボタンを少しずつ重なるように縫い付けている点は、まさにイタリアスタイル。

実際にクラシコの白衣を着ている医師によると、「一層、気持ちが引き締まる」、「患者さんからもステキですねとほめられる」といった声も寄せられるそうです。

人間、見た目がすべてではありませんが、外見がもたらすモチベーションや、他者に与える信頼感、安心感というのも無視できませんから、クラシコが支持される理由はわかる気がしますね。

本サイトで利用される画像・文章は筆者、トーチ出版または取材協力先及び素材提供元に著作権があります。 無断での転載や加工、再販等の行為は著作権法違反により罰せられます。
橋本 伊津美

筆者:橋本 伊津美

流通ライター。1976年生まれ、明治学院大学卒業。女性ならではの視点で消費動向やトレンドをウォッチするライターとして活躍。FRANJAでは、有料記事で新連載「温故知新」を、また人気ブログ「橋本伊津美のトレンド小ネタ」(隔週金曜日)を連載中。その他、『日経MJ』(日本経済新聞社)、『日経レストラン』(日経BP社)、『地上』(家の光協会)など多数の流通小売業・サービス関連の新聞、雑誌で取材・執筆中