「宅配ピザ屋」のフランチャイズ開業で儲かる成功の極意。メリット・デメリットも解説。

目次

「宅配ピザ屋」の開業が儲かるメリット。失敗すると儲からないポイント

フランチャイズチェーンと独立店の経営比較

  • 宅配ピザ業界では、フランチャイズチェーンへの加盟による開業が多い。
    フランチャイズでは、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)がフランチャイズ契約に基づき事業を運営する。
    本部は、開業時の市場調査や店舗開設の支援を行い、開業後は食材や商品の提供を通じて加盟店を定期的にサポートする。
  • フランチャイズの場合、商品の仕入れは本部が一括で行い、原材料を安く仕入れることができるのが魅力の1つとなっている。
    支払条件は月末締め翌月払いが一般的である。

メニュー多様化による顧客満足度の向上

  • 「宅配ピザ屋」という業態自体に新鮮さがなくなりつつある現在、消費者は自分の好みに合ったピザの提供を求めている。
    好みは年代や性別によって多様であり、事業者は様々なメニューを開発している。
    • ハーフ&ハーフ(1枚で2種類の味を楽しめる)
    • クォーター(1枚で4種類の味を楽しめる)
    • 子供向けピザ(カレー味、ミートソース味など)
    • 女性向け(クリームチーズ、フルーツなどのトッピング)
    • 和風ピザ(照り焼き風味や、餅・明太子などのトッピング)
    • ハワイアンピザ(パイナップルの利用など)
  • 近年ますます消費者の食の安全性に対する意識が顕著に高まっている。そのため、健康的で安全な食材の使用や栄養バランスを考慮した低糖類ピザなどのヘルシーメニューの開発、厳格な衛生管理が極めて重要である。また、パスタやサラダ、デザートなどのサイドメニューの充実は、他店との差別化と消費者の獲得に役立つ戦略である。

ピザ宅配サービスの利用状況と市場開拓の余地

  • 宅配ピザ屋は巨大なマーケットとして確立されているにもかかわらず、消費者の利用頻度は必ずしも高くない。
    調査機関にもよるが「直近1年間で利用していない」「利用したことがない」という回答は約67%に上り、リピーター以外のライトユーザーの利用が少ない傾向にある。
    これは同時に、新市場の開拓余地があるとも考えられる。
  • 宅配ピザは、個人よりも家族や友人が集まる際やイベント時など、複数人での利用が多い。

大手チェーンの市場戦略と業界動向

  • 業界大手のドミノ・ピザはアプリを活用した非対面注文の強化や、テイクアウトに関する販促策などにより、店舗数と市場シェアを伸ばしている。
    世界で19,500店舗の店舗展開をしているが、日本においても店舗数は約1000店舗に達しており競合の「ピザーラ」と共に業界リーダーの地位を確立している。

オンライン注文の増加と顧客データの活用

  • 直近では、インターネット経由の売上が60%を超えておりマーケティング力の差が各社の業績の差にも繋がっている。
    そのため、小規模事業者が新規開業をしても、大手フランチャイズ本部にはマーケティング予算の差からも勝てないケースが多い。

フランチャイズ加盟のメリットと市場競争の影響

  • 「ドミノ・ピザ」などの大手チェーンが出店を積極化していることで、宅配ピザ屋の店舗数は増加傾向にある。
  • 今後、宅配ピザ屋のマーケットは成熟していくが、主にフランチャイズによる大手チェーンのシェアが高まっていくと考えられる。
    そのため、宅配ピザ屋の開業をするのであれば、強い集客力や、磨き込まれたオペレーションノウハウを持っているフランチャイズに加盟することが有用な選択肢となっている。
    一方で、市場規模が減少トレンドに入った際は、店舗数が増加していることからも、既存店同士での競争が激化し、1店舗当たりの売上高は減少すると考えられる。
  • 宅配ピザ屋は、地域的な偏りはなく、多くの店舗は人口密度が高い地域に出店をされており、主要な生活道路に面していることが多い。

配達人員確保の課題とテイクアウトの販促策

  • 宅配ピザ店では配達要員の確保が必要だが、人口減少や若者の免許証取得者減少のため、人材確保が課題となっている。そのため、時給面だけでなく、魅力的な職場環境を提供する必要がある。
    また、限られた人員で効率的に運営するために、無駄のないシフト計画が重要である。
    配達人員の確保への負担を抑えるためには、テイクアウトの売上比率を高めるための販促策も求められている。そのため「持ち帰り半額セール」は、一般化したマーケティング手法となった。

新たな顧客層開拓に向けた商品開発とサービス提供

  • 宅配ピザ屋は現在、20代から30代の若年層や子供を持つ家族を主な顧客層としているが、今後の高齢化に伴う人口構造の変化により、これらの顧客層が減少すると考えられる。
    このため、中高年層をターゲットにした商品開発やサービスの提供が新たな市場開拓の鍵となる。

デリバリー注文のチャネル多様化とマーケティング戦略

  • 宅配ピザ屋におけるデリバリー注文は、現在でも電話注文が一定割合を占めていることから、家庭へのチラシ配布は重要な役割を果たしている。しかし、顧客が手元にある異なるブランドのチラシを見て注文することも多い。
    最近ではスマートフォンの普及により、簡単で非対面のオンライン注文が増えている。このため、企業はウェブサイトやアプリを通じた注文の促進、オンライン会員特典や割引クーポンの提供など、インターネットの活用を強化している。また、販売記録のデータ活用により、顧客の購買パターンを分析することも重要である。

宅配ピザの市場規模と消費者ニーズの変化

  • 宅配ピザ屋は日本の食文化に完全に溶け込み、手軽なランチ・酒のツマミ・夕食として人気を博している。日本人の西洋化した食生活や、忙しい生活スタイルに合わせた手軽な食事の需要が増えたことで、ピザの市場規模は3,200億円を超えている。
  • 女性の社会進出や高齢化社会の到来、健康や安全への関心の高まり、余暇時間の増加などの社会的変化に伴い、消費者のニーズは変化しており、中食(テイクアウトやデリバリー、調理済み食品、惣菜などの利用)の需要が高まっている。
  • 以前は、出前と言えば麺類や丼物が主流であったが、現在では多人数で共に楽しむことができるようになっており、手軽に楽しめる「宅配ピザ屋」が家庭やオフィスでの食事選択肢として定着している。

売上高の季節変動と店舗運営への影響

  • 売り上げは年間を通じて変動する傾向にあり、8月と12月に多くなる傾向がある。これは、学校の夏休みや冬休み、クリスマス期間と一致している。
    一方で、5月から6月および9月から11月は売り上げが減少し、資金繰りに影響を及ぼすことがある。
    曜日別に見ると、土日の売り上げが平日の約3倍から4倍とされており、時間帯による売上の差も生じやすいため、店舗によっては昼間の営業を行わないところもある。
    労働人口の減少から、人員を確保できない場合、有用な経営オプションと言える。

トッピング多様性と食材価格の影響

  • ピザは基本的に「生地に具材を乗せて焼く」というシンプルなメニューであることからも、多様なトッピングができる。
    これは「顧客単価の上げやすさ」とも言えるため、トッピング食材は多岐にわたる。
    一方で、食材価格の上昇は収益性に影響を及ぼす。
    しかし原価ばりを気にして、粗悪な食材を使うと、消費者の食の安全性に対する意識が高まっていることからも一気に信頼を失うことになる。そのため、食材の品質管理にも注意が必要である。

ヘビーユーザー獲得による収益向上

  • 業績を伸ばすためには、リピーターの増加が必須である。そのため、年間利用金額の多い、ヘビーユーザーを増やすことで収益を向上させる必要がある。
  • 宅配ピザ事業を運営する上では、ローコストオペレーションを実現するため、計数管理を徹底することが必要となる。
    特に重要な費用項目は「食材費、人件費、広告宣伝費」の3つである。

宅配ピザの価格帯とサイドメニュー

  • 宅配ピザの、標準価格帯は、Mサイズ(2~3人前)が1,800~2,900円、Lサイズが2,800~3,900円で、追加トッピングは1種類につき200~300円となっている。
    サイドメニューにはドリンク、サラダ、パスタ、ポテト、チキン、アイスクリームなどがある。

フランチャイズ加盟店の運営メリットとデメリット

  • 宅配ピザ業界においては、フランチャイズ加盟店として出店する方法と、独立した単独店として出店する方法が存在する。
    フランチャイズ加盟店は接客や調理のマニュアル化、仕入れルートの確保など、運営に関する多くのメリットを享受できるが、店舗設計の指定やロイヤルティの支払いといったコストが高くなるデメリットも存在する。
    最近では、店舗数が増えたことから、開業エリアも縛りがあり、必ずしもオーナーの希望するエリアで開店することができない。
  • フランチャイズによる開業では、本部(フランチャイザー)の加盟店(フランチャイジー)に対する指導力が重要である。
    本部が提供する商品・サービス、販売指導、経営指導の体制が整っていることが必要だ。

加盟検討時、フランチャイズ本部にチェックすべきポイント

  • 加盟店がフランチャイズ本部企業に求める条件は一般的に下記の通りである。
    • 競争力の高い商品やサービスを開発している。
    • 研修制度が整っており、開業前から商品やサービス提供のノウハウを加盟店に伝えられる。
    • 開業後にも、優秀なスーパーバイザーがおり、加盟店に対して経常的な指導を行うことで、FCチェーンの体制を維持できる。
    • 既存の加盟店が高い収益性を確保できており、オーナーの開業条件においてもある程度成果が出せる根拠が見えている。
    • 研修を終えたらフォローを終えるのではなく、常に抜本的な経営改善や改革を目指している。
    • 安定した財務基盤・経営基盤がある。
    • 明確な経営理念とビジョンを持つ。
    • 提供する食材の安全性が確保されている。

フランチャイズ加盟店のタイプと事業展開パターン

  • フランチャイズ加盟店は主に下記のパターンが存在する。
    • 脱サラをした、個人オーナーが独立開業をする。
    • 既に別の事業を展開している法人が、新規事業という形で、経営の多角化を目指す。
    • 既に別の事業を展開している法人が、既存事業の不振から、主力事業を転換を目指す。
    • 現在、企業に勤めており、退職をするつもりもないが、手間が少ないフランチャイズを選び副業として経営をする。

フランチャイズ契約内容の重要性と検討ポイント

  • フランチャイズ本部の中には、フォロー体制やビジネスモデルが弱いにも関わらず、期待値だけを上げるような劣悪な企業も存在する。
    そのため、フランチャイズ加盟店は、フランチャイズ契約の内容(加盟金、保証金、ロイヤルティ、契約期間など)を十分に検討して加盟する必要がある。
  • 一般的なフランチャイズ契約に含まれる記載内容は下記の通りである。
    • 商品やサービス、ブランド名の使用許諾
    • 加盟金
    • ロイヤリティー
    • 契約の期間、更新、解約条件
    • ノウハウの提供
    • 商品やその他物品の調達
    • 品質管理
    • 開業エリアの立地・物件とテリトリー
    • 店舗の内外装の業者の紹介
    • ユニフォーム
    • 販売促進

宅配ピザ屋の業務フローと時間管理

  • 宅配ピザ屋の日常業務は、主にピザの製作(メイキング業務)と配達(デリバリー業務)に分かれる。
    大まかに、以下の手順で進行することになる。
    • 受付(電話、Web、アプリ、来店)
    • オーダーテイク(注文内容の確認、来店または配達の選択)
    • 伝票作成
    • メイク開始(生地を伸ばす)
    • ソーシング(ソースを塗る)
    • トッピング(注文に応じて変わる)
    • オーブンで焼く
    • 焼き上げたピザを箱に入れる
    • ピザのカッティング
    • 保温バッグへ移す
    • デリバリー準備
    • 配達
    • 配達先での接客
    • 配達スタッフの帰店
  • 配達の場合、ピザメイキングに約15分、デリバリーに約15分、受付から配達まで合計約30分が目安とされている。
  • 宅配ピザ店が普及し始めた当初は「30分以内に配達できなければ無料」というキャッチコピーを掲げるチェーン店が多かった。
    しかし、交通マナーや安全運転への意識の高まりにより、現在はそのようなキャンペーンを行う店舗は減っている。
    一方で、テイクアウトの場合はデリバリー業務が不要となるため、人員と時間の節約によりコスト削減に繋がる。

開業資金と初期投資の概要

  • フランチャイズに加盟する際の開業資金は、3~5坪程度の店舗であっても、初期投資は800万円〜1000万万円になる。特に設備工事費が初期投資の大部分を占める。
  • 効率的な配達のためには、配達用バイクも1店舗あたり5~6台が必要となる。
  • 調理時間の短縮のため、高速調理ができるジェットオーブンなどが必要である。
    開業直後は固定客が少なく、売上が安定しないため、月商の2~3ヶ月分の運転資金を準備する必要がある。
  • フランチャイズの場合、多くが収支モデルを公開しているが、実際の開業後の正確な売上の動向を把握することは難しい。
    開業後の業績によって、運転資金の必要額が大きく変動する。
    FC本部からの原材料販売は、コストを抑えられるため、加盟店は仕入れ業務だけであれば大きな資金を必要としない。
    しかし、売上が低迷すると人件費、設備のリース費用、集客のための販促費などの固定費が不足するため、資金調達が必要になるケースもある。
    特に人件費に関しては、パートやアルバイトが中心であるため、近年の人手不足による時給上昇傾向を踏まえると、注意が必要である。

売上管理とコスト削減の戦略

  • 宅配ピザ屋では、売上高は主に現金で回収されるため、現金および預金の割合が高くなる傾向がある。
  • 土地や建物を購入して宅配ピザ屋開業する場合、設備投資額が大きくなるため、借入金の割合が増加する。
  • 近年、各社のテイクアウトの強化の方向性に伴い、立地条件が業績に影響を与えるようになっており、好立地の物件の取得価格は高くなってきている。
  • 宅配ピザは原価が低く、売上総利益率は約70%と高いが、過剰な仕入れや在庫により利益率が低下するケースもある。
    フランチャイズに加盟すれば、業界における各種経営指標のデータは本部が大量に有している。
    そのため、このような各種経営指標が大きく変動する場合は本部の指示を参考に経営改善に動くと良い。
    必要であれば店舗責任者の交代なども視野に入れつつ、廃棄ロスの増加など、あらゆる業績悪化の要因を探ることが必要となる。

開業にあたり把握しておくべき法律

  • 宅配ピザ屋を開業する際は、関係のある様々な法律を把握しておく必要がある。
    • 食品衛生法:開業には「飲食店営業許可申請」が必要で、地方自治体が定める基準を満たすことが求められる。許可申請に関する相談や確認は各地の保健所が窓口となる。
    • 中小小売商業振興法:フランチャイズ事業運営の適正化を目指し、本部事業者に対し、フランチャイズ加盟を検討している者に対して法律で定められた事前開示項目を記載した書面の提示と説明を義務付けている。
    • 独占禁止法:公正取引委員会は「フランチャイズシステムに関する独占禁止法上の考え方」(フランチャイズガイドライン)を公表している。フランチャイズ本部はフランチャイズシステムの統一性を維持するため、一定の拘束を加盟オーナーに課すことが許されているが、不当な拘束については規制されている。
  • 宅配ピザ屋を開業・もしくは新規事業として立ち上げる際は、これらの点を踏まえ、宅配ピザ事業の効果的な経営戦略を策定することが重要となる。

人手不足対策と従業員の処遇向上

  • 宅配ピザ屋は典型的な労働集約ビジネスであるため、注文から調理、配達まで全ての作業が従業員によって行われる。
  • 調理と配達は分業が必要であり、一定の人員を確保することが必須である。
    近年の人手不足の影響で、人員確保のために給与面での処遇が向上している。
  • 繁忙期と閑散期の人員配置の適正化が収益に大きく影響する。

財務管理と運転資金の適正化

  • 開業後は必要資金に不足がないよう、店舗の改装や設備更新、季節変動による運転資金などの需要を厳しく管理する必要がある。
  • フランチャイズ加盟店では、成功した店舗から隣接エリアへの新店舗出店が一般的だが、早期の店舗拡大は企業体力を弱める事にも繋がるため、採算性や財務体力、人材などを慎重に考慮することが重要となる。

収益性の確保と損益分岐点の把握

  • 開業後は、家賃や人件費などの固定費を認識し、損益分岐点を超える売上を確保することが重要である。
  • 売上の変動に応じて、食材や梱包資材の発注量を常に調整し、過度な在庫を持たないことが重要である。
  • 宅配ピザ屋では、設備投資をするのは重要な経営決断であるが、特に厨房設備や配達用バイクの更新時には投資活動キャッシュフローがマイナスになることが多い。
  • 日常の設備保守を徹底することで、不要な投資を避け、長期的な資金計画を立てることが重要となる。
  • FC本部企業では、加盟店の収支状況と本部との関係が重要なポイントとなる。
    本部によっても加盟店との関わり方の方針は違うものの、本部は原材料を提供することからも、加盟店からの売掛金が滞納されていないかを厳しくチェックしている。
  • 加盟店は事業計画および収支モデルに基づいて、収益性と成長性を時系列で分析する必要がある。
    売上高が最大のポイントであり、初期投資費用が多額である場合、借入返済を含めた損益分岐点の売上高を確保できているかを重視する必要がある。

店長教育と従業員モチベーションの影響

  • 宅配ピザ屋では、現場をマネジメントする店長教育が重要であり、店長の能力によって月商が大きく変わる。
  • 接客マニュアルに基づいた教育が十分に行われているかが重要であり、店の運営がスムーズかつ従業員のモチベーションが保たれているかが課題となる。
  • 接客内容は商品との差別化要因となるため、他社に対する優位性を確保するためにも徹底した指導が必要となる。

ピザ業界の歴史と現代の進化

  • ピザは元々イタリア発祥の料理であり、イタリアからの移民によってアメリカへ伝わり広まった。
    第二次世界大戦の終戦後、イタリア系のアメリカ人だけでなく、一般のアメリカ人にも受け入れられ、アメリカ独自のスタイルで進化していった。
  • 日本においても、アメリカから帰国した進駐軍がアメリカ風のピザを紹介したことで広がった。そのため、日本では当初はアメリカ風のピザが主流だった。
    しかし、バブル経済の頃のイタリア料理ブームをきっかけに、イタリア風のピザも広く知られるようになった。

ピザ宅配サービスの起源と日本での始まり

  • ピザの宅配サービスは、アメリカで1950年代にドミノ・ピザによって始められた。このサービスは電話注文を受けて自宅にピザを届けるという、宅配に特化した形態で、徐々に広がっていった。
  • 日本で最初の宅配ピザ店は1985年に東京・恵比寿にヒガ・インダストリーズが「ドミノ・ピザ」の1号店を開業したことから始まった。この店舗の「30分以内に配達しなければ無料」というキャッチフレーズが消費者の注目を集めた。その後、競合他社の参入が増え、フランチャイズ方式の宅配ピザ店が数多く出現し、業界は活況を呈した。しかし現在、宅配ピザ業界は二極化の時代に突入しており、一部のチェーンは順調に事業を拡大しているものの、小規模なローカルチェーンは市場から撤退しているのが現状だ。
    2023年にはシカゴピザが、負債15億円となり自己破産となった。
  • これらの背景も含め、各フランチャイズチェーン店は店舗のの経営改善のためにも投資を積極的に行っている。今後も大手宅配ピザ屋のフランチャイズチェーンでは出店拡大が進むと共に、小規模チェーンの撤退が進むことが見込まれている。

フランチャイズ加盟店の課題と教育不足

  • 一般的に飲食業界におけるフランチャイズの加盟店では、調理や経営の経験がないまま開業するケースも多く、その結果、倒産に至る事例も多く見られる。
  • 経営経験や業界経験がない事からも、パートやアルバイトの教育が不十分であり、市場の変化に対応できず売上が低下するケースも少なくない。
  • そのため、業界未経験者のオーナーほど、定期的な経営環境のチェックと、FC本部との連携が重要である。

IT投資と顧客データ活用の重要性

  • 多くのフランチャイズチェーンがPOSシステム等をはじめとしたIT投資を行っており、顧客データの詳細な管理を通じて顧客満足度の向上に繋げている。
  • 商品に対する顧客の直接的な反応を得るため、アンケート調査や、その結果の分析も重要となる。
  • 販促活動においても情報化が不可欠であり、ウェブサイトやアプリを通じた注文対応や割引クーポンの提供が重要となる。

新店舗開業と立地選定の戦略

  • 新規店舗の開業にあたっては、特にデリバリーバイクの出入りがスムーズに行える立地が重要となる。
  • 近年、持ち帰り形態への注力する戦略により、配達コストの削減が図られているため、来店の容易さ(交通量、駐車場の確保)も出店計画において重要な要素となっている。
  • 宅配ピザ業界における経営や出店戦略を考える際、競合調査、法律遵守、独占禁止法のガイドラインに留意することが重要となる。
  • 競合店の存在は売上に大きな影響を与えるため、出店予定地から半径2.5km以内(30分以内のデリバリー範囲)の市場調査が極めて重要である。

配送効率と安全運転の推進

  • 最近では店舗に来店してから、持ち帰りをする顧客の集客を強化している傾向があるが、配達需要は依然として根強い。
    効率的な配送ルートの設定や安全運転の励行により、燃料費の抑制や事故防止に努めることが必要だ。

「宅配ピザ屋」の開業に、必要な初期費用・開業資金

項目金額
フランチャイズ加盟金¥900,000
内装・外装工事費¥8,150,000
厨房設備¥7,500,000
保証金¥2,000,000
広告宣伝費¥600,000
求人広告費・研修費用¥595,000
その他費用¥180,000
合計¥19,925,000

「宅配ピザ屋」は儲かる?収支モデル・損益計算書を公開!

項目数値
売上高¥6,200,000
賃料¥600,000
原価¥1,984,000
人件費¥1,550,000
水道光熱費¥62,000
その他¥53,000
営業利益¥1,951,000

宅配ピザ屋のフランチャイズ開業に必要な「準備・手順・流れ」

STEP
本記事の読み込み
STEP
フランチャイズ本部への問い合わせ
STEP
商談
STEP
事業計画作成
STEP
開業エリアの探索
STEP
加盟審査
STEP
競合調査
STEP
最終面接
STEP
加盟申し込み
STEP
資金調達
STEP
フランチャイズ契約
STEP
物件の施工
STEP
保健所の営業許可申請
STEP
物件引き渡し
STEP
開業
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次