「ジューススタンド」の独立開業で儲かる成功の極意。メリット・デメリットも解説。

目次

「ジューススタンド」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

フランチャイズ開業の魅力:低コストでの開業機会

  • 店舗の雰囲気作りはビジネスにおいて重要な要素であり、外装などの費用が必要になります。
    しかし、テーブルや椅子などの備品は不要なことが多く、他のカフェなどと比べて設備資金の負担は軽いです。繁盛店の場合、資金の必要性はほとんどありません。
  • ジューススタンドは他の飲食ビジネスよりも、比較的、開業費用が低く済みます。
    そのため、フランチャイズなどの仕組みを利用した、個人や法人からの開業ニーズが高いです。

原材料の活用と調達:品質とコストの最適化

  • 原料の取引に関しては、果実をそのまま使用するか、濃縮飲料を利用するかのどちらかです。濃縮飲料は一般店舗でも容易に手に入りますが、特殊なものを除き、生の状態からジューサーで作った方が新鮮さをアピールすることができます。
  • 特別な場合を除き、国内外の果実を直接仕入れることは一般的ではありません。果物の産地、国産か輸入かは、メニューの内容や原価に影響を受けます。仕入れの方法は、卸業者から直接購入するか、小売店から買い入れるかのどちらかです。
  • 仕入れ価格について、特殊なメニューを提供しない限り、産地から直接購入する方がコストが低いことが多いです。毎日新鮮な在庫を仕入れることで、廃棄ロスを減らし、結果的に仕入れコストを抑えることができます。

立地選定の重要性:ジューススタンドの成功の鍵

  • ジューススタンドの顧客数は立地に大きく依存します。駅構内、公園、イベント会場などが主な立地で、通勤途中の人々や健康を意識する人々、話題性を求める学生などが顧客層となります。立地が不利な場合、集客は非常に困難です。
  • 売上は立地に大きく依存するものの、良い立地では賃料が高くなるため、賃料と売上のバランスを適切に保つことが重要です。

ロス削減戦略:利益圧迫要因への対応

  • 利益を圧迫する要因としては、廃棄ロスの高さが挙げられます。使用しきれなかったカット済みの原材料は廃棄しなければならず「新鮮」という付加価値を打ち出すジューススタンドにとっては大きな課題です。
  • 廃棄率を下げるためにも、冷凍の原材料を多く活用するなど、工夫できるオペレーション戦略の余地も大きく残されています。

ファーストフードとしてのジューススタンドの利便性

  • ジューススタンドの魅力の1つは「時間がない時や、移動中に手軽に飲めることがジュース」だという点です。
    カフェに座ってゆっくりする時間がない人々にとっては、手軽に飲める高品質なジュースは非常に重宝されます。

消費税率変更によるテイクアウトビジネスの機会

  • 2019年10月以降、消費税率の変更により、店内での飲食には10%の消費税が適用される一方で、テイクアウト商品には8%の軽減税率が適用されます。
    この税率変更は、店内飲食の比率が一時的に減少する可能性を示唆しています。
    そのため、テイクアウトがベースとなるジューススタンドに取っては、事業の追い風にしやすいと言えます。

グローバル市場におけるジューススタンドの展開機会

  • ジューススタンドの事業展開をしている企業の海外展開について見ると、特に果実が豊富な国々では独自のスタイルで展開されています。例えば、青木フルーツホールディングスは2018年にタイ市場に進出しました。
  • 台湾では、ジューススタンドは街中のあらゆる場所に存在し、メニューも多様です。特に、タピオカやゼリーなどのトッピングを加えた紅茶や緑茶、フレッシュジュースが人気です。
    タピオカミルクティーは台湾発祥の飲み物で、一時期バブルだと揶揄されていた時期があるものの、今ではすっかり定番のメニューとなっています。
  • 南インドでは、日差しが強く、街中にはジューススタンドが数多くあります。果物の種類が豊富で、特にマンゴーが人気です。ジュースは40~80円程度と手頃な価格で提供され、ビニール袋や紙コップで持ち帰ることができます。
  • ペルーでは、特にパッションフルーツが名産です。フレッシュジュースは市場の屋台や街中のスタンド、カフェなどで新鮮に作られ、特にパッションフルーツはその酸味のため、ジュースやスイーツとして好まれています。南米の熱帯が原産地で、ブラジルやペルー産のパッションフルーツは特に有名です。

大手企業の参入とフランチャイズモデルの活用

  • 近年、フレッシュジューススタンド業界には大手の飲食チェーンが参入しています。JR東日本、京阪ホールディングスなどのような企業がこの市場に足を踏み入れており、また個人によるフランチャイズを活用した独立開業も人気です。

健康志向消費者をターゲットにした継続的なビジネスモデル

  • ジューススタンドの重要な顧客層は健康志向の消費者です。彼らは、単に喉を潤すためではなく、野菜不足を補うためにジュースを購入することが多いです。
    健康のためには1日だけ健康的な飲食をすれば良いというわけではなく「継続的な投資をすることが必須である」ということは共通認識となっています。
    そのため1度ファンにできれば継続を促しやすく、ジューススタンドは年間を通じて安定した販売ができるビジネスモデルになるのです。

ジュースビジネスの多様性と学生エリアの潜在力

  • ジュースは、果物や野菜から絞り出した汁を基にした飲料で、これに水や糖分を加えて作られることが一般的です。特に、多くの学生が集まる商業施設では、ジュースの他にヨーグルト飲料、シェイク、フローズンドリンク、そして凍った果実や野菜をシャーベット状にして提供する「スムージー」などもよく見かけます。

プレミアム価格戦略:ジューススタンド業界の特徴

  • ジューススタンド業界は価格設定が高めであることも特徴の一つです。通常、一杯あたりの価格は300~600円程度で、立ち飲みや簡易なイートイン形式の店としては割高になります。

メニューのシンプルさ:効率と顧客ニーズのバランス

  • メニューは限られており、主にジュース類と簡単な食品に絞られています。これは、立ち飲みやテイクアウトがメインであるためです。

安定市場への参入と、差別化戦略の重要性

  • ジューススタンドの市場規模に関する統計は見当たらないが、比較的安定しているものと考えられます。
    一方で、コンビニでも店内で作る形式のスムージーが販売されたりと、競合は増えています。
    そのためジューススタンドを開業する際は、明確な差別化戦略を自身で描くか、すでに差別化が検証されているフランチャイズに加盟することが成功へ近づく方法です。
  • 家庭での飲料消費に関しては、総務省の「家計調査年報 家計収支編」が参考になります。この報告によると、飲料全体の消費は増加していますが、果実・野菜ジュースの消費額は減少し、全体の飲料に占める割合も減少しています。
  • ジューススタンドの開業する際に、安定した売上を出し続けるには、立地条件が大きく影響します。例えば、商業施設のような環境は好条件と言えますが、ビジネス街では週末の売上が落ち込むなどの課題もあります。

環境規制への適応:サステナブルなビジネス戦略の必要性

  • プラスチック製品の使用規制も、業界にとっての重要な課題です。既に国内の多くのカフェ業態で、プラスチックストローを紙製のものに置き換える動きがあり、海外でもマクドナルドなどの大手がプラスチックストロー使用中止に動いています。
    P&Gやユニリーバのような大手企業も、リサイクルなどを目指した取り組みを始めています。日本国内でも、今後は紙ストローへの代替を積極的に進めることが重要になってきます。
    環境意識の高さを消費者に訴求することはイメージ戦略上、プラスに働くことがある一方で、商品の味わいを損ねるという意見も多いため、意見が経営者ごとにも分かれているのが現状です。

運転資金管理:ジューススタンド経営の財務戦略

  • ジューススタンドの経営では、運転資金の調達は、あまり高頻度では必要ありません。しかし、小規模な店舗では売上の変動によって運転資金が必要になることがあります。
  • 新規開業の際は、諸経費の約3カ月分を準備しておくことが望ましいです。
    ジューススタンド事業における、主な経費は原材料費、人件費、家賃、水道光熱費です。

食品衛生法への準拠:ジューススタンド開業の基本要件

  • ジューススタンドの業務内容は「調理品の提供」であるため開業する際には、一般的な飲食店と同様に、食品衛生法に基づく許認可が必要です。
    保健所からの営業許可と指導を受けることが必須であり、固定店舗での営業や移動式飲食店の許可申請が含まれます。店舗設備に関しても、給排水などの基準が設けられています。

財務分析の重要性:業績改善へのアプローチ

  • 開業後の業績を改善するために、ジューススタンドの決算書や財務状況を分析する際には、売上、原価、販売費、一般管理費などの項目を細かく見る必要があります。
    重要な点として、売上の多様性があるか、クロスセルができているかをチェックします。
    看板商品を持つのは好ましいものの、あまりにも特定の1商品だけに売上を依存していると、なんらかの問題が起きた際に、大きく業績を落としてしまうリスクがあります。

コスト管理の課題:原価率と廃棄ロスの最適化

  • 飲食店では原価率は売価の約30%が適正とされていますが、ジューススタンドの場合、実際は50%に達することもあります。開業後は廃棄ロスが利益を圧迫していないかの確認を厳しく見る必要があります。

移転リスクと顧客ロイヤルティ:慎重な戦略が必要

  • 開業後にリピーターの比率が高くなったことを背景に、より賃料の低い物件に移転をしようとする業者も存在します。
    しかし、リピート顧客が多いのは、店舗にファンがついたからではなく、あくまでも「通勤・通学に便利な場所にあったからリピーターになった」という場合も多いです。
    移転をする際は、新しく資金調達が必要になるケースも多く、リスクが非常に大きいため、綿密な事業計画が必要となります。

現金経営と金銭管理:透明性の維持

  • ジューススタンドは、現金主体の商売であるため、経営管理がしっかりとされていないと、意図せず売上の誇張が起こりやすい点に注意が必要です。
    多くの店舗で「どんぶり勘定」が見られることから、金銭管理の方法を見直すことも必要となります。
    特に個人経営の場合には店舗と個人の家計が明確に区別されているかどうかの確認も重要です。

在庫管理とキャッシュフロー:効率的な運営の証

  • ジューススタンドは一般的に小規模な物件となることが多いことからも、在庫量が少ない傾向にあります。そのため、キャッシュフロー分析をすると、材料の在庫期間が短いため、棚卸資産は非常に少なく、運転資金の回転率が高いことが特徴です。
    通常、キャッシュフローは安定していますが、果実の不作や人件費の上昇などの要因によっては状況が厳しくなることもあります。
    キャッシュフローが悪化する要因が少ないため、営業キャッシュフローがマイナスの場合は、売上や原価に問題があると判断できます。
    また、営業キャッシュフローの資金を財務キャッシュフローに適切に充てることができているかどうかも重要なチェックポイントです。

法令遵守の重要性:食品業界における規制と基準

  • 関連する主な法令としては、「食品衛生法」はもちろんのこと「果実飲料品表示基準」も重要で、これは農林水産省と消費者庁により制定・改正されています。

価格設定と市場適応:収益性の向上

  • 経営改善や収益向上のためには、価格設定の適正化が重要です。「お手軽感」をコンセプトにする際は、価格設定や、立地との相性に注意する必要があります。
    例えば、デパート内のジューススタンドと、駅構内の自動販売機との間で価格差が生じる場合、その価格差が顧客の選択に影響を与えます。
    そのため、対象とする顧客層、時期、場所に応じた計画的なプランニングが重要です。また、ジューススタンドのコンセプトを特色あるものにすることも重要です。

自動販売機ビジネスの台頭:新たな市場機会

  • 最近では、生の果物を活用して、顧客の注文ごとに絞っていく形式の自動販売機も増えており、これまで店舗型では収支が合わなかった立地への出店も増えています。
    これらの業態の場合、一般的なジューススタンドよりも多種多様なメニューを扱うことができないものの、人件費と家賃を抑制できます。
    その収益構造の強さからも、フランチャイズなどを検討している起業家や新規事業担当者が投資先として注目をしています。

仕入れ戦略と品質維持:信頼性の確保

  • ジューススタンドの運営では、一定の品質を維持するために、特定の青果店や食材卸売業者からの仕入れをするのが一般的です。
    大量に使用する材料は買掛仕入れを行い、通常の支払いサイトは1~2カ月以内です。
    また、少量の材料は近隣のスーパーなどで現金購入することもできます。

特化戦略の採用:バナナジュースに見る原価率の最適化

  • ジューススタンドでも、最近はあえて多種多様なジュースを取り扱わず、あえてバナナジュースに特化するなどのエッジの効いたコンセプトのビジネスモデルが増えています。
    仕入れる原材料を絞ることで、小種大量仕入れを実現でき、原価率を下げることができるのです。
    特に、フランチャイズの場合は、大量仕入れによる原価率低減に動きやすく、強固な利益構造を作ることができます。

競争力の維持:価格とサービスによる差別化

  • 販売に関して重要な点は、まず近隣の同業者やカフェ、ファストフード店などとの競争に勝つための情報収集と工夫です。価格やサービス面での差別化を図り、常に競争力を維持することが必要です。
    次に、ストアコンセプトの定期的な見直しや、メニューの開発、店の清潔さの向上など、継続的な改善が求められます。
    加えて、サービス業としての基本を忘れずに、接客態度やメニュー開発、清潔さの維持について経営者と従業員が一丸となって取り組むことも重要です。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次