「クリーニング店」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「クリーニング店」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

シーズン性がクリーニング業界に与える影響

  • クリーニングの需要は年間を通じて気象条件に左右されますが、特に春から初夏(4月~6月)と秋(10月)の衣替えのシーズンにピークを迎える傾向があります。女性利用者からは半年から1年に1度の頻度でクリーニングサービスを利用する傾向が見られており、衣替えの時期に利用が集中することが推測されます。
  • 一方で、男性利用者の中では特に50代以上の層が月に2~3回の利用が一般的であり、ワイシャツなどの定期的なクリーニングニーズのため、季節による変動はあまり見られません。

クリーニング店開業に必要な法的要件

  • クリーニング店の開業には、クリーニング業法に基づく届出や衛生基準の検査・確認が必要であり、施設には国家資格を持つクリーニング師の配置が義務付けられています。
    さらに、環境問題やクリーニング事故の防止を目的とした法改正が行われており、クリーニング師や業務従事者に対する研修・講習会が実施されています。廃棄物処理法の改正により、特別管理産業廃棄物の管理責任者の設置も必要となるケースがあります。
  • 2004年のクリーニング業法の改正では、「消費者利益の擁護」が明文化され、利用者への説明や苦情処理の適正化が求められています。これは、利用者の信頼獲得に向けた取り組みを強化するものです。

人材不足と後継者問題への対応

  • 人材不足と後継者問題も深刻な課題です。クリーニング業はサービス業の側面の他に、製造業や小売業の特性も持ち合わせており、労働力の確保が困難です。特に若年層の確保が難しく、パートやアルバイトといった非正規雇用の人材も不足しています。さらに、経営者の高齢化が進み、後継者が不在のケースも少なくありません。これらの課題は他の業種と共通していますが、クリーニング業界独自の事情も影響しています。

クリーニング業のキャッシュフロー管理

  • キャッシュフローの観点から見ると、クリーニング業の主要顧客が個人で前金制が多いため、一般的に資金繰りには余裕があります。しかし、キャッシュレス決済の普及により入金のタイミングが変わる可能性があり、特に季節性の影響を受けやすい業界特性を考慮する必要があります。閑散期には人件費が売上を上回ることもあるため、資金管理には慎重さが求められます。また、設備投資に際しての借入れが一般的であるため、投資活動と財務活動のキャッシュフローを適切に管理することが重要です。

長い歴史を持つクリーニング業界の進化

  • クリーニング業の歴史は長く、室町時代には染物屋が副業として行っていたのが始まりで、江戸時代にはすでに専業としての地歩を固めていました。明治時代末期にはドライクリーニングが始まり、1950年代後半からは生活様式の変化や経済の成長に伴い、クリーニングサービスの需要が飛躍的に増加しました。しかし、現代では家庭でのクリーニング需要の低下や大企業の参入による競争の激化など、業界は厳しい状況に直面しています。それでも、ニーズの多様化に伴い、家庭用洗濯可能な衣類の洗濯代行や寝具、ぬいぐるみの洗浄など、サービスの範囲は広がりを見せています。

効率化への投資と、顧客への便益

  • クリーニング業は、多段階の工程と大量の作業を要する特性があり、効率化と合理化のために機械設備の導入が不可欠です。また、汚れた衣類の取り扱いと処理を衛生的かつ適切に行うことが、業者の重要な責任であり、顧客への便益です。

小規模経営の多く、新規開業に向いている

  • クリーニング施設の数は、過去10年間で約30%も減少しており、業界にとって大きな課題となっています。クリーニング業界では、従業員数が4人以下の小規模なクリーニング店が全体の80%以上を占め、この業界の小規模経営の傾向が非常に強いことが分かります。
    そのため、後発でクリーニング店の開業を検討する起業家や新規事業担当者であっても、十分に勝算を見込めるビジネスといえます。

特別加工サービスによる顧客満足度向上

  • 2次加工については、衣服への染み抜き、撥水加工、折り目加工、防虫加工などがあり、これらは通常のクリーニングサービスに加えて提供される特別な加工サービスです。これらの加工は衣服の機能性を向上させ、顧客満足度を高めることができるため、追加の収益源となり得ます。

業界をリードするクリーニング企業の成功例

  • 業界を代表する企業としては、19の都道府県に店舗を構える自洋舎(東京都大田区)や、「ホワイト急便」をフランチャイズ展開する日本さわやかグループ(熊本県熊本市)などが挙げられます。
    本文とは関係ありませんが「白洋舎」は、お笑い芸人のハライチ澤部佑氏の結婚相手の親が創業された会社としても有名です。

家庭での洗濯進化がクリーニング業界に及ぼす影響

  • 外部環境の変化として、家庭での洗濯がより簡単になったことがクリーニング需要の減少につながっています。家庭用洗濯機や洗剤の技術進歩、衣類の機能性向上がその理由です。例えば、1993年には形態安定加工シャツが登場しました。ユニクロなどの低価格商品を販売するアパレルブランドからも、洗濯機で洗うことができる形状記憶型のシャツが多く売れています。
    また、クリーニングが必要な衣類を着る機会の減少も一因です。現役世代の減少、クールビズの導入、ファッションのカジュアル化により、スーツを着る機会が減少し、それに伴ってクリーニングの利用機会も減少しています。

クリーニング業界の基本とビジネスチャンス

  • クリーニング業界とは、衣服やその他の繊維製品、さらには皮製品などを、形を崩さずに洗浄することを仕事としています。
    クリーニングサービスの提供形態には、一般的なクリーニング店、代理店、リネン供給サービス、そして一般クリーニング店から業務を受託するホールセールクリーニング業者などがあります。
  • コインランドリーも洗濯サービスを提供する点でクリーニング業と似ていますが、厳密にはこの業界には含まれません。

多様化するニーズへのクリーニング業界の対応

  • 消費者のライフスタイルや価値観が多様化する中、クリーニング業界に対するニーズも幅広く変化しています。例えば、カジュアルな衣類のクリーニングへの需要が高まっており、新しい素材やクリーニングが難しい素材を使用した衣服が増えています。その結果、取次店での事前検査の重要性が増し、トラブルを未然に防ぐことが求められています。また、狭い収納スペースを持つマンション住民の増加に伴い、衣類の保管サービスへの需要も高まっています。このサービスは、工場の稼働率を平準化する助けにもなります。
  • 消費者の衣類に対する考え方も変わりつつあり、短期間しか着用しないファストファッションや、C to Cサービスを通じた衣類の売買、シェアリングエコノミーの影響で衣類を所有しないスタイルなど、新たなトレンドが登場しています。これらの変化に対応するため、クリーニング業界では衣類以外のアイテムへのサービスの拡充、家事代行サービスの提供、シェアリングエコノミーへの対応など、新しいビジネスモデルの探求が求められています。

価格設定の戦略と顧客のコスト意識

  • 価格設定については、近年、溶剤や水道光熱費、そして人件費の上昇に伴い、クリーニングサービスの料金も徐々に高くなっている傾向にあります。しかし、消費者はクリーニング店を選ぶ際、特にコストパフォーマンスを重視する傾向が強いです。そのため、日常的に必要とされるワイシャツなどの衣類は、比較的安価な価格設定を余儀なくされています。一方で、季節の変わり目などで衣類の数が多くなる時期には、顧客一人当たりの支出も増え、これが収益向上につながります。さらに、夏の汗取りサービスなど特別な加工を施すことで、顧客の平均支出を増やし、利益率を高めることも期待できます。

小規模事業者における機械化の進展

  • クリーニング業界では、機械や装置の技術進歩が効率向上や省力化に貢献していますが、多くを占める小規模な事業者では、石油系の小型ドライクリーニング機、ランドリー機、簡易なプレス機、ボイラー、手動の包装機などの基本的な装備が一般的です。
  • 衣服には着用や洗濯処理の過程で効果が低下または失われてしまう加工が施されることがあります。これらの効果を回復させる処理を「再加工」と呼び、新たに特殊機能を付与する処理を「特殊加工」と称します。これらの加工は2次加工と総称され、別料金で提供されることが一般的であり、収益向上の手段として利用されます。

環境保護と安全対策の重要性

  • 課題としては、環境保護と安全対策が挙げられます。クリーニング業界では、ドライクリーニングに用いる石油系溶剤やテトラクロロエチレンなどが主流ですが、これらは環境に配慮する必要があります。特にCFC-133やトリクロロエタンなどの特定の化学物質は、1996年以降の製造や輸入が禁止されており、排出規制も厳しくなっています。石油系溶剤を使用した場合、衣類に残留する可能性があり、これが皮膚炎を引き起こすリスクも指摘されています。このため、安全性を確保するための対策が必要であり、クリーニング業法ではクリーニング所に少なくとも1人のクリーニング師を配置するなどの規制が設けられています。

家庭向けクリーニング市場の現状と対策

  • 各世帯が年間に支払うクリーニング代を基に算出された一般家庭向けクリーニングサービスの市場規模は、単身世帯の増加などの影響で、過去10年間で約30%縮小しています。このことから、家庭内でのクリーニングへの需要は減少していることが伺えます。
    また、クリーニング店の数も減少しているため、一見すると一店舗あたりの需要は大きな変動がないように思えますが、実際には地域の状況やその他の外部要因によって大きく影響を受けると考えられます。

宅配クリーニングサービスの成長と機会

  • 宅配クリーニングサービスも、高齢者や共働き世帯の増加によって注目を集めています。2014年に改正されたクリーニング業の振興指針では、高齢化が進む中で店舗への来店が困難な高齢者が増えることが予想され、集配サービスの推進が期待されています。このようなサービスは、売上拡大だけでなく、地域社会の問題解決や地域経済の活性化にも貢献し、大手チェーン店との差別化を図ることができるとされています。

インターネット宅配クリーニングの課題と対策

  • インターネットを通じた宅配クリーニングサービスは利便性が高い一方で、トラブルが増加している状況が見受けられます。国民生活センターが公表した資料によると、店舗を介さない非対面のサービス形態に起因する問題が発生しているようです。例えば、衣類の紛失やキャンセルが受け付けられないケース、独自の賠償基準に関する問題などが挙げられます。このようなトラブルは、2009年度に17件だったのが、2014年度には156件と大幅に増加しています。これを受け、厚生労働省はインターネット経由でのクリーニングサービス利用時に、苦情対応や事故賠償の取扱いについて事前に確認するよう呼びかけています。

クリーニング方法の多様性とサービスの質

  • クリーニング業界では、ドライクリーニングとランドリーという2つの主要な洗浄方法があります。ドライクリーニングは溶剤を使用し、ランドリーは水を使った洗浄方法です。これらは素材やデザインに応じて、ソフトまたはハードな洗い方で処理されます。さらに、これらの方法で処理できないアイテムに対しては、ウェットクリーニングと呼ばれる手洗いが行われます。現在、多くのクリーニング店ではドライクリーニングの受注が中心です。

受注方法の変化と店舗立地の重要性

  • 受注方法には、消費者が直接店舗に持ち込む方式、外交員が家庭や企業を訪問して集配する外交方式、そして宅配便を利用して家庭から直接工場に送る宅配方式があります。この中で、持込方式が最も一般的ですが、宅配方式の利用も近年増加しています。消費者がクリーニング店を選ぶ際には、アクセスの良さが重視されるため、店舗の立地選びが重要となります。

ドライクリーニングの原理とそのメリット

  • ドライクリーニングの原理については、主に石油系溶剤を使用し、専用の機械と助剤を用いて洗浄が行われます。この方法では、水洗いで損傷する恐れのある素材やデリケートな衣類も安全に清潔にすることが可能です。

溶剤の特性と衣服への優しいクリーニング

  • ドライクリーニングに使用される溶剤は親水性を持たず、油性の汚れを効果的に溶解する特性を有しています。このため、衣服の形状を保持しながら、汚れだけを選択的に除去することが可能です。

クリーニング工程の詳細と顧客サービス

  • クリーニングの一般的な処理工程は、受付・検品から始まり、クリーニング方法の説明、預り証の発行、ポケットの掃除と分類をしてから、実際にクリーニングが行われます。
    クリーニングにはランドリー(水洗い)、ドライクリーニング、ウェットクリーニングの3つの方法があり、それぞれ衣類の種類や汚れの性質に応じて選択されます。
    その後、仕上げ、検品、シミ抜きや再洗い、乾燥、再度の仕上げ、最終検品と補修、包装、そして顧客への引渡しが行われます。

経営面での仕入れと売上の特徴

  • 経営面においては、仕入れに関しては一回あたりの仕入れ額が小さく、支払いは1ヶ月以内が多いです。売上に関しては、店舗への持込みの場合は前払いが多く、外交(集配)の場合は月末締めで売掛金が発生しますが、主要な取引先が一般家庭であるため、回収は比較的短期間で行うことが可能です。

設備資金の必要性と投資の方向性

  • クリーニング業界における設備資金の主な必要性は、店舗や設備の老朽化に伴う補修や更新にあります。業界内で行われる設備投資の大部分は、これらの補修・更新目的であり、その割合は約60%にも上ります。クリーニング機械や装置の技術は、省力化、環境規制への対応、新素材への適応などで年々進化し、高価な投資が必要になっています。このため、多くの業者が資金調達のために借入れを利用していると考えられます。特に小規模な業者にとっては、将来の売上増加の見込み、商圏の将来性、競合の有無などを慎重に検討し、過剰投資を避けることが重要です。
  • 運転資金の調達必要性は比較的低いビジネスであるものの、一括仕入れや期間延長に伴う支払い、季節ごとの賞与支払いなどで資金が必要になる場合があります。

企業規模と生産性、収益性の関係

  • 平均的な従事員数は黒字企業の方が約1.5倍多く、企業規模が大きいほど生産性が高く、収益性にも良い影響を与えていることが読み取れます。
    販売管理費や人件費の割合は、黒字企業とそうでない企業との間で差があり、これが黒字か否かの要因となっています。固定比率は100%を超えていますが、固定長期適合率では100%未満であるため、設備投資が借入金に依存している状況がうかがえます。流動比率は前金収入が多いため高水準を保っています。

業界リーダー自洋舎の成功戦略

  • 業界トップの自洋舎は、売上高約508億円、経常利益約12億円を記録し、高品質なサービスで知られています。顧客の意見に耳を傾ける取り組みを通じてブランド価値の維持に努めており、その姿勢が業界リーダーとしての地位を強化していることが伺えます。

リピーター確保による経営改善と収益向上

  • 経営改善と収益向上のためには、リピーターの確保が鍵となります。消費者は季節ごとや半年に1回の利用が一般的であるため、2回目の利用を促す戦略が重要です。会員制度の導入やポイントプログラム、ダイレクトメールによる利用促進などで顧客を囲い込むこと、さらには親切丁寧な接客や素材に合わせた特殊加工サービスの提案、衣服の取扱いに関する相談対応などを通じて顧客満足度を向上させることが、経営の安定化と収益向上につながります。また、宅配サービスやコインランドリーとの差別化を図ることも重要な戦略となります。

従業員教育による顧客好感度の向上

  • 顧客からの好感度を高めるためには、従業員の教育が欠かせません。成功や失敗の事例を共有し、定期的に教育のための会議を行うことが、質の高い接客スキルを育てる上で効果的です。
    また、宅配クリーニングのサービス拡大は、商圏を全国レベルに広げる機会を提供し、特化型のサービス展開を可能にします。共働き世帯の増加に伴い、店舗の営業時間に縛られない利便性が、さらなるニーズを生み出す可能性があります。

開業資金調達の機会と政府系金融機関の活用

  • 開業資金の調達の際は、日本政策金融公庫など政府系金融機関からの制度融資を検討するべきです。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次