「化粧品販売店」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「化粧品販売店」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

生産性と安全性の指標とその意味

  • 生産性、安全性、成長性の指標では、「1人当り加工高(粗利益)」が近年大幅に増加し、労働分配率が低下しています。これは賃金の上昇が鈍いことを示唆しています。
  • 安全性の指標では、当座比率がやや低めですが、これは現金や即時決済が多いためと考えられます。流動比率が非常に高いのは、店頭在庫の多さによるものと思われます。

棚卸資産の管理と成長性の展望

  • 棚卸資産の構成比率や回転日数については、やや悪化している傾向が見られます。欠品を恐れるあまり、不良在庫が増加していないかどうかに注意が必要です。成長性に関しては、最近の3~4年間で成長産業並みの伸びを見せています。

販売不振と多店舗経営リスク

  • 上位企業や倒産の兆候については、販売不振が主な原因です。多店舗経営を行う事業者においては、新規出店や新規投資が倒産の引き金になるケースも見られます。

資金調達の方法と金融機関との関係

  • 店舗リニューアルなどの資金調達に関しては、既に取引のある金融機関に依頼することが多いです。しかし、店舗の移転や新規出店、業態転換はリスクが伴うため、新規で別の銀行に資金調達を依頼するケースもあります。

「化粧品販売店」を開業する際に必要な許認可

  • 化粧品のみを扱う業態であれば、開業時に特別な許認可は必要ありません。ただし、国内で販売される化粧品は「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」の適用を受けるため、販売に際しては商品の容器に化粧品公正取引協議会が定める公正取引規約に適合した表示(名称、製造事業者、内容量、製造番号、使用・保管上の注意、効能効果をうたう場合の配合成分など)をする必要があります。

化粧品業界の歴史的背景と市街地の専門店の役割

  • 業界の歴史と進化を見ると、中心市街地や駅前の商店街では、化粧品がまだ高級品とされていた時代から化粧品専門店が存在していました。特に百貨店の1階には、化粧品専門店が集まり、専門的な化粧品売場を形成してきました。また、薬局や薬店と化粧品店を組み合わせた混合業態店も昔から存在しています。

高度経済成長期の化粧品市場の変遷と小売業態の進化

  • 高度経済成長期に入ると、1953年に化粧品が再販制度に組み込まれ、中小商店街では化粧品専門店が普及し始めました。しかし、ドラッグストアチェーンの台頭により、従来の混合業態店は次第に減少しています。

再販制度の廃止が化粧品市場に与えた影響と現在の流通構造

  • 市場の特性としては、化粧品の再販制度が1993年に見直され、1997年に完全に廃止されたことが大きな影響を与えています。この変化により、コンビニエンスストアや大型量販店など、さまざまな小売業態でコスメティック化粧品が取り扱われるようになりました。コスメティック化粧品は、時に医薬品以上の専門的なカウンセリングが求められる一方で、慣れ親しんだ製品のリピート購入には、消費者は価格を重視します。そのため、メーカーは再販制度の撤廃後も、小売業態間の価格差を生じさせないように流通を厳しく管理しているのが現状です。

化粧品専門店の業態と地方における老舗事業者の存在感

  • 大型の化粧品専門店は、多くがメーカー直営または系列店舗です。独立資本かつ非百貨店系の化粧品専門店は少ないですが、地方では県境を越えた広域で展開する老舗事業者も存在します。

地域別化粧品消費の傾向と外国人観光客による消費集中の現象

  • 家計調査に基づく、エリア別の一世帯あたりの年間消費支出を分析すると、消費金額において顕著な差は見受けられません
    。しかし、地域ごとに消費額にはばらつきがあり、例えば沖縄県は毎年消費が最も低い地域として挙げられ、北海道や東北、北陸地方がそれに次いでいます。
  • 外国人観光客の消費動向や通販の売上げは、特に大都市圏に集中している傾向があります。特に化粧品小売業では、東京都が全国の売上の約20%を占めています。

香水・オーデコロンと仕上げ用化粧品の需要増加の背景

  • 直近は「香水・オーデコロン」と仕上げ用化粧品の需要が増加しています。これには、外国人観光客の増加が大きく影響しています。
    多くの商品カテゴリーにわたって外国人観光客の需要が拡大していますが、これを内需とは区別して考える必要があります。

化粧品の小売業態の多様化と消費者の選択肢の増加

  • 化粧品の小売業態はますます多様化し、高価格帯の化粧品は百貨店やドラッグストア・調剤薬局で販売され、中・低価格帯は総合スーパーやホームセンター、コンビニ、ディスカウントショップなどで幅広く取り扱われています。消費者は購入する際の選択肢が格段に増えています。

デパコスとプチプラコスメの市場動向と若年層の消費行動

  • 百貨店の専門店で販売される高価格帯の化粧品は「デパコス」と呼ばれ、一方で、ドラッグストアなどで手頃な価格で販売される化粧品は「プチプラコスメ」と呼ばれています。プチプラコスメの品質向上とラインアップの充実により、高価格帯の化粧品からの離れが見られましたが、近年では20代前半を中心にデパコスへの需要が再び増加しています。
  • この要因は様々ですが、特に若年層の情報収集手段として重要なSNSの影響が大きいと考えられます。また、パーソナルカラー診断を受け、自分に合った色を選ぶことが一般的になり、専門のカウンセリングを受けながら製品を選ぶ消費者も増えています。

化粧品メーカーの製品ブランド戦略と流通・販売施策の多様化

  • 製品ブランド戦略や流通・販売施策において、メーカー各社は小売業態ごとの対応を進めています。しかし、高価格帯の製品がディスカウントショップで販売されるケースも増えています。メーカーと卸売業者は統制を強化する一方で、ドラッグストアなどに化粧品専門店限定ブランドを提供することもあります。これは対面販売カウンターを設けることが条件となっています。

SNSインフルエンサーによる化粧品業界のマーケティング戦略と若年層の関与

  • 近年、YouTubeやInstagramでメイクアップの技法を紹介する一般の投稿者が増加し、SNSをよく利用する若者層が彼らが使用する化粧品を購入する傾向が見られます。そのため、化粧品業界ではInstagramで活躍するインフルエンサーを活用した宣伝活動が活発に行われています。
    若年層をターゲットにするためには、流行に合わせたマーケティング戦略が重要です。

独立系化粧品店の運営戦略と新規参入の障壁

  • 独立系の化粧品店では、利益率の高いおすすめ商品や、場合によっては自社ブランドを取り扱う傾向があります。また、ファッションアクセサリーの取り扱いや、おしゃれなドラッグストアのような店構えを採用する混合形式の店舗も見られます。例えば、イオンは日用化粧品の低価格品のほか、「トップバリュ」という独自ブランドのコスメティック商品を開発しています。しかし、イオンの化粧品・小物専門店「AEONBODY」では、これらの商品を取り扱っていません。店舗のコンセプトと競争状況が、新規参入の成功に重要な要素となっています。

メイド・イン・ジャパンの化粧品ブランド価値と外国人観光客需要

  • 次に、業界の将来性に関してです。メイド・イン・ジャパン製品は、かつてのフランス製化粧品のように高いブランド価値を持ちます。外国人観光客の需要が続く限り、好況が見込まれます。しかし、この恩恵は主に大都市圏に限られ、地方の多店舗展開している業者の中には、店舗数を減らしているところもあります。

化粧品市場の地域格差と中小業者の戦略調整

  • 化粧品の種類と特性についても触れておきましょう。コスメティック化粧品と日用化粧品に大別され、それぞれ異なる流通・販売ルートが存在します。大手メーカーは、コスメティック化粧品をさらに製品ブランドや小売業態に応じて分類し、独自の販売戦略を展開しています。化粧品専門店には、これらの製品が独自の販売ルートを通じて供給されます。また、特定のブランドを扱うことが、その店舗と特定メーカーとの関係の深さを示す場合もあります。

化粧品の分類と大手メーカーの販売戦略

  • 化粧品はその種類によって、複数の流通経路をたどることがあります。化粧品専門店へは、メーカー系の卸売業者やメーカー直販によって製品が供給されますが、競合状況や小売業態によっては直接仕入れが難しいメーカーやブランドも存在し、その場合は2次卸売業者が利用されることもあります。この2次卸売業者は、実際には他の小売店であることも少なくありません。

免税制度拡充後の百貨店における外国人観光客対応強化

  • 外国人観光客を対象にする場合、2014年10月から拡充された免税制度を活用して、百貨店では免税カウンターの設置や外国語対応スタッフの配置が進んでいます。また、訪日客専用の化粧品売り場を開設している百貨店もあります。

化粧品販売の季節要因分析と対応戦略

  • 「化粧品販売店」の季節要因についても分析していきます。化粧品の製造品出荷額を見ると、3月、6月、12月に需要のピークがあることがわかります。
    6月は紫外線対策製品の需要が高まり、春先からの需要が急増します。12月はクリスマス限定商品や年末年始の需要により、出荷額が増加します。
    12月はクリスマスなどのプレゼント需要が大きいことからも、購入者の性別は通常の女性ではなく、男性の比率が大きくなることにも留意が必要です。打つべきマーケティング施策が全く違ったものになってきます。

化粧品市場におけるカテゴリー別需要と人気製品

  • 化粧品のカテゴリーは多岐にわたります。基礎化粧品、仕上用化粧品、機能性を重視した頭髪用や皮膚用化粧品、ブランド価値を重視する香水・オーデコロンなどがあります。特に、高価格帯のアンチエイジング製品が人気を集めています。

カウンセリングセールスと価格競争の現状

  • カウンセリングが不要な日用化粧品や一部の品目は、様々な小売業態で扱われ、価格競争の影響を受けやすい状況にあります。
  • 対面販売を行うカウンセリングセールスには一定の需要があり、メーカーや卸は小売業態間での価格差が生じないように統制を図っています。しかし、ドラッグストアなどでは人気商品を値引きして客引きすることが一般的です。これは「粗利ミックス」と呼ばれる販売手法で、メーカーや卸による制御は難しいとされます。

化粧品専門店の競争戦略と専門店限定製品の重要性

  • 中・低価格帯の製品については、小売業態間の価格競争が避けられない現実がありますが、化粧品専門店では専門店限定の製品を中心に取り揃えることで競争に対応しています。

化粧品小売業のサービス向上と顧客情報の活用

  • カウンセリングへの対応により、店舗の形態は多様化しています。顧客情報の活用によるサービス向上や囲い込みを重視する店舗が増える一方で、セミセルフ方式を採用する店舗も登場しています。店舗の立地、商圏、面積、品揃えなどによって、店舗コンセプトは異なります。

若年層の需要変化に応じた店舗開発の重要性

  • 若年層の需要動向の変化に伴い、新たな顧客層を取り込む業態・店舗開発が重要な課題となっています。

新規出店のリスクと郊外地域の商圏変化

  • 新規出店はリスクが伴いますが、郊外地域ではショッピングモールの進出などによって商圏が大きく変化することもあり、リスクを取ることが必要になる場合もあります。十分な調査と折衝が不可欠です。

リーマンショック後の化粧品小売業の回復とインバウンド需要の影響

  • 化粧品業界は、内需において化粧品小売業はリーマンショックの影響を大きく受けた業種の一つでした。しかし、2013年から回復傾向にあり、外国人観光客によるインバウンド需要が好調で、リーマンショック前の水準を上回っていると考えられます。

百貨店における化粧品売上の好調と外国人観光客の貢献

  • 百貨店の化粧品売上は、外国人観光客のインバウンド需要の比率が高く、リーマンショックの影響をあまり受けていないことが窺えます。現在は過去最高の売上規模を更新しており、百貨店の閉店が相次ぐ中でも化粧品は重要な商品として位置づけられています。

化粧品小売業のメーカー依存性と業態転換の検討

  • 「化粧品販売店」の業界はメーカーの影響を受けやすい小売業種であり、メーカーや卸売業者との関係が非常に重要です。
    業態の転換については、フランチャイズなどからのオファーであるか、あるいは事業者側の意思決定によるものかを注意深く見極める必要があります。事業者が販売不振に陥り、業態転換を考えるケースも少なくありません。

化粧品専門店におけるPOSシステムの導入とデータ活用

  • 化粧品専門店においてもPOSシステムの導入は必須となり、顧客対応やデータ分析を活用した品揃えの最適化が求められています。特に外国人観光客への対応では、キャッシュレス決済端末の導入が不可欠です。

外国人観光客対応のためのキャッシュレス決済端末と外国語対応

  • EDIはメーカーや卸売りと小売りの間で広く浸透し、百貨店内の店舗でも業界標準化を目指しています。外国人観光客対応のため、外国語対応タブレットの導入を進めるメーカーも増えています。

売場面積別の店舗効率と百貨店内の店舗の影響

  • 法人事業所の売場面積別の店舗数と1店舗あたりの年間販売額を分析すると、特に20坪未満の店舗の効率が高いことがわかります。これは百貨店内の店舗が平均値を押し上げていると考えられます。

小売業態間の競争とメーカーの業態別戦略

  • 小売業態間の競争は激しいものの、メーカーの価格帯や業態別戦略により、業態間の差別化が成立しています。大手メーカーの参入障壁は高く、新規参入は困難です。
    一方で、多くのメーカーの製品を取り扱うワンストップ型店舗は、大手よりも低い仕切値で運営され、利幅が狭くなりがちです。

化粧品業界におけるメーカーと小売店の関係と価格設定基準

  • 化粧品業界では、メーカーや卸売業者が化粧品店を、その店が持つ自社ブランドへロイヤリティや店内での商品の露出度、さらには販売力(売上高)に基づいて評価し、それに応じた仕切値ランクを設定します。

化粧品専門店の販売形態とセミセルフサービスの採用増加

  • 販売形態について、百貨店内の店舗のように対面販売のみを行う化粧品専門店も存在しますが、一般的には、化粧品専門店限定の製品ブランドを対面販売カウンター付近に配置し、他の製品はセミセルフサービス形式で陳列・販売する方式が主流です。メーカーや卸売業者によっては、特定の製品ブランドに対し対面販売を契約で義務付ける場合もありますが、2014年6月からは、一部の大衆薬の対面販売義務が実質的に撤廃されたため、対面販売の必要性が低下しています。

インバウンド需要とアジア市場への展開

  • インバウンド需要を中心に、中国や台湾のみならず東南アジア地域への展開も進んでいます。例えば、コスメネクストは国内23店舗に加え、台湾や香港、タイにも9店舗を展開しています。

リーマンショック後の輸入品市場の変化と高級品の役割

  • リーマンショック後の円高の影響を受けずに、2015年まで6年連続で輸入額は増加しましたが、2016年には初めて輸出額を下回りました。
    それでも現在、輸入品は国内市場の約3割を占め、特に高級品は国内大手ブランドを持たない専門店にとって重要な存在です。

中・低価格帯コスメティック化粧品の市場動向と流通チャネル

  • 業務用や日用化粧品に加えて、ドラッグストアやコンビニ、量販店チェーンを通じて流通する中・低価格帯のコスメティック化粧品も市場には多く存在します。

化粧品専門店の多様なビジネスモデルとカウンセリング販売

  • 化粧品専門店の中にはエステティックサロンや訪問販売を兼業し、実技指導的なカウンセリング販売を行う店舗もあります。

化粧品専門店限定ブランドのオンライン販売と通販の影響

  • 化粧品専門店限定ブランドの製品は、多くの場合ブランドのウェブサイトで購入が可能です。加えて、安価な製品や店舗を持たないブランドの製品は、インターネット通販サイトを通じて購入することも多く、通販サイトでのレビューランキングに基づいて店頭に陳列されることもあります。

化粧品流通における仕入れ条件と返品政策

  • メーカーや卸売業者は毎月の仕入れ限度額を設定する一方で、1回の配達における最低額を設けることもあります。ただし、委託販売の商慣行が根強く残るため、返品の自由度は高い傾向にあります。そして、メーカーや卸売業者は段階的な仕切値ランクを使用して取引を行っています。

二次卸売の取引条件と主要取引メーカーの選定基準

  • 他店から二次卸を提案される場合、そのメーカー品は最恵の仕切値であると考えられます。こうした状況に加えて、主要取引メーカーの商品力や販売支援の状況、仕入れ先のバランスと依存度などが審査の重要なポイントとなります。

化粧品販売の決済方法と顧客情報管理

  • 販売方法と条件に関して、基本は現金やクレジットカードによる取引ですが、法人向けの配達や訪問販売では掛け売りも行われることがあります。セミセルフ販売を主体とする店舗でも、カウンセリングの技術や接客術は重要であり、ポイントカードなどは単なる値引き手段ではなく、顧客情報管理の重要なツールとして使われます。

メーカーと卸売業者の販売促進策と二次卸売のリスク管理

  • メーカーや卸売業者は、販売報奨制を含むキャンペーンを頻繁に行います。二次卸に関しては、メーカーとの取引契約によっては不正流通となるリスクがあるため、注意が必要です。不適切な取引は単に取引停止に留まらず、法的措置に発展することもあります。

化粧品小売業の支払いと回収条件

  • 支払いと回収条件では、締め日から翌月の現金決済が基本ですが、信用力のある大型店では手形決済も可能です。返品の自由度が高い一方で、卸売業者からの押し売りも存在するため、商品の回転率に注意する必要があります。化粧品は消耗品ですが、売れ筋以外の商品は回転期間が長くなる傾向があり、棚卸資産比率が他の小売業より高いため、適切な在庫管理が必要です。

店舗リニューアルと拡張のリスクとリターン

  • 店舗の内外装リニューアル、店舗の移転・拡張や新規出店、新規取引先との取引開始時の差入保証金などのタイミングでは資金調達が必要になる場合があります。
  • 店舗の内外装リニューアルは、小売業の存続にとって不可欠な再投資です。リスクは低いとされていますが、リニューアルの頻度と債務返済期間のバランスを考慮する必要があります。また、固定客に依存する業態が多いため、店舗の移転や新規出店はそれなりのリスクを伴います。これらの活動は売上げと収益の増大が返済能力の前提となるため、業態や店舗コンセプトとのバランスを考慮することが重要です。

資金調達の担保と返済財源

  • 資金調達を行う際の担保と返済財源については、事業者が保有する店舗やテナントの状況によって、大きな差が生じます。帳合先への差入保証金やテナント保証金も担保になることがあります。

化粧品小売業の売上高と粗利益率の動向

  • 化粧品小売業のデータによると、他の小売業種に比べて「1人当り売上高」が低い傾向にありますが、近年は粗利益率を維持しつつ「1人当り売上高」を伸ばしています。立地が重要な要素となっており、地代家賃などの一般管理費が増加傾向にありますが、最近ではこれも低下しています。

投資キャッシュフローの重要性と新規投資の分析

  • キャッシュフロー分析では、投資キャッシュフローが主に店舗の内外装リニューアル、店舗の移転・拡張、新規取引先との取引開始時の差入保証金などに関連します。業種固有の着眼点として、投資キャッシュフローが将来的に営業キャッシュフローと見合っているかどうかが重要です。特に新規投資の際には、人口動態や立地・商圏分析、他の事業者のベンチマークなどの定性的な調査が必要です。

立地と商圏に基づく経営改善と収益向上戦略

  • 経営改善や収益向上のポイントとしては、売上が増加している立地・商圏においては、店舗の内外装リニューアルや拡張が収益向上の最適策とされています。中途半端な投資よりも、将来を見据えた大胆な投資が効果的と言われています。

化粧品業界の専門店と多角的業態の展開

  • 化粧品業界には、専門店と多角的な業態を持つ店舗が存在します。ここでは、主に化粧品専門店の展開に焦点を当てつつ、ドラッグストアなどの複合業態店舗の傾向も考察します。
  • 市場には、一般消費者向けのコスメティック化粧品(以下「コスメティック化粧品」と称す)と、日常生活で使われる製品(例えばシャンプーやリンスなどの頭髪用製品、洗顔料、髭剃り用品、化粧石鹸、歯磨き粉など)とがあり、それぞれの流通経路は異なります。

化粧品専門店の品揃えと取り扱い商品の特徴

  • 化粧品専門店では、医薬部外品の一部も取り扱いますが、日用品カテゴリーの商品(以下「日用化粧品」と呼ぶ)は、高級品など特定の例外を除き、一般に扱いません。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次