「家具修理屋」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「家具修理屋」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

戦後経済成長に伴う日本の生活様式の変化と家具の普及

  • 日本における家具の広まりと現在の形状が一般的になった背景には、戦後の経済成長が大きく影響しています。それによって、国民の生活水準が上がり、西洋式の生活様式が取り入れられるようになったのです。公営住宅やマンションといった高品質な集合住宅の普及が進むと、人々の生活スタイルも変わりました。具体的には、従来の和室での床に座る生活から、椅子を使いテーブルを囲む西洋式の生活へと移行していったのです。

家具修理業界の進化:便利屋から専門業者への変遷と現代の動向

  • 家具修理屋業界も、もともとは家具だけでなく、様々な物の修理を手掛ける便利屋のような存在でした。しかし、家具が広く使われるようになり、高品質化や機能性向上に伴い、徐々に家具修理に特化した業界へと変化していきました。特に、桐たんすのような特定の家具を扱う職人の技術が活かされた専門的な修理業者が出現しました。そして、国内の家具メーカーがその修理を外部の業者に委託することで、各地に家具修理屋の専門業者が増えてきました。ただし、メーカーごとに修理を専門とする体制が敷かれたため、異なるメーカーの製品の修理を拒否することもありました。最近では、メーカー間で修理体制を共有し合う動きも見られるようになりました。

現代のライフスタイル変化に伴う家具の需要と消費傾向の変遷

  • 日常生活で使用される家具は、生活様式の変化とともに絶えず進化しています。かつては全国的に人気だった婚礼家具セットも、住空間の縮小やウォークインクローゼットの普及により、その需要が減少しています。この現象は、衣服の和装から洋装への移行だけが原因ではありません。さらに、バブル経済の崩壊やリーマンショックの影響で、消費者の間には低コスト商品への関心が高まり、使い捨ての家具も増加しています。

家具修理業界のニーズと特性:耐久性と高級品の修理需要

  • 家具修理屋業界の特徴として、家具は耐久性が高いため、一度購入すると次に買い替えるまでには長い時間がかかります。家具修理も頻繁には必要とされないサービスですが、固定された家具や高級家具の修理は、建築業者や顧客からの推薦により需要が広がっています。

リサイクル意識の高まりと質重視の家具修理市場の拡大

  • リサイクルへの意識が高まる中、消費者はもはや使い捨てではなく、質の良い商品を長期間愛用する価値観を重んじるようになりました。このような流れのもと、家具を長持ちさせたいというニーズが増加しており、その結果、家具修理市場も徐々に拡大しています。特に、素材や技術にこだわりを持つ家具修理業者、例えば富士、ダニエル、カンディハウスなどが成長しています。

家具修理業界の市場規模と動向:成長する修理業界の中での家具修理の位置付け

  • 市場規模について見ると、総務省と経済産業省の経済センサス活動調査によると、2012年から2016年にかけての、その他の修理業と家具修理業の事業所数は2016年時点で、修理業全体の事業所数が4,252に対して、家具修理業はわずか161で、全体の約4%に過ぎません。家具修理業界は、全体としては26%増加しているものの、家具修理業自体は13%の減少を見せています。

従業員数と家具修理業の現状

  • 従業員数も同様の傾向があります。修理業全体では14,294人が従事しているのに対し、家具修理業はわずか413人で、全体の3%にも満たない状況です。2012年から2016年の間に、他の修理業界では6%の増加があったものの、家具修理業はほぼ半減しています。

家具修理業の市場規模

  • 売上高に関しても、修理業全体が1,376億円なのに対し、家具修理業は約28億円と全体の2%に過ぎません。2012年から2016年の間で、他の修理業全体は横ばいである一方で、家具修理業の売上は半減しています。

家具市場の消費者傾向

  • 家具市場全体では、ファストファッションやファストフードのように、消費者が自分で組み立てる低価格のノックダウン家具など、基本的機能に特化した商品に満足する傾向も見られます。総務省の家計調査年報によると、1世帯当たりの一般家具への年間平均支出金額は、2011年の約4,919円から始まり、その後は5,000円前後で推移し、2018年には4,650円となっています。

家具市場の動向

  • 過去7年間、家具市場は5.5%の縮小を経験しました。今後も同じ傾向が続くと見込まれています。市場の動向を詳細に見ると、特に「たんす」と「食器戸棚」の部門が低迷していることが分かります。これらは収納家具のカテゴリーに属していますが、近年の住環境の変化、特にマンションでのウォークインクローゼットやシステムキッチンへの傾向により、需要が減少しています。一方で、リビングやダイニングスペースを豊かにする「応接セット」や「食卓セット」の需要は増加しているようです。

家計調査年報による家庭の設備修繕・維持費の変化

  • 「家計調査年報」によると、家庭での「設備修繕・維持」に関する出費も変化しています。データによると、家庭が設備修繕に使う費用の割合は7年間で約8.4%減少し、全体の4.2%を占めています。家具市場の縮小が設備修繕市場にも影響を与えていることが伺えます。

地域別の家具修理業の事業所数と従業者数の特色

  • 地域別の特色を見てみると修理業と家具修理業の事業所数や従業者数に顕著な地域差があることがわかります。東京都、大阪府、神奈川県などの人口密集地域では事業所数が多く、一方で徳島県や島根県など人口が少ない地域では事業所数が少ない傾向にあります。家具修理業においても同様の傾向が見られ、特に東京都や埼玉県、愛知県などが事業所数で上位に位置しています。これらのデータは、地域の人口密度や家具産業の発展度合いが、修理業の事業所分布に大きな影響を与えていることを示しています。
  • このように、家具市場および関連する修繕市場は、住環境の変化や地域的特性によって大きく影響を受けています。開業を検討する起業家や新規事業担当者は、今後もこれらの動向に注目し、市場の変化に対応していくことが重要です。

家具修理業界のIT活用とウェブサイト開設の重要性

  • 家具修理業界で業務を効率化するためには、ITの活用が欠かせません。売上、予約、顧客の管理に表計算や会計ソフトを用いることが一般的です。また、納期や仕様の詳細をデジタルで管理することで、ミスの減少や問い合わせへの迅速な対応が可能になります。ハードウェアとソフトウェアの価格低下に伴い、ITツールは以前よりも手軽に導入できるようになっています。
  • ウェブサイトの開設は、サービスを紹介する上で有効な手段です。低いランニングコストで広範な宣伝が可能となり、家具修理の必要性や種類、費用についての情報を提供することができます。これにより、顧客は家具修理の選択肢をより明確に理解し、安心してサービスを利用できるようになります。
  • ウェブサイトの開発は専門知識を要しますが、外部の専門家に委託することも選択肢の一つです。インターネットを通じた受注促進のためには、コストと効果を考慮した計画的なIT投資が重要です。これにより、家具修理業のサービス提供をより効果的に行うことが可能になります。

家具修理業のサービス提供と顧客へのアドバイス

  • 顧客が家具のメンテナンスや不具合に気づくためのアドバイスも大切です。例えば、しみが付いた布製の椅子の対処法や、焦げたテーブルの修理方法、扉のきしみ音の修正方法など、具体的なQ&Aを提供することが効果的です。また、修理前後の写真を掲載することで、サービスの質と成果を視覚的に示すことができます。

空き家リノベーションと家具修理業のビジネス機会

  • 少子高齢化の進行と共に、単身者向けシェアハウスの数が増加し、それに伴い空き家も多くなると予想されます。この状況は、新築住宅市場が停滞する中で、空き家のリノベーションと利活用が家具修理業にとって新たなビジネス機会を生み出しています。
  • 例えば、年季の入った空き家をカフェやレストランに改装する際には、新しい家具を購入する代わりに、既存の家具をリノベーションすることで、店舗の雰囲気に合った内装を実現できます。家具の改修や修理を行うことで、これらの需要に応えるだけでなく、空調設備や照明のような追加機能を組み込むことも可能です。

家具修理の専門性と顧客のニーズ

  • 家具は材質によって木製と金属製に大別されますが、木製家具はその多様な材料やデザインにより、修理には専門的な知識と技術が求められます。一方、金属製家具は主に事務用や収納用として使用され、その頑丈な構造のため、部品が破損した場合でもメーカーによる交換部品が提供されることが多いです。
  • 顧客が高額な修理費用を支払いたいと考える家具は、通常、代替品が見つかりにくい価値あるものや、特別な機能を持つものに限られます。価格が比較的安い家具の場合、修理にかかる費用が新品購入の費用を上回る場合が多いため、新しいものを買った方が経済的と判断されます。
  • 国内の高級家具メーカーでは、壊れた部品の交換や修理を容易にするために、専用の部品や金具を用意しています。これにより、家具を長く使用することが可能になります。しかし、海外製の家具や珍しい家具の場合、必要な部品を一から作成しなければならないため、修理にはより多くの時間と費用がかかります。

家具修理業者のサービス範囲と作業内容

  • 家具修理業者は、修理内容に応じて専門性を高めることで、技術力の向上や作業効率の改善を図ることができます。家具修理の範囲は、修理やクリーニングに留まらず、ソファやベッド、ダイニングチェア、オフィスチェア、テーブルの天板、食器棚やサイドボードなど、さまざまな家具の修理を含みます。具体的な作業としては、張り替え、バネの修理、傷の補修、塗装などがあります。
  • 木製家具の修理には、部品の交換、ヒンジや金具の取り換え、座面の張り替え、テーブルの天板補修、収納家具の棚や扉の調整といった様々な作業が含まれます。さらに、家具の表面を塗装したり、洗浄する作業もあります。
  • スチール製家具の場合、主に部品の交換や表面の塗装、洗浄が行われますが、製品によってはデザインや規格がメーカー固有のものであるため、正規の部品が入手困難な場合には、汎用部品を加工して使用することもあります。

家具修理の受注から納品までのプロセス

  • 受注から納品までのプロセスは、直接顧客からの依頼や、家具メーカー、小売業者からの外注があります。インターネットサービスを通じて、故障や不具合がある家具の修理を依頼するシステムもあります。これらのシステムでは、家具の購入時期や保証書の確認の後、故障した家具を検査し、修理費用の見積もりを行います。見積もりが承認されれば、必要な部品を用意し、現地または修理工場で修理を実施し、完成後に納品と料金の回収を行います。

家具修理の費用設定と顧客の選択

  • 家具修理は受注生産型であり、在庫を持つことができません。低価格の家具や修理費が新品の価格を上回る場合は、新品の購入が推奨されます。そのため、修理料金は新品との価格比較を意識して設定されます。
    しかし、商品自体に特別な思い入れがあるなどの都合がある場合は、新品価格よりも高い修理費を支払う場合もあります。
    顧客は家具を元通りに修復することを望んでおり、可能であれば純正部品を用いて修理を行います。純正部品が手に入らない場合は、汎用部品での修理や部品の製作が可能であるかどうかも重要なチェックポイントとなります。

家具修理の受注方法と顧客獲得

  • 従来、家具修理の依頼は、桐たんすのように特別な技術を要する修理を地元の熟練工に直接頼むケースが多かったです。また、新聞の折り込み広告やチラシ、百貨店やショッピングセンターでのデモンストレーションを通じて告知し、受注する方法もありました。直接顧客からの依頼は比較的少なく、家具製造業者や小売業者からの仕事が一部を占めていました。そのため、これらの業者との関係構築や広告活動が重要であり、効果的なネットワークを構築しているかがポイントとなります。
  • 現代では、インターネットの普及により、ウェブサイトを通じてサービスを提供することが一般的になっています。ウェブサイトでは、修理や施工の実績、費用、納期などの情報を詳細に提供し、顧客が簡単にサービスを理解し依頼できるようにしています。
    大手企業のフランチャイズチェーンに加わると、フランチャイズ本部の持つ、インターネットを活用した集客力を生かしたビジネスモデルが展開できるようになります。

家具修理業の開業資金と投資

  • 家具修理業は主に職人の技術に依存するため、新しい工房や高価な機械設備に大きな投資が必要な場合を除き、比較的開業後に必要な資金量は少額です。
    運搬や加工、塗装などに必要な設備投資が主な資金調達理由であり、運転資金も材料費や部品代、人件費以外では大きくはなりません。

家具修理業の利益率と経済性

  • 家具修理業は効率化が難しいため、高い利益率を維持することが求められます。業務が属人的であり、職人のスキルに大きく依存しているため、他の産業に比べて総資本経常利益率が高くなる傾向にあります。しかし、労働集約型であるため販売費や一般管理費の比率も高く、効率化への取り組みが重要となります。

家具修理業の財務健全性と生産性

  • 家具修理業界は、事業規模が小さく在庫をほとんど持たないため、流動比率は全企業平均と比較しても非常に高く、安定しています。さらに、その当座比率も高く、短期的な支払い能力に優れています。固定比率は他産業と比較して高いものの、長期借入金が少ないため、固定長期適合率は全企業平均を下回っており、安全性は概ね確保されていると言えます。
  • 生産性の面では、家具修理業の作業は場所や状態が一定ではないため、集中生産や大量生産が困難で、生産性は他業種に比べて低い傾向にあります。例えば、コンビニエンスストアの1人当たりの年間平均売上が約1,650万円であるのに対し、家具修理業は約970万円と大きく下回っています。この生産性の低さは、高い利益率で補われています。

家具修理業のキャッシュフローと繁忙期

  • 家具修理業の原材料費が少なく労働集約型であるため、大きなキャッシュフローの変動は少ないです。繁忙期は年末や3月~4月の住み替えシーズンであり、キャッシュフローに大きな変動が生じる場合は、その原因を検証する必要があります。

家具修理業の経営改善と収益向上戦略

  • 経営改善と収益向上のためには、機械やIT機器の利用など、効率化を図る必要があります。また、家具メーカーや小売業からの下請け業務が多い場合は、発注者の業務フローや発注体制に合わせた対応が求められます。家具修理を希望するユーザーが集まるサイトや、大手家具修理業のフランチャイズチェーンへの加盟、自社によるインターネット上での直接受注が可能なウェブサイトの立ち上げなどにより、受注の拡大と売上げ増大を目指すことが重要です。

家具修理屋の特徴と顧客ニーズ

  • 家具修理屋は、顧客の家具使用過程での故障や不具合に対応することから、生産量の調整が難しく、新品購入と比較して修理費用が高額になることが受け入れられにくいという特徴があります。

家具修理のコスト削減と専門化の必要性

  • 修理作業を自社工房で行う場合、家具の運搬費がトータルコストを増加させるため、修理に関わるコストの抑制が求められますが、大量生産によるコスト削減は困難です。したがって、特定の修理作業を専門化し、効率を上げることが求められます。

家具修理屋の職人とマーケティング活動

  • 家具修理屋の職人は技術に強いこだわりを持っていますが、マーケティングや受注活動における限界も認識しておく必要があります。既存の取引先から家具メーカーや家具小売業を紹介してもらい、それらとの取引を通じて事業を拡大することが必要です。

家具小売業者とのネットワーク形成

  • 家具小売業者は、建築資材の卸売業やホームセンターなどとのネットワークを形成し、修理資材の調達や技術レベルの向上を図ることで、事業の拡大が可能になります。
  • 家具メーカーや小売業者からの紹介を通じて形成されるネットワークに参加し、情報を共有化することで、新たな取引に繋げることができます。

家具修理業の資金調達と開業方法

  • 家具修理業の新規開業を考える際、資金調達が必要となります。地元の有力者や地縁、血縁による紹介を通じて設備資金や運転資金の支援を受けることが一つの方法です。開業の形態には、家具メーカーや既存の家具修理業からののれん分け、フランチャイズ本部への加盟、または趣味の木工を生業にするという3つの方法があります。大手家具メーカーからの支援や指導を受け、受注のためのネットワークに参加することが、事業成功の鍵となります。

法規制の遵守と支援策の活用

  • 家具修理業の新規開業に際しては、これらの法規制の遵守と国や地方自治体から提供される支援策の活用が重要です。特に小規模事業者持続化補助金は、新たな設備投資や販路開拓の機会を提供し、事業の発展を後押しします。これらの支援を活用することで、安定した事業基盤の構築と成長が期待できるでしょう。
    • 消費生活用製品安全法: 1973年に制定されたこの法律は、消費者の生命や身体を害から守ることを目的としています。特定製品の製造や販売に関する規制を設けることで、製品事故に関する情報の収集や提供を通じて消費者の利益を保護します。家具修理業者は、重大な製品事故を知った場合、製造者や輸入業者へ通知する義務があります。
    • 小規模事業者持続化補助金: この補助金制度は、小規模事業者の持続的発展を支援することを目的としています。商工会や商工会議所の支援のもと、経営計画を策定し、計画に沿った販路開拓等の経費の3分の2を補助します。特に事業承継や生産性向上に取り組む事業者に対して重点的に支援が行われます。補助金の上限は基本50万円で、特定の条件を満たす場合は100万円から500万円の範囲で支援が受けられます。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次