「コインロッカー」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「コインロッカー」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

コインロッカービジネスモデルの種類

  • コインロッカーのビジネスモデルは大きく分けて以下のように区分されます
    • メーカー型:企業が製品の製造から販売、設置、故障時の対応などの保守メンテナンスを行い、購入者自身が運用するパターンです。収益は製品の販売利益と保守費から得られます。リースや中古品の取引も行われています。
    • オペレーションリース型:事業者が製品の設置から運用までを担い、地権者にロイヤルティを支払う方式です。コインロッカーの売上の一部が事業者の収益源となります。製品はメーカー型の事業者から購入するケースが多いです。
    • フランチャイズ型:本部が製品の製造、販売、設置、保守、運用を一手に担い、加盟者(オーナー)や地権者が利用料の一部をロイヤリティとして受け取る形式です。土地を持っていなくても参加できるため、副業としてフランチャイズに加盟し、コインロッカーのオーナーになる人もいます。こちらも製品はメーカー型の事業者からの購入が一般的です。

フランチャイズ型ビジネスモデルのリスクと収益性

  • フランチャイズ型のビジネスモデルでは、設備投資がオーナーによって負担されるため、事業者側の経営上のリスクは比較的小さくなります。
    しかし、オーナー側にはリスクが存在し、収益が出ない場合などの不満が脱退率の増加や新規オーナーの減少に繋がる可能性があります。このため、フランチャイズモデルを採用している事業者は、脱退率や新規加盟数の動向を注視する必要があります。

法規制と制度融資の活用

  • 開業に関連する法規制としては、電気式コインロッカーは電気用品安全法(PSE法)の適用を受け、PSEマークを表示した上で販売または設置しなければなりません。
  • 制度融資に関しては、政府系金融機関の融資制度やIT活用促進資金、小規模事業者向けの経営改善資金融資制度(マル経融資)、中小企業倒産防止共済制度などが利用可能です。これらの制度を活用することで、資金ニーズに対応し、経営の安定化や成長を図ることができます。

消費者動向とコインロッカーの利用変化

  • 消費者の動向を見ると、高機能なキャッシュレス決済対応コインロッカーの登場にも関わらず、サービスの本質は荷物を一時的に預けることに変わりはありません。しかし、外国人観光客の増加に伴い、従来の国内旅行者だけでなく、より広範な利用者層にサービスが拡がっています。また、低金利の経済環境のもとで、土地の有効活用や副業への関心が高まっており、今後の市場動向が注目されています。景気の回復傾向も新たな利用方法の需要を高めることが期待されています。

コインロッカーのサイズと旅行者への対応

  • コインロッカーの大きさは多岐にわたり、特定の仕様に基づいて作られています。旅行者が多く利用するため、特にキャリーケースに対応したロッカーの需要が高まっています。

開業・投資成功のポイント

  • 開業・投資を成功させるには、良い立地の確保、新製品の開発力、オーナーや加盟店からの評判などが重要となります。また、競争が激しい市場では、革新的なビジネスプランの策定が求められます。

コインロッカー市場規模と成長要因

  • 市場規模の参考になるのは、コインロッカーや精算機の普及数や年間売上を示すデータです。ただし、これらの統計にはコインロッカーだけでなく、様々な貸出機器も含まれているため、コインロッカーの普及台数が減少しているかどうかを直接示すものではありません。
  • しかし、外国人観光客の増加に伴う施設の新設や改修を考慮すると、コインロッカー市場は拡大傾向にあると推測されます。

コインロッカーの安全性と環境問題

  • 安全性や環境問題に関しては、コインロッカーが匿名で利用できる特性から、犯罪に利用されるリスクが存在します。電子マネーや携帯電話を利用したシステムは、このような匿名性を低減する点で重要な役割を果たしています。

コインロッカー供給の現状と傾向

  • 供給の傾向を見ると、設置されているコインロッカーの数は大きな変動はないように見受けられます。公共の場所における新規設置は一定の段階に達しており、市場はある程度飽和していると言えます。しかし、従来の硬貨式から電子マネーを用いたキーレス操作が可能なシステムへの切り替えが徐々に進んでいます。また、IT技術の導入により、空きロッカーの管理や放置された荷物の特定といった管理機能の向上も進んでいます。
  • インバウンド市場の拡大を見据え、新たな施設の建設や既存施設のリニューアル、JR山手線の新駅開設など、今後増えることが予想される施設に伴い、コインロッカーの供給も拡大すると見込まれます。

技術革新と新商品開発の影響

  • 技術革新や新商品開発の面では、IT技術の進歩がサービスの利便性や管理の効率化を促進しています。特にIT技術の適用と関連事業者との連携は今後さらに重要になると考えられ、電子マネーやキーレス操作、管理面の強化が進むと予測されます。また、IoT技術を活用した安全性の高いコインロッカーの開発も進められるでしょう。新しい取り組みとして、東京・新宿で始まった「バーチャルロッカー」サービスのように、従来の固定式ではなく、ユーザーの要望に応じて移動可能なロッカーを提供するサービスも登場しています。

業界構造と主要プレーヤー

  • コインロッカー業界は、大手企業が市場を支配している状況が続いています。新規参入者は存在しますが、大規模な成功を収めている事例は少ないようです。外国人観光客の増加によるコインロッカーの不足が顕著になる中、店舗の空きスペースを活用した荷物預かりシェアリングサービスなど、新しい形態のサービスが登場しています。これらは従来のコインロッカー事業にとって潜在的な競合となり得ます。
  • 業界内では、大手のグローリーサービスのように、メンテナンスやレンタルサービスを提供して安定した経営を行っている企業もあります。業界には製造者、管理者、オーナー、土地所有者など、さまざまな役割を持つプレーヤーが存在し、彼らがどのような役割を担うかによってビジネスモデルが異なります。

ビジネスモデルごとの特性と成功要因

  • 事業者によってビジネスモデルが異なるため、それぞれの特性を正確に理解することが重要です。また、複数のビジネスモデルを組み合わせている事業者も存在するため、各ビジネスモデルを個別に評価する必要があります。フランチャイズ型の場合、顧客の多くが個人であることが予想されます。
  • 運転資金の面では、メーカー型の事業者には業界特有の運転資金ニーズはあまり見られませんが、一般的な製造業の運転資金と同様の需要があります。
  • 一方で、オペレーションリース型およびフランチャイズ型の新規開業を検討する起業家は、コインロッカーの保守管理や運用に関わる費用(人件費、消耗品費、IT関連費など)を賄うために、利用料の回収サイクルに応じた運転資金や開業資金が必要となります。
  • 設備資金に関しては、メーカー型の事業者は自社工場の維持と製造設備の投資が必要です。これは、製品の高度化に伴う研究開発投資も含まれます。オペレーションリース型では、新たな地権者からの申し込みに応じてロッカーの購入費用が発生しますが、フランチャイズ型ではロッカーがオーナーによって所有されるため、このような設備投資は必要ありません。
  • コインロッカービジネスの開業を成功させるには、事業モデルごとの特性を理解する必要があります。
    複合的なビジネスモデルを採用している場合は、それぞれの特性がどのように相互作用するかを慎重に分析する必要があります。
  • 具体的には、メーカー型では市場の飽和状態と新型コインロッカーへの需要変化に注意し、在庫管理を適切に行うことが重要です。
    オペレーションリース型では、固定費と変動する収入のバランスを見極め、特に設置場所による稼働率の差異を踏まえた収益性の分析が求められます。
    フランチャイズ型では、オーナーや地権者との関係やロイヤリティの構造を考慮した運営戦略が必要となります。
  • メーカー型ビジネスモデルでは、回収期間の長期化が大きな問題とはなりにくい一方で、営業活動を通じて得たキャッシュフローを研究開発などの投資に充てることが理想的です。
    オペレーションリース型では、日銭商売の性質上、営業キャッシュフローの獲得が重要となります。
    フランチャイズ型もオペレーションリース型と同様に、営業キャッシュフローの管理がポイントです。

地域別コインロッカーの設置状況

  • 地域によってもコインロッカーの設置状況は異なり、特に首都圏や主要観光地に多く設置されています。コインロッカーの製造業界では、2大企業が市場をリードしていますが、管理や運用を担う企業の中には小規模な企業も多く見られます。

海外展開の可能性と課題

  • 海外展開に関しては、コインロッカーの利用は海外ではまだ一般的ではありませんが、その利便性が認識され始めています。ヨーロッパなどへの進出も少しずつ始まっており、今後、海外での成功が予想されれば、さらなる国際展開が期待できるでしょう。

経営改善と収益向上の戦略

  • 経営改善や収益向上のためには、市場が飽和状態にある主要な設置場所での新製品開発や新市場開拓への資金ニーズがあります。特に、電子マネーへの対応などの新しい技術への投資が重要となります。また、副業としての関心の高まりは良い兆候ですが、オーナーの満足度を維持・向上させるための取り組みが必要です。

コインロッカーシステムの歴史と現代化

  • コインロッカーのシステムは、主に駅や人々が集まるエリアに設置されており、かつては手荷物預かり所の代替として機能していました。このシステムは1960年代に急速に広まり、利用者は硬貨を使用して荷物を安全に預けることができました。しかし、技術の進化により、現代ではSuicaやPASMOなどの電子決済手段によりキーレスでの利用が可能になり、オンラインでの利用状況管理も実現しています。これらのコインロッカーは、以前は公共施設や自治体が主要な利用者でしたが、最近では不動産オーナーが空きスペースを有効活用する手段や、個人が副業として設置するケースも増えています。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次