「看板屋さん」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「看板屋さん」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

多様な販売経路とアクティブな市場戦略

  • 看板や標識の販売経路には、エンドユーザーと直接取引するケースと、建設会社、工務店、広告代理店などを通じた取引があります。直接取引では、商店街や店舗、公共施設などが顧客となります。いずれの場合でも、受動的な営業姿勢では市場開拓や顧客維持が難しく、自社の強みや製品の魅力を積極的にアピールし、顧客のニーズに応える積極的な営業戦略が求められます。
  • 販売プロセスにおける取引は、掛け売りが一般的で、手形取引も多く見られます。製品の加工や設置に外部の人材や機材を使用する場合、外注費やリース、レンタル料は現金支払いになることがあります。製品の納品や設置完了後に請求書を発行し、その回収を行うのが通常の流れです。製造や設置の遅延は支払いの遅れにつながり得るため、外注費やリース・レンタル料の管理、売上代金の回収期間の適切な管理が資金繰りにおける重要なポイントとなります。

新規顧客獲得への挑戦: 積極的営業戦略の重要性

  • 現在のビジネス環境では、既存の顧客との安定した取引が以前ほど確実ではなくなっています。このため、新規顧客の獲得は極めて重要な課題となっています。特に、受動的な役割に慣れた小規模な企業にとって、積極的な営業活動へのシフトは大きな課題となります。
    生き残るためには、従来の方法に固執せず、新しい技術の導入や能動的な営業戦略が不可欠です。

生産パターン

  • 看板や標識の市場は、商業施設や公共施設での使用が主であり、業績は商業活動や建設業の動向に強く影響されます。提供される情報の種類が多様であるため、製品の範囲も広がっています。顧客のニーズに応じてカスタマイズされた製品を提供するため、一般に受注生産や多品種少量生産の体制を取っています。

デジタル技術の活用とITサービスによる経営改革

  • 経営改善や収益向上に向けては、デジタルサイネージなどの最新技術を活用した広告媒体の積極的な導入を推奨します。
  • 国が提供するITサービスの活用や販路開拓支援策などの情報を参考にし、これらの施策を活用することも収益向上の一助となります。

看板業界の動向

  • 看板および標識機の製造業界における事業所の数と従業員の数についてのデータは、工業統計の情報から把握できます。このデータによると、2015年を除き、過去数年間で事業所の数は減少しており、2012年と2016年の間には約14%の減少が見られました。さらに、従業者数に関しては、事業所の70%が従業員4〜9人の小規模な企業で占められており、従業員の37%がこれらの企業に勤めています。これらの企業のほとんどが、国の定める中小企業の基準に当てはまります。

デジタル時代でも変わらぬ物理的広告の価値

  • 消費者のニーズが多様化する中、ウェブサイトやソーシャルネットワークを通じた情報提供が増加し、これらデジタルメディアが広告効果を高めています。しかし、物理的な看板や標識は引き続き重要な情報伝達手段であり続けています。

屋外広告の安定した地位とインターネット広告の台頭

  • 市場規模に関しては、出荷額の推移を見ることで、2012年以降、市場が成長していることが分かります。工業統計のデータには従業員4人未満の事業所が含まれていないため、実際の市場規模は3,800億円を超えると推定されます。一方で、電通が発表する「日本の広告費」によると、屋外広告と交通広告の広告費は、2014年以降、およそ5,200億円で安定しています。しかし、インターネット広告の費用は2012年の8,680億円から2017年には1兆5,094億円へと約1.74倍に増加しています。
  • これらのデータからは、インターネット広告が急速に伸びている一方で、屋外広告や交通広告の市場はデジタルサイネージなどの新技術の導入により、安定していることが伺えます。

地域経済と看板業界

  • 地域別の事業所の分布については、東京都、大阪府、愛知県など人口が多く、商業活動が活発な地域で多く見られますが、これらの地域では2013年から2016年の間に事業所数が減少しています。一方で、埼玉県、北海道、福岡県では事業所数が増加しており、これはインターネット技術の発展や製品の物流ネットワークの向上が影響していると考えられます。

公的支援の活用とデジタルプロモーションの強化

  • このような変化に対応するためには、自社のウェブサイトやソーシャルメディアを活用したプロモーションの強化、地方自治体や商工会議所など公的な中小企業支援機関からの販路開拓支援の利用などが有効な手段となります。

看板と屋外広告の力

  • 看板や標識は、製品やサービスを案内するためや、特定の場所や名称を指し示すために使用される、通常は板形の告知用具です。また、これらは道路上での指示や警告に関する規則、例えば「自動車道標識令」や「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」に従って設置される標識を含みます。屋外広告とは、外部で一定期間展示されることを目的とし、人々の目に触れるように設計された広告で、看板、掲示板、ポスター、広告塔などが含まれます。これは屋外広告物法によって定義されています。
  • この分野は「看板・標識機製造業」として、日本標準産業分類に分類されており、看板や標識機(電子的なものや機械的なものを含む)を主に生産する企業を指します。このカテゴリーには、展示装置やネオンサインを製造する企業も含まれます。
  • 具体的には、広告装置製造業、展示装置製造業、標識機製造業、ネオンサイン製造業、看板製造業(直接的な看板作成を行うものを除く)、広告用気球(アドバルーン)製造業などが、この産業分野に属します。一方で、直接的に看板を作成する塗装業や、単純な加工作業を伴う看板作成業は、この分類には含まれず、「看板作成業」として別に分類されます。

円安がもたらす製造業の回帰と看板市場への影響

  • 円高の流れが定着した1985年以降、日本国内における新規工場の設立が減少し、既存の工場が海外への移転を進めたことにより、工場立地に関連する看板の需要が下降傾向にあったことは確かです。しかし、2013年以降の円安傾向により、海外に移転した工場が国内に戻る動きは大きくはないものの、業界にとっては一筋の光明と言えます。さらに、国内での需要が低迷する中、政府は看板や標識の製作を含む小規模事業者の販路開拓を支援するための補助金制度を設けており、これが業界にとって追い風になっています。

技術革新と新商品開発

  • 今後の競争を生き抜くためには、技術革新や新商品の開発が重要な課題となります。現代社会では情報の洪水の中、どのようにしてターゲットの関心を引き、購買意欲を刺激するかが鍵となります。これを達成するためには、革新的なアイデアを形にする創造力、それを実現するためのデザイン能力、そして進化する技術を駆使する技術力が必要です。
  • デジタルサイネージやプロジェクションマッピング、拡張現実(AR)など、新しい技術を取り入れた製品やサービスが増えており、これらの技術を活用した商品開発が業界の将来を左右するでしょう。

法規制への適応と業界基準の遵守による事業の安定化

  • 看板やデジタルサイネージの製造、設置に関しては、屋外広告物法や地方自治体の条例による規制、屋外広告業者の登録制度など、様々な法規制が存在します。これらの規制に適切に対応し、遵守することは、事業を行う上で欠かせない要件です。また、道路標識に関しては、道路法や道路交通法、関連する命令や基準に従って定義、分類、サイズなどを適切に設定し、必要に応じて英語表記の規定も考慮する必要があります。

製造プロセスのデジタル化と高度化の進展

  • 看板や標識の製造においては、かつては手作業が中心でしたが、現在ではそのような状況はほぼ見られません。現代の製造プロセスでは、コンピュータや高度な印刷機器への投資が欠かせない要素となっています。これから先、職人のスキルやノウハウの向上だけでなく、高品質な製品を提供するための最新設備や装置の導入が重要な課題です。設備投資を行う際には、市場の需要を的確に把握し、自社の技術開発能力や財務状況を考慮した上で、投資の効果や返済計画をしっかりと評価することが不可欠です。

クライアントを分散させてリスクを下げる

  • 事業者と顧客との関係は近年流動的になり、特定の顧客に依存しすぎることのリスクが顕在化しています。新たな顧客層の開拓や既存取引先との信頼関係の強化が、今後の業界の課題となります。こうした状況の中で、新しい技術や製品の開発によって、顧客基盤を広げ、各顧客への依存度を下げることが求められます。

コンプライアンスと地域社会との調和への取り組み

  • コンプライアンスの面では、地域の景観保護への意識が高まり、屋外広告物法の改正や地方自治体による規制強化が進んでいます。これらの動向を踏まえ、広告物が地域の景観や安全性と調和するよう、積極的に対応することが業界にとって重要です。

デジタルサイネージ: 情報伝達の新たな可能性

  • 看板や標識の材料としては、粘着シートが一般的に用いられており、プラスチック、金属、木材などの多様な素材が使用されます。製品の種類には、建物の壁面や屋上に設置される広告、持ち運びが可能なスタンド看板、懸垂幕などがあり、デジタルサイネージのような電気的・機械的技術を用いた製品も普及しています。
  • デジタルサイネージは、視聴者の関心を集め、特定のターゲット層に焦点を当てた広告を効果的に発信することが可能で、リアルタイムでの情報更新や操作も可能です。これらの技術の進化は、看板や標識業界に新たな可能性をもたらしています。

看板や標識の製造過程

  • 看板や標識の製造過程は、初めに広告物の構想とデザインから始まります。この段階では、使用する素材、形状、サイズ、表示されるテキストやロゴ、画像やパターンの選択が行われます。デザインにおいては、メッセージとイメージのバランス、イラストレーション、色使いなどのクリエイティブな要素が重要視されます。このプロセスは、クライアント自身や専門のデザイン会社が担当することが一般的です。
  • 続いて、設計と加工のフェーズに移ります。ここでは、最終的なデザインに基づいて詳細な設計図を作成し、それをもとに必要な素材を集め、印刷やその他の加工作業を行います。一般的には、大型の印刷機を用いてデジタルデータを塩化ビニールシートに転写し、その後プラスチック板に貼り付ける方法が採られます。
  • 立体的な看板や金属、木材を用いる製品の場合には、NCマシンによるプレス、曲げ、切削、組み立てなどの加工が必要になります。最近では、レーザー加工機による精密な加工も一般的になっています。ネオンサインやデジタルサイネージなどの製品では、照明器具の成形や電極の取り付け、配線作業などが加わります。
  • そして最終的には、製品は店舗や施設に設置されます。このプロセスには、製品の運搬、搬入、基礎工事、看板の取り付けや仕上げ塗装などが含まれます。電源の設置や接続などの電気工事も、ネオンサインやデジタルサイネージの設置には不可欠です。大型の看板を設置する場合には、クレーンや高所作業車などの特殊な機材が必要になることもあります。

看板業界の未来と課題

  • 看板や標識の需要に関しては、都市部の駅周辺や郊外の幹線道路沿いなど、特定の地域で急増する傾向がありますが、全体としては商店街の衰退や公共事業の削減などにより、業界全体の環境は厳しくなっています。このような状況の中で、看板や標識への投資能力は低下しており、業界は課題に直面しています。

国内外の素材調達: コスト管理の戦略

  • 看板や標識の素材は、国内の専門卸売業者からの仕入れが主で、近年は中国や韓国からの輸入も増えています。特にデジタルサイネージに用いられる液晶ディスプレイの場合、韓国製のシェアが高いです。受注生産が多いため、多品種少量の材料仕入れが一般的であり、材料の迅速かつ安価な調達は、コスト管理において重要な要素です。

資金繰りのポイント

  • 手作業による看板製造は現代では稀となり、コンピュータや印刷装置などの機械を用いた加工が不可欠です。そのため、これらの設備への投資が必要となり、それに伴う資金調が必要となります。効率的な機械や装置の整備は、生産性の向上や業績の改善に直結します。
  • 運転資金については、製品納品から売上げ入金までの間に必要な資金で、仕入れや経費の支払いに充てられます。売上債権回転期間と在庫回転期間を合わせ、仕入れ債務回転期間を差し引いた期間が、運転資金の目安となります。取引先との支払条件によって必要な運転資金の規模は異なりますが、一般的には月商の約1.5カ月分が目安となることが多いです。適切な運転資金の管理は、事業の持続的な運営に不可欠です。

生産性・安全性を分析するポイント

  • 売上に対して適切な営業利益や経常利益が上げられているか、また連続して赤字になっていないかどうかが重要なポイントです。これは企業の基本的な収益力を示す指標であり、健全な経営状態を維持しているかを判断する上で不可欠です。
  • 生産性の面では、1人あたりの人件費や1人あたりの有形固定資産の水準が適正かどうかが注目されます。有形固定資産が効率的に活用されており、無駄になっていないかも重要な視点です。これらは企業の効率的な資源の活用度を測る指標となります。
  • 安全性については、短期的な支払能力を示す流動比率や当座比率が100%以上あるか、長期的な支払能力を示す固定長期適合率が100%以下であるか、そして企業の経営安全度を示す自己資本比率が適正水準にあるかがチェックポイントです。これらは企業の財務安定性を示す重要な指標となります。

看板の歴史的な進化

  • 日本における看板の使用は古く、大宝律令の時代まで遡ります。その頃、市場での商取引を示すための標識が使用されていた記録があります。江戸時代には、商業の発展に伴い看板の使用が一般的になり、明治時代には西洋の技術の導入により、従来の漆塗りの看板からペンキを使った看板へと変化が見られました。
  • 現代においては、看板や標識は情報の伝達や、製品への関心を高める重要な手段となっています。技術の発展に伴い、製造プロセスのデジタル化や機械の高性能化が進んでいます。

キャッシュフローの分析

  • キャッシュフロー分析では、営業活動によるキャッシュフローが投資活動のキャッシュフローを賄えているか、すなわちフリーキャッシュフローがプラスであるかが重要です。これは企業の持続的な成長と安定性を保つための重要なポイントとなります。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次