「オーダースーツ屋」の独立開業・起業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「オーダースーツ屋」の開業・起業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

「オーダースーツ屋」の拡大トレンド

  • 現在のスーツ市場は、主に「オーダースーツ」、「パターンオーダースーツ」、「既製スーツ」、そして「アクティブスーツ」の4つのカテゴリーに分かれています。
  • 特に若い世代を中心に、従来のビジネススタイルにとらわれない働き方をする人々が「アクティブスーツ」に注目しており、スーツに一定の品質やステータスを求める人々が「オーダースーツ」や「パターンオーダースーツ」を選ぶ傾向があります。

オーダースーツ業界の伸長による、大手企業の戦略転換

  • 紳士服を扱う大手小売店では、「アクティブスーツ」の展開を強化すると同時に、付加価値が高い「オーダースーツ」にも注力しています。
  • オーダースーツの市場が今後大きく伸びるとは予想されていませんが、エグゼクティブ層向けの安定した需要が存在するため、歴史あるオーダーメイド企業の買収などの戦略が見られます。

テレワーク時代の衣服消費トレンドと新規事業の可能性

  • 総務省が実施する家計調査によると、かつては家庭が男性用の洋服に支払う費用の中でスーツが占める割合が約30%だったのに対し、テレワークの普及によりこの割合は最近20%未満に減少しました。
  • スーツの売り場はかつて百貨店が中心でしたが、バブル経済の崩壊後は価格が手ごろな紳士服チェーン店へと需要が移行しました。スーツはカジュアルウェアなどに比べてトレンドや季節の変化の影響を受けにくく、量産がしやすい特性があります。
  • このため、多くの企業が製造から小売まで一貫して行うSPAモデルを採用し、効率化と価格低減を実現しています。紳士服を扱う小売業界には、女性服や子ども服をメインに展開するファーストリテイリングのような企業も登場し、従来の紳士服小売業の枠組みで全てを語ることが難しくなっています。

展示会と現物仕入れの選択がもたらす影響

  • 小売店の発注方法には、展示会仕入れと現物仕入れの2つがあります。展示会仕入れでは、展示会で見本を確認して発注しますが、売れ筋を予測するのが難しく、在庫を抱えすぎるリスクがあります。一方、現物仕入れでは、メーカーが予め生産した在庫品から選んで発注しますが、選択肢が限られ、店舗の個性を出しにくいというデメリットがあります。

運転資金の最適化と在庫管理の重要性

  • 売上の大部分が現金、クレジットカード、キャッシュレス決済であるため、通常は大量の在庫を抱えない限り、特別な運転資金は必要とされません。
  • しかし、既製スーツのように多様なサイズ、型、色を扱う場合には、相応の在庫を保持する必要があり、そのための資金確保が求められます。
    オーダースーツ屋のビジネスモデルの強さは、まさにこのポイントに現れていると言えます。
    オーダースーツ店の場合は、余計な在庫を必要としないため、在庫リスクが非常に低いのです。

紳士服小売業の経営戦略と新規参入の機会

  • 上場している紳士服およびカジュアル服の小売企業の最近の決算を見ると、上位企業とその他の企業との間で売上の格差が大きいことがわかります。
  • 新型コロナウイルスの流行により、紳士服小売業界全体が業績を大きく落としており、カジュアルウェアを扱う小売業も同様の状況にあります。各企業は収益性の低い店舗の整理統合を進め、コスト構造の改善に取り組んでいます。
  • 特に、紳士服の大手である青山商事やカジュアル衣料の大手ファーストリテイリングにおける店舗数の大幅な削減が目立ちます。

消費者行動の変化と衣服小売業への影響

  • 家庭での「衣類と履物」への支出は、長期間にわたり減少している傾向が見られます。これは、消費の停滞や価格の下落などの影響によるものと考えられ、2008年のリーマンショック以降、特にこの傾向が顕著になっています。
  • 「アベノミクス」が始まった2013年には一時的に消費意欲が高まりましたが、2014年の消費税率の上昇によって消費は再び大きく落ち込みました。その後は徐々に回復傾向にありましたが、2019年に新型コロナウイルスの流行が始まると、消費は再度大きく落ち込みました。
  • また、近年では郊外に位置する紳士服専門店が、人口減少や高齢化の影響を受けて来店客が減少しています。これに対応して、消費者の購買意欲を刺激し、新しい需要を生み出すために、都市部の若者をターゲットにした低価格の店舗展開や、一定の価格帯で統一された商品の提供などの取り組みが行われています。

新しい需要を創出する衣服小売のイノベーションと機会

  • スーツに関しても、機能性を高めることで付加価値を増す方向での商品開発が進んでおり、例えば体温上昇を抑える機能やシワになりにくい素材、家庭用の洗濯機で洗えるものなど、多様な製品が市場に投入されています。このような機能性を重視したスーツの需要は増加しており、それに伴いスーツの小売価格も上昇傾向にあります。

新型コロナウイルスとビジネススタイルの変革

  • 新型コロナウイルスの流行は、社会全体に大きな変化をもたらしました。在宅勤務やテレワークが一般化するにつれて、オフィスへの出勤回数が減少し、スーツを着用する機会も少なくなっています。すでにクールビズやカジュアルな服装の普及によりスーツ離れが進んでいましたが、新型コロナウイルスの影響によるビジネススタイルの変化がこれを加速させました。

「既製スーツ市場」の縮小

  • オーダースーツ屋のマーケットが伸びた結果、従来の「既製スーツ」の市場は急速に縮小しています。「アクティブスーツ」は、これまでアパレル専門店やカジュアル衣料店で主に取り扱われてきましたが、最近では紳士服量販店でも積極的に取り扱われるようになっています。
  • これにより、従来の「既製スーツ」のように多くの在庫を抱える必要がなくなるため、「アクティブスーツ」が今後の主流になる可能性が高まっています。

紳士服小売業の市場動向と起業家への示唆

  • 市場規模の観点から見ると、総務省と経済産業省の「経済センサス-活動調査」に基づくデータによると、男性服小売業の年間売上、事業所の数、従業員数は長期的に減少傾向にあります。特に、事業所数、中でも個人経営の事業所の減少が顕著で、市場の縮小とともに事業所の統合や大型化が進んでいると見られます。小売業界においては、小規模な事業所が多く、従業員4人以下の事業所が全体の60%を、9人以下の事業所が全体の90%を占めています。

季節性とオンライン販売の衣料品市場への影響

  • 衣料品市場は、季節による売上の変動が大きく、特に冬物の販売が盛んです。クールビズの導入により夏物のスーツが不振になるなど、慣習の変化に大きく左右されています。近年はスマートフォンの普及に伴い、「ZOZOTOWN」などのオンライン販売が急速に増えています。

事業規模別の支払い条件の違い

  • 小規模な専門店では、商品が届いてから30日以内の現金支払いが普通ですが、大規模な専門店の場合、90日から120日後の手形による支払いが一般的に見られます。

サプライチェーンマネジメント(SCM)の重要性と業界の動向

  • 業界全体として、繊維産業流通構造改革推進協議会が設立され、官民協力のもとサプライチェーンマネジメント(SCM)への取り組みが進められています。

アパレル業界の流通経路と仕入れの多様性

  • 流通経路としては、アパレル専門商社や総合商社からの仕入れが基本となっています。卸売業者の中には、自社で製品企画を行い、原料を仕入れて自社や協力工場で製造する企画製造機能を持つところもあります。また、小売業者自身が製品企画や製造機能を持つSPA(製造小売)業態の増加も見られます。

オーダースーツ屋の開業に関連する法律

  • 消費者保護法規に関しても、家庭用品品質表示法、PL法(製造物責任法)、不正競争防止法、個人情報保護法などがあり、これらは消費者の利益を守り、公正な競争を促進するために設けられています。これらの法規に遵守することは、企業が社会的信頼を維持し、持続可能な事業展開を行うために不可欠です。
  • 特に、高度情報通信社会の進展に伴い、個人情報の取り扱いには細心の注意が求められています。企業はこれらの法規に対する理解を深め、適切な対応を行うことで、消費者との信頼関係を構築し、事業の持続的な成長を図る必要があります。

小売店の商品管理と仕入れ戦略の重要性

  • SPAブランドや大手小売チェーンでは、サプライチェーンマネジメント(SCM)を駆使した商品管理が成績に直接影響を与えます。
  • 小規模なオーダースーツ屋でも、売れ筋商品を品切れさせずにどう提供するかが重要な課題となっています。
  • 仕入れの方法には大きく分けて3つの方式があり、買取仕入れが一般的です。委託仕入れや消化仕入れは、主に百貨店などで用いられます。
  • 買取仕入れでは、小売業者が商品を購入し、その商品は小売店の所有物となります。
    委託仕入れは、納品された商品が一時的に小売店の所有物となりますが、売れ残った商品を供給元に返品することができ、「返品条件付買取」とも呼ばれます。
    この場合、小売価格の決定権は供給元にあります。消化仕入れでは、商品が売れた際にのみ仕入れを行うシステムで、商品の所有権や小売価格の決定権は供給元にあります。

運転資金の計画とシーズン商品のリスク管理

  • 季節ごとの商品を販売期に先駆けて仕入れる必要があり、これにより季節に応じた運転資金が必要になる場合があります。
  • 特にファッション商品の場合、そのシーズンに販売できなかった場合、商品が長期間の在庫となるリスクがあります。したがって、販売実績の把握と資金繰りには細心の注意を払う必要があります。
  • しかし、オーダーを受けてから製造するビジネスモデルであるオーダースーツ屋ではこのリスクは非常に低いと言えます。

非接触・非対面ニーズに応えるデジタルトランスフォーメーションの進展

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)の観点からは、新型コロナウイルスの感染防止策として非接触・非対面のニーズが高まり、キャッシュレス決済やセルフレジの普及が進んでいます。ファーストリテイリング(ユニクロ)では、RFIDを利用した在庫管理やセルフレジ化が進展しています。今後もRFIDの低価格化や画像認識技術の進化により、店舗販売の形態は大きく変化すると予想されます。そのため、技術情報の提供や企業間連携の提案が有効な支援となります。

オンライン販売の台頭と消費者ニーズへの適応

  • 従来は、購入前に店頭で素材やデザイン、色、柄、サイズなどを直接確認するのが一般的でしたが、最近では実物を見ずにインターネットで購入する顧客が増えています。
  • オンラインで販売する事業者も、返品や交換に対応することで、顧客が安心して購入できるようにしているため、利用者が増加しています。このため、販売を通じて消費者のニーズを常に把握し、対応することが重要視されています。

サプライチェーンの人権問題への対応と企業の社会的責任

  • サプライチェーン上の人権問題への対応が急務となっています。欧米諸国では、外国で強制労働により生産された製品の輸入を厳しく制限する動きが見られ、日本企業もこれに直面しています。
  • 日本社会におけるSDGsへの意識の高まりや、ESGに反する要素を持つ企業への投資を避ける傾向が強まる中で、企業はサプライチェーンの透明性を高め、人権を尊重した製品の生産を確保する必要があります。これは、企業のレピュテーション保護だけでなく、コストマネジメントの観点からも重要な課題です。

新型コロナウイルス影響下での業績改善戦略

  • 新型コロナウイルスの影響による売上減少や在庫回転期間の長期化などの課題に直面しているものの、近年では業績改善の兆しも見られます。
  • 衣料品小売業は接客が重要で人件費の負担が大きい業界であり、業績回復のためには店舗の統合や人員削減などの取り組みが求められます。

黒字企業の販売管理費と人件費の効率化

  • 売上総利益率に関しては、黒字企業と全企業間で大きな違いは見られません。黒字化を実現する主な要因は、販売管理費と人件費にあります。
  • 2021年度における全企業の販売管理費及び人件費は19.0%に対して、黒字企業では16.7%となっています。これは、黒字企業が新型コロナウイルスの影響下で人員削減に積極的に取り組んでいたことを示しています。
  • この取り組みは業界全体に広がり、2022年度には全企業の販売管理費及び人件費率が12.1%にまで低下しています。これは2020年度の60%の水準に相当します。

在庫回転日数の管理と商品ライフサイクルへの対応

  • 衣料品小売業は、季節性や流行の影響を受けやすいため、在庫の回転日数に注目することが重要です。特に男性服では、スーツなどの売上比率が高い業態では約5ヶ月、カジュアル服業態では約3~4ヶ月程度が目安とされています。
  • 商品のライフサイクルが短くなる傾向にある現在、在庫管理が売上や資金繰りに大きな影響を与えています。

紳士服量販店の業態転換と市場シェア拡大戦略

  • スーツ中心の紳士服量販店が、郊外のロードサイドに大型店舗を設け、リーズナブルな価格の既製スーツを提供することで市場シェアを拡大してきました。

大手企業の経営多角化と新事業挑戦の動向

  • 紳士スーツ市場が縮小する中、大手企業は経営の多角化を推進しています。たとえば、青山商事は雑貨の販売(ダイソー)、総合リペアサービス(ミスターミニット)、フランチャイズ事業(ゆず庵・焼肉きんぐ、セカンドストリート)などを手掛けています。
  • AOKIはブライダル事業(アニヴェルセル)、エンターテイメント事業(快活CLUB・FiT24)を展開し、コナカはファッション(サマンサタバサ)、フード事業(かつや)などに取り組んでいます。
  • これらの企業は、さまざまな分野での新事業に挑戦し、収益の確保を目指しています。他業種とのビジネスマッチングの提案などが、有効な支援策となり得ます。

M&Aを活用したオーダースーツ市場への進出

  • M&Aに関しては、既製スーツの需要が減少する中で、オーダースーツ市場は堅調な伸びを見せています。富裕層向けの市場でのシェア獲得を目指し、大手企業は積極的にブランド展開を進めています。
  • 例えば、青山商事はオーダーメイドスーツの老舗「麻布テーラー」を買収しています。多角化や新市場への参入に際して、資金面での問題がなければ、M&Aも有効な手段ですので、M&Aコンサルティングが役立つでしょう。

テクノロジー活用による新業態店舗の展開可能性

  • 最近では、顧客ニーズの多様化に応えるために、複数の新業態店舗を展開しています。例えば、20~30代の若者をターゲットとした都市型の業態や、都市の大人向け業態、レディース専門店などがあります。
  • 将来的には、3DCG、VR、ARなどのテクノロジーを活用した新しい業態が登場することが期待されます。そのため、技術情報の提供や企業間連携の提案などのサポートが必要とされています。

設備投資の戦略的計画と回収期間の分析

  • 顧客の維持や拡大のためには定期的な店舗の改装が不可欠です。そのため、改装のサイクルを検証し、その期間内に投資が回収可能かどうかを確認することが重要です。

男性向け衣服小売の多様性と開業のチャンス

  • 日本の産業分類に従うと、衣類の小売りは販売される衣服のタイプに基づいて、男性向け衣服の小売と女性および子ども向け衣服の小売の二つに大別されます。男性向け衣服の小売り部門には、冬物が中心のメンズファッション店、郊外に位置する専門の紳士服店、カジュアルファッションを扱う店舗、ジーンズ専門店、高級ブランドの店舗、作業着を取り扱う店舗、オーダーメイドのスーツを提供するテーラーなど、様々な店舗が含まれます。

新型コロナウイルスによるビジネススタイル変化と紳士スーツ市場への影響

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大は、緊急事態宣言による営業自粛や人々の外出自粛に伴う売上減少だけではなく、在宅勤務やリモートワークの普及といったビジネススタイルの変化が消費行動にも大きな変化をもたらしました。
  • これらの変化は、すでに縮小傾向にあった紳士スーツ市場において、その縮小をさらに加速させる結果となりました。このような市場環境の中で、企業はこれまで以上に迅速に施策を実行し、市場の縮小に対応する必要があります。

AIとDXを駆使したファストファッションECプラットフォーム「SHEIN」の成功事例

  • アパレル業界で、特に注目されているのは、AIとDXを活用したファストファッションのECプラットフォーム「SHEIN」の急成長です。「SHEIN」は、AIが制御するクローラーがECサイトを巡回し、トレンド情報や売れ筋情報を収集。収集した情報はAIによって自動解析され、商品デザインを3D化し、DXを通じて小規模工場での小ロット生産が行われます。
  • 製品はインフルエンサーを通じてSNSで紹介され、ECサイトへの誘導が行われます。最新トレンドを短期間で商品化する能力が強みであり、実店舗を持たずに150カ国での利用者を獲得し、急速に成長しています。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次