「お弁当屋さん」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「お弁当屋さん」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

お弁当屋さんのフランチャイズの開業資金・開業費用

  • FC本部のサービスに対する代償として、加盟店は加盟金、ロイヤルティ、場合によっては保証金を支払います。これらの費用はFCによって異なりますが、一般的には加盟金が約110万円、保証金が110万円から150万円、ロイヤルティが月額6万円から9万円程度です。
  • 材料の仕入代金は通常、月1回、加盟店からFC本部に支払われます。

差別化戦略:商品と価格設定の工夫

  • 商品と価格設定に関しては、顧客のニーズに合った価値ある商品、季節限定メニューや日替わりメニューなどを提供し、他の競合と差別化を図ることが大切です。また、店頭販売だけでなく、電話注文やデリバリーサービスによる予約販売など、商品以外での差別化も重要です。

持ち帰り弁当業界の成長背景

  • 持ち帰り専門のお弁当屋さんの歴史は昭和50年代に始まり、まだ新しい業態です。その背景には、核家族の増加や共働き世帯の増加など、家庭内での調理ニーズの外部化があります。
  • 最近では、専業主婦がいる家庭でも、時短のために既製の食品を購入することが一般的になっています。
  • このような社会的変化に伴い、持ち帰り専門のお弁当屋さんは成長を遂げてきました。現在では、お弁当や既製の惣菜は「中食」として、外食と家庭料理の中間に位置づけられています。

持ち帰りのお弁当屋さんの市場規模

  • 市場規模について見ると、持ち帰り飲食サービス業全体での事業所数は8,600程度、従業員数は約5万人とされています。これらの数字は時間とともに減少傾向にあります。
  • 特に持ち帰り専門のお弁当屋さんに関する統計は限られていますが、フランチャイズチェーンに加盟する店舗の状況は、年間の統計調査で把握することができます。
    フランチャイズに属する持ち帰り寿司やお弁当屋さんの店舗数は近年、減少している傾向にあります。

競争激化:多様な販売チャネルとの闘い

  • 中食市場が拡がるにつれて、持ち帰り弁当業界は多様な販売チャネルとの競争に直面しています。具体的には、スーパーマーケットやコンビニ、デパートの食品売り場、ファミリーレストランなどが、弁当や惣菜の販売で直接競合している状況です。

業界リーダー:「ほっともっと」を中心としたフランチャイズ展開

  • この分野で名を馳せている企業には、プレナスが展開する「ほっともっと」があり、全国に約2,450店舗を構え、店舗数では業界トップを誇っています(2023年3月時点)。
  • その他にも、本家かまどややハークスレイの「ほっかはっか亭」、オリジン東秀の「オリジン弁当」などが大手チェーンとして挙げられます。

地域密着:事業所の分布と地域性

  • 地域ごとに見ると、持ち帰り飲食サービスの事業所は大阪府に最も多く、その後を福岡県、東京都、愛知県、兵庫県、埼玉県が追います。特に西日本に事業所が集中しているのは、上記の企業の本社がそこに位置しているためと考えられます。

消費者ニーズの多様性と持ち帰り弁当店の魅力

  • 消費者が持ち帰りのお弁当屋さんを利用する理由は様々ですが、主な顧客層は学生、独身サラリーマン、主婦、OLなどで、店舗の立地や価格帯、曜日によって利用者層が異なります。
  • 持ち帰り弁当店の魅力としては、新鮮で美味しい食事を手軽に楽しめる点があります。特に、炊きたてのご飯や揚げたてのフライなど、作りたての美味しさを提供することが大きなセールスポイントになっています。

お手頃価格:持ち帰り弁当のコストパフォーマンス

  • 持ち帰りのお弁当屋さんはお手頃な価格設定が魅力の一つです。調理工程の効率化により、リーズナブルな価格での提供が可能となっています。
  • 「ほっともっと」のメニューを例に挙げると、カレー、親子丼、から揚げ弁当などがワンコインで楽しめるメニューを多数揃えています。これにより、手軽に美味しい食事を求める消費者にとって、持ち帰り弁当店は魅力的な選択肢となっています。

お弁当屋さんの特徴

  • 米飯と惣菜を組み合わせたお弁当を提供する店舗は、小売業の一環として位置づけられます。これらの店舗では、お弁当の製造と販売を行っており、かつては宅配やイベント向けの大量注文が主流でした。しかし、持ち帰り専門のお弁当店は、以下の特徴でそれらと一線を画しています。
  • まず、宅配サービスが大量注文に対応しているのに対し、持ち帰り専門店は小売りとして、一般の消費者向けに少量から販売しています。
  • さらに、宅配サービスでは全ての調理過程が工場で完了しますが、持ち帰り専門店では一部の調理を店舗で行い、顧客に新鮮な状態で提供することが可能です。

経営指標の活用:売上と利益の最適化

  • 持ち帰り専門のお弁当屋さんに特有の経営指標は存在しないものの、持ち帰り飲食サービス業の指標を参考にすることができます。
  • 売上の把握にあたっては、従業員一人当たりの売上高や店舗面積当たりの売上高などが参考になります。
  • また、客単価や一日あたりの来店客数、営業日数からも売上を把握することが可能です。ただし、店舗の立地によっては昼間や週末の売上パターンが大きく異なるため、立地や顧客層の特性を考慮することが重要です。
  • 原価率については、持ち帰り飲食サービス業の経営指標を参考にすると50~60%が目安とされますが、材料の効率的な使用や売れ残りの最小化によってコスト削減が可能です。
  • 人件費に関しても、パートタイマーやアルバイトを主に活用することで、比較的負担を軽減できるとされていますが、時間帯や曜日に応じた効率的な人員配置が求められます。
  • 業界大手企業の売上高や営業利益率を見ると、5~7%程度の営業利益率を保っていることが分かります。これは、持ち帰り飲食サービス業全体の黒字企業の平均営業利益率が1~3%程度であることを考えると、大手企業は販管費の削減などによってより高い収益性を実現していることがうかがえます。

開業に関連する法律

  • 持ち帰りのお弁当屋さんの運営においては、食品衛生法に基づく営業許可の取得が必須であり、店舗ごとに食品衛生責任者の配置が義務付けられています。さらに、プラスチック資源循環法により、特定のプラスチック製品の使用合理化が求められています。また、HACCPに基づく衛生管理の制度化により、食品の安全性確保に向けた取り組みが強化されています。

調理工程の効率化とメニューの魅力

  • 少人数における食事の際、家での調理と比較して持ち帰り弁当はコストパフォーマンスに優れており、満足のいく量を提供しています。
  • しかし、すぐに提供するためには、簡素で迅速な調理法が求められます。このため、炒め物や揚げ物が中心になりやすく、高価な食材の使用は限られています。
  • これらの制約から、他の店との差別化が難しく、顧客に飽きられるリスクも指摘されています。

持ち帰り弁当市場の価格動向と経済要因

  • 価格の動向に関しては、弁当の価格は年々上昇傾向にあり、特に消費税の増税やコロナ禍以降の影響が大きいです。
  • 原材料費や人件費の上昇により、価格維持が困難になっています。それでも、からあげ弁当などの人気メニューは価格を維持しようとする努力が見られます。

在宅勤務の増加と持ち帰り弁当の需要拡大

  • コロナ禍は外食業界に大きな影響を与えましたが、在宅勤務の増加により持ち帰り弁当の需要は拡大しました。
  • 家計調査によると、調理済み食品の支出が増加していることからも、この傾向が明らかです。

経営戦略:顧客ニーズへの対応とリピーター獲得

  • 経営戦略としては、店舗の立地や顧客層に応じたサービスの提供が重要です。フランチャイズ加盟店では独自商品の開発が難しいため、顧客ニーズに合った商品の販売や接客を通じてリピーターを確保することが求められます。
  • 大手チェーンでは、ポイントサービスを利用して固定客の獲得に努めています。

社会的責任:SDGsと食品業界の役割

  • 現代では、企業の経済成長だけではなく、社会的、地域的な課題への対応も企業活動の重要な一部となっています。
  • 特に「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みは、食品業界においても重要視されています。
  • 食品を扱う事業者は、飢餓、貧困、健康、食品廃棄(食品ロス)、脱プラスチックなど、多岐にわたる課題に対して積極的に取り組む必要があります。
  • 特に食品廃棄物の削減は、食品リサイクル法に基づく目標達成の観点からも、持ち帰り・配達飲食サービス業における重要な課題です。

フランチャイズ加盟店の運営:FC本部との連携と支援

  • フランチャイズチェーン(FC)加盟店の場合、FC本部との取引条件や契約内容、支援体制の確認が必要になります。FC本部は、ブランド名の使用許可、材料や新商品の供給、開業前の立地選定や事業計画策定のサポートなど、加盟店に対して様々なサービスを提供します。開業後も、経営の定期的なチェックや指導、広告宣伝用アイテムの提供などで加盟店をサポートします。

DX推進:小規模事業者のデジタル化

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進も、今日の社会において避けて通れない課題です。特に小規模事業者にとっては、大規模な投資は難しいものの、SNSの活用やキャッシュレス決済の導入など、比較的容易に始められる取り組みもあります。

環境への配慮:サステナビリティへの取り組み

  • 最近、SDGsやカーボンニュートラルに向けた取り組みが強調されており、地球環境への配慮がますます重要視されています。
  • 外食産業でも特に大手企業を中心に、このような活動が積極的に進められています。例えば、すかいらーくのようなファミリーレストランの大手は、2019年12月から持ち帰り用の弁当容器を生分解性素材に変更するなど、脱プラスチックへの取り組みを開始しています。
  • 2022年4月に施行されたプラスチック資源循環促進法により、持ち帰りのお弁当屋さんを含む飲食業界全体にプラスチック製品の使用削減が求められています。これにより、持ち帰りのお弁当屋さんも環境問題に対する取り組みを強化する必要があると考えられます。

持ち帰り弁当業界の将来性と競争環境

  • 業界の将来性については、コロナ禍の影響により「中食」の需要が高まり、市場は成長を続けています。しかし、異業種からの新規参入が活発化しており、特にコンビニエンスストアが大きな競合相手となっています。
  • コンビニでは、高利益が見込める弁当類の販売に力を入れ、多様で魅力的な商品を展開しています。また、食品スーパーやファミリーレストランも中食市場に注力しており、持ち帰り弁当業界はますます厳しい競争に直面しています。

新鮮な体験の提供:製造小売業としての強み

  • 持ち帰りのお弁当屋さんは、新鮮で温かい商品の提供が特徴の製造小売業です。店内で温かい料理とご飯を提供することで、顧客に新鮮な体験を提供しています。
  • しかし、他の飲食業態との差別化が課題となっており、革新的なメニューやサービスを提供することが成功の鍵となります。

効率的な調理プロセスと顧客サービスの最適化

  • 持ち帰りのお弁当屋さんでは、効率的な調理プロセスが重要です。そのため、セントラルキッチンで予め加工された材料を使用し、店舗では揚げる、焼くなどの最終工程を行うことで迅速に顧客の注文に対応しています。
  • このようなシステムにより、盛り付けや接客により多くの時間を割くことが可能になります。

チルド食品利用の拡大と効率的な在庫管理

  • チルド食品の利用も広がっています。フランチャイズチェーンの場合、本部が契約した業者から、それ以外の場合はチルド食品のメーカーや問屋から材料を調達します。
  • 日配システムの充実により、必要な材料を前日や前々日に注文するだけで、当日の午前中に届けられるため、在庫を多く抱える必要がなくなっています。

開業にあたる出店戦略:顧客動線と商圏の最適化

  • 開業にあたる出店戦略の立地条件としては、周辺のオフィス勤務者や住民が主な顧客となり、商圏は比較的小さく、顧客の動線上に店舗を構えることが重要です。
  • 他のコンビニやスーパーマーケット、ファストフード店などとの競合状況も考慮する必要があります。

持ち帰り弁当店の資金調達の必要性

  • 持ち帰りのお弁当屋さんの運営において、通常の運転資金の調達必要性は比較的少ないとされています。
  • これは、掛売り取引がほとんどないためで、資金調達の必要性があるとしても、主に従業員への賞与支払いや新商品の広告宣伝費などの一時的な理由が中心です。
  • 一方で、店舗の新規開業や店舗改装、厨房設備の更新などでまとまった資金が必要になるケースもあります。
  • フランチャイズ加盟店での開業例を見ると、開業に際しての具体的な費用構成が示されています。

資金調達:持ち帰り弁当店向けの支援策

  • 資金面では、日本政策金融公庫からの「食品貸付」や「生活衛生貸付」などの制度融資が利用可能です。
  • また、キャッシュレス決済の導入に際しては「企業活力強化資金」の利用が考えられます。コロナ禍における対策としては、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」など、中小企業向けの支援策も提供されています。

営業時間のカスタマイズ:顧客層と立地に応じた対応

  • 店舗管理においては、一般的には午前8時から午後9時頃までが営業時間ですが、立地や顧客層によっては異なる時間帯の需要があります。
  • たとえば、駅前に立地する店舗では、帰宅途中のサラリーマンからの需要が深夜に集中する可能性があり、立地環境に合った営業時間の設定が求められます。

人員配置と接客:効率的な運営と顧客満足度の向上

  • 来客が朝昼晩の食事時間に集中する傾向にあるため、それぞれの時間帯に適した人員配置が必要です。接客や調理には、特別な技術を必要としないため、パートタイマーやアルバイトの力を借りることが一般的です。
  • 未経験者でも適切な研修を受ければ活躍でき、特に料理経験のある主婦は即戦力として期待できます。
  • 接客マナーも大切で、顧客との親しみやすいコミュニケーションを通じて、快適な店舗環境を提供することが求められます。
  • 店舗の内外装や厨房設備の清潔さは、顧客が安心して食事を楽しめるために不可欠です。また、食中毒や異物混入を防ぐために、HACCPに基づく衛生管理の徹底も重要です。

国際展開:グローバル市場への進出

  • 海外展開に関しては、国内市場の人口減少を背景に、プレナスのような大手企業が積極的に取り組んでいます。中国や韓国、オーストラリアへの出店は、今後の成長戦略の一環として重要です。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次