「マッサージ屋さん」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「マッサージ屋さん」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

開業における立地選定:マッサージ業の成功要因

  • 開業の立地は、マッサージ業において重要な要素の一つです。顧客がアクセスしやすい立地の選定は、事業成功の鍵を握ります。
  • 街中やショッピングセンターなど、人通りが多く顧客が利用しやすい場所を選ぶことが重要で、特にビジネスマンをターゲットにする場合は、オフィス街などの立地が有効です。
  • また、異業種との連携や新しい顧客層の開拓も、立地戦略の一環として考慮する価値があります。
    スーパー銭湯の中に出店するなど、戦略的な動きが必要となります。

高齢化社会とリラクゼーションビジネスの将来展望

  • 今後、日本は高齢化が進みつつ人口減少が見込まれますが、75歳以上の高齢者層は当面増加する見込みです。この高齢者市場への対応、および高齢者の福祉環境の変化への適応が、業界にとっての重要な課題となります。

クイックマッサージ業界の拡大と収益性の課題

  • クイックマッサージ業界は、利便性の高さや明瞭な価格設定により、近年急速に拡大してきました。特に、職場や家の近くで気軽に利用できる点が、多忙な現代人に受け入れられています。
  • しかし、デフレの影響で価格を上げることが難しく、時間単価の制約により収益向上に限界があります。
  • 一方で、治療目的のマッサージでは、保険適用サービスの提供もありますが、保険適用外の高付加価値サービスを提供することで、収益向上を図ることも可能です。

クイックマッサージ:手軽なリラクゼーションサービスの提供

  • クイックマッサージは、リラクゼーションを目的としており、身体の凝りを短時間でほぐすことに特化しています。このサービスは、数分から数十分の短い時間で利用可能であり、着衣のままで受けることができるのが魅力です。
  • 足裏マッサージやリフレクソロジーなど、特定の部位に焦点を当てた技法もあり、身体の特定の反射区を刺激することで疲労回復を目指します。

あん摩マッサージ指圧師資格:治療目的マッサージの中核

  • 治療目的のマッサージの分野では、あん摩マッサージ指圧師の資格が中心となっています。この資格は、国家試験に合格した者に与えられ、その基礎は「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」にあります。
  • この法律は昭和22年に制定されましたが、未資格者の問題は依然として存在しています。そのため、マッサージ業と関わる際には、治療目的かどうかに関わらず、注意が必要です。

クイックマッサージの背後にある世界的な療法の歴史

  • クイックマッサージの歴史を振り返ると、世界各地で様々な身体調整療法が発展してきました。西洋では、カイロプラクティックやリフレクソロジー、アロマテラピー、タラソテラピーなどが長い間親しまれてきました。
  • 一方、東洋では、中国や台湾のツボ療法やタイ古式マッサージがよく知られています。特にリフレクソロジーは、古代エジプトの遺跡にその記録が見つかるほど古くから存在し、19世紀初頭にアメリカのフイッツ・ジェラルド医師によって今日の形に確立されました。足裏ツボ指圧と似ていますが、リフレクソロジーは足裏全体を捉える点で異なります。

日本の手技療法:あん摩や鍼灸の伝統と進化

  • 日本では、あん摩や鍼灸は、飛鳥・奈良時代に中国から伝来した手技療法であり、東洋医学に基づいて経絡や経穴を刺激する方法です。日本人特有の肩こりは、日本人の治療師が長年にわたり手技によって研究し、治療してきた結果です。
  • 指圧療法は、浪越徳治郎や増永静人によって普及し、現代に至るまでその技術は受け継がれています。

現代ニーズに応えるクイックマッサージ:新たなビジネスモデルの展望

  • クイックマッサージや足裏マッサージは、現代社会の忙しい人々のニーズに合わせた新しいビジネスモデルです。しかし、これらが産業としてしっかりと確立し、定着するためには、法的な枠組みや資格制度の整備が必要であると指摘されています。これにより、一時的な流行に終わることなく、社会に根付いたサービスとなることが期待されています。

リラクゼーションビジネスの全貌:手技からスパまで多彩なサービス

  • リラクゼーションビジネスとは、エステティックやアロマセラピーなど、リラックス効果を提供する様々なサービスを包括する業界です。この分野は、手技の使用有無によって分類されるヨガやスパなども含み、リラックスを提供するサービスとして広範囲にわたります。さらに、狭義に「リラクゼーション業」と分類されない業態であっても、リラックスの手段としてマッサージを取り入れる場合があります。

業界の成長を加速する「リラクゼーション業」の新たな分類

  • リラクゼーションビジネスの市場規模は拡大しており、2013年の日本標準産業分類に「リラクゼーション業」が新たに加わりました。この新しい分類の導入により、業界の成長が見込まれていますが、具体的な過去との比較は困難です。しかしながら、業界団体や調査機関の報告によると、公式の統計よりも多くの事業者が存在するとされています。

リラクゼーション業の売上特性と市場の拡大

  • 売上特性を見ると、「リラクゼーション業」と「あん摩マッサージ指圧師」などの施術所とを比較した場合、後者の方が事業所数や従業者数、市場規模は大きいものの、従業者一人当たりの売上高はリラクゼーション業の方が高い傾向にあります。
  • これは、リラクゼーション業が新しい設備やサービスを提供し、マッサージ以外のサービスも手掛けることで、より高額な支出を促しているためです。

女性が活躍するリラクゼーション業界の特徴

  • 「リラクゼーション業」においては女性従業者が男性を大きく上回り、一事業所あたりの従業者数も多いことが特徴です。

ブランド力と人材育成に注力するリラクゼーション企業

  • この分野で名高い企業としては、「りらく」や「ボデイワーク」が挙げられます。これらの企業は、全国に店舗を展開し、独自のブランドを確立しています。また、人材育成に力を入れたり、複数のブランドを展開することで、市場での独自性を保っています。

マッサージサービスの地域特性と多様な利用者層

  • マッサージ業界は、多様な世代に利用されるサービスであり、国内各地で展開されています。特に人口密集地域や交通アクセスの良い地域での事業が盛んです。
  • 日本人の多くが抱える「腰痛」や「肩こり」などの症状は、医療施設の利用が最も多い対応策である一方で、あん摩・鍼灸・柔道整復などの施術所を利用する割合も高くなっています。

顧客満足度の向上:施術技術と施設の清潔感

  • マッサージ業界では、施術技術だけでなく、店内の清潔感や施術者のコミュニケーション能力も重要です。顧客は施術の質を重視するため、これらの要素が顧客満足度やリピート率に直結します。

マッサージ屋さんの開業資金の調達

  • 資金調達の面では、日本政策金融公庫のような経営改善貸付制度を利用できる可能性があります。これは経営指導を受けている事業者が、運転資金や設備資金を無担保・無保証人で融資を受けることができる制度で、特に小規模事業者にとっては貴重な資金調達手段です。

マッサージ屋さんの開業に関連する法律

  • 業界特有の許認可や関連法規には、あん摩マッサージ指圧師やはり師、きゅう師等に関する法律、医薬品・医療品・医療機器等法、個人情報保護法などがあります。これらの法規制に準拠することが事業運営に不可欠です。

コロナ禍を乗り越えるリラクゼーション業界の回復力と機会

  • コロナ禍は、この業界に大きな影響を及ぼしました。接触を伴うサービスの性質上、消費者の足が遠のき、多くの事業者が閉店や業務縮小に追い込まれました。
  • しかし、需要は徐々に回復しており、利用者の年間支出も上昇傾向にあります。特に高齢者や介護施設からの訪問マッサージの需要が見込まれます。

来店客数と客単価の増加:経営指標の重要性

  • 経営上の重要な指標としては、来店客数や客単価の増加が挙げられます。顧客の属性やニーズを把握し、従業員一人当たりの売上を重視することが、業績向上に繋がります。
  • この2つだけは、毎日必ず確認をする必要がありますし、うまく行っている会社は1時間単位で社長が数値をチェックしている、という事例もあります。
  • 変動と要因を迅速にチェックすることで、業績が伸ばしやすくなるのです。

キャッシュフローの管理と資金繰りの重要性

  • キャッシュフローについては、設備投資や仕入れが少なく収入が現金であるため、問題になることは少ないですが、店舗運営にあたっては初期投資が必要であり、来店客数の減少は売上減少に直結し、キャッシュフローを圧迫する可能性があります。特に、設備投資を借入金で賄っている場合は、資金繰りに注意が必要です。

人材育成の課題:高品質サービス提供のための人材の重要性

  • 人材育成も大きな課題です。労働集約型であり、顧客ニーズに応える質の高いサービスを提供するためには、優れた人材の育成が不可欠です。
  • リラクゼーション業界では、独自のカリキュラムや認定資格の取得を目指し、大手企業では独自の人材育成制度を設けています。人材の流動性が高い競争の激しい環境の中で、計画的な人材育成や適切なインセンティブの提供が、事業の成功には欠かせません。

資格が開業への鍵:あん摩マッサージ指圧師の必要性

  • 治療目的のマッサージを提供するには、あん摩マッサージ指圧師の資格が不可欠です。この資格は厚生労働省が認定する国家試験によって授与され、年に一度、東洋療法研修試験財団の管理下で実施されます。
  • 受験するためには、特定の養成施設での学習が前提となり、この資格を持つことで、あん摩マッサージ指圧師としての専門性を証明できます。
  • ただし、この資格を持っていても、医療行為としての診断を行うことは認められていません。はり師やきゅう師の資格も同様に国家資格に分類されます。

業界の成長を映すマッサージサービスの新分類

  • 業界の歴史を振り返ると、クイックマッサージは「生活関連サービス業、娯楽業」に分類されていましたが、その後の市場の成長を受け、2013年の日本標準産業分類の改定では、「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」として新たに分類されました。
  • この変更は、マッサージ業界が近年成長していることを示すもので、リラクゼーションを目的としたマッサージサービスがより一般的になりつつあることを示しています。
  • このようにして、マッサージ業界は、治療目的のサービスとリラクゼーションを目的としたサービスという二つの異なるニーズに応える形で発展してきました。

コロナ禍からの回復と消費者ニーズの変化

  • コロナ禍による需要の減少からの回復は見られますが、リモートワークの普及や消費者の意識の変化により、業績が回復しないまま廃業に至る事業者も少なくありません。
  • 顧客のニーズやライフスタイルの変化に敏感に対応することが、業界全体の課題となっています。

コンプライアンス:リラクゼーション業界の法的課題

  • コンプライアンスは、治療目的のマッサージだけでなく、クイックマッサージにおいても重要な課題です。
  • 特に無資格者の問題や、広告・宣伝時の法的制約、保険適用の場合の医師の同意や医療機関との連携など、様々な法規制に対する適切な対応が求められます。

治療とリラクゼーション:マッサージ業界の二大カテゴリー

  • マッサージ業界には、治療とリラクゼーションの目的で分かれる二つの主要なカテゴリーが存在します。治療目的のマッサージは、病気の治療や体調の回復を目指すもので、施術者は「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を取得する必要があります。この資格を持つことで、法律に則った形での事業運営が可能になります。
  • 一方、リラクゼーションを目的としたマッサージ、しばしばクイックマッサージと呼ばれるものは、特定の法的資格を必要としません。

大手との差別化:中小規模事業者の戦略

  • 大手事業者との差別化は、中小規模の事業者にとって切実な課題です。大手にはない柔軟性や、顧客一人ひとりへの細やかな配慮、独自の店舗の雰囲気などを生かしたサービスの提供が、競争優位性を高めることにつながります。
  • 価格競争ではなく、サービスの質や顧客体験の向上による差別化戦略が、今後の成功の鍵となるでしょう。

事業承継の課題と人材確保の重要性

  • 開業の1つの手法に「事業承継」が挙げられます。しかし、マッサージ屋さんは、顧客との長時間の接触により、顧客が特定の施術者に固定される傾向があります。
  • そのため、主要顧客をスムーズに引き継ぐためには、後継者と既存の施術者が並行してサービスを提供する期間を設けることが有効です。
  • また、人材確保が課題であるため、福利厚生の充実や人材育成計画の整備により、労働環境を改善し、魅力的な職場を提供することが重要です。

女性顧客の増加:業界トレンドと対応戦略

  • 女性顧客の増加とそれに伴う高い客単価は、マッサージ業界において重要なトレンドです。特に若い女性層の取り込みは、将来的なビジネス成長において欠かせない戦略の一つとなります。女性顧客が快適にサービスを利用できるよう、店舗デザインやサービスの提供方法に配慮が必要です。例えば、店内の照明を明るく保ち、プライバシーを確保するためのカーテン設置や、リラックスできる音楽の選定などが考えられます。また、女性スタッフの採用や、顧客がリラックスして相談できるスペースの設置も有効です。

付帯サービスの提供:顧客体験の向上

  • 付帯サービスの提供も、顧客体験の向上に寄与します。店内の装飾に加え、ポイントカードや割引券の提供、さらには健康増進に関する情報提供やスマートフォンアプリの開発など、顧客がリピートしやすい環境を作ることが重要です。

高齢化社会への対応:サービス展開の新たな機会

  • 高齢化社会への対応も、マッサージ業界にとっての大きな課題です。高齢者の機能維持や疼痛の緩和を目的としたサービス、例えば老人ホームやデイサービスへの訪問マッサージの提供などが求められます。この際、ホームヘルパーやケアマネージャーとの連携や、高齢者及びその家族とのコミュニケーションの重要性も念頭に置く必要があります。

サービスの可視化:リラクゼーション業界の品質保証

  • サービスの可視化は、特にリラクゼーション業界において重要な課題です。国家資格が不要なため、サービスの質を客観的に示す手段が限られていました。この問題に対応するためには、業界団体による認定試験や等級制度の創設など、サービス品質の高品質化と可視化に向けた取り組みが必要です。

治療目的とリラクゼーションの区別:業界の基本課題

  • 治療目的のマッサージでは、問診を通じて体の不調を特定し、手や指の技術で治療を行います。これに対し、クイックマッサージはリラクゼーションを目的としており、医療行為にはあたらず、「マッサージ」という名称の使用にも制限があります。これらの違いを理解し、顧客に適切なサービスを提供することが業界全体の課題となっています。

代替療法の多様性:リフレクソロジーからタイ古式マッサージまで

  • リフレクソロジー、アロマテラピー、タラソテラピー、カイロプラクティック、そしてタイ古式マッサージは、身体と心の癒しを目的とした多様な代替療法です。これらの療法は、それぞれ独自の歴史と方法論を持ち、世界中で広く受け入れられています。
  • リフレクソロジーは、足裏や手のひらの特定の部位を刺激することで、体の特定の器官や機能に影響を与えるとされる療法です。古代中国やエジプトで行われていたとされ、20世紀に科学的な研究を経て、その効果が認められ、世界的に普及しました。
  • アロマテラピーは、芳香性の植物から抽出されたエッセンシャルオイルを用いることで、心身のリラクゼーションを促す療法です。この方法は、香りを通じて感情や身体の状態に働きかけるとされています。
  • タラソテラピーは、海水のミネラルを利用した療法で、特にフランスで発祥し、ヨーロッパで長い歴史を持つ療法です。海水の温熱効果と水流のマッサージにより、ストレス解消や体調の改善を目指します。
  • カイロプラクティックは、椎骨のズレを調整することで身体機能の回復を目指す手技療法で、アメリカで発祥しました。多くの国で法制化されており、日本でも広く認知されています。
  • タイ古式マッサージは、インドから伝わったとされる療法で、ツボ押しとストレッチを組み合わせた手法です。ヨガの技法も取り入れられており、全身の柔軟性向上や筋肉のリラクゼーションを図ります。

料金体系と収益モデル:マッサージ業界の経済的側面

  • 料金体系に関しては、一般的に治療目的のマッサージは時間単位で料金が設定され、クイックマッサージはより低価格で提供されることが多いです。一方で、アロマテラピーなどを取り入れることにより、高付加価値サービスとしての価格設定も見られます。これらのサービスは、施術者の技術と労働力に依存し、対価は主に現金で回収されるのが一般的です。

マッサージ業界の運転資金と設備投資の特徴

  • マッサージ業界では、収入のほとんどが現金であり、仕入れが少ないため、運転資金の需要は一般的に低いとされます。
  • しかし、設備投資に関しては、開業時の初期投資や店舗・施術所の増改築、医療用機器の更新などに費用が発生します。これらの費用は、資金調達の必要性を生じさせる主な要因となります。

財務状況の分析:現金決済と高い売上総利益率

  • 財務状況の観点から見ると、現金決済が中心であるため、買入債務の回転期間が短く、また、仕入れが少ないため売上総利益率が高いことが特徴です。この業界は労働集約型であり、人件費率が高くなりがちです。小規模で事業を運営する場合はこの傾向が顕著ですが、チェーン展開するような大規模事業では、設備投資や販売促進費が増加し、財務状況に変化が見られることがあります。

「あん摩マッサージ指圧師」の就業者増加と市場の動向

  • 事業者数に関しては、「あん摩マッサージ指圧師」の就業者数は増加傾向にあります。一方で、単一の施術を提供する施設は減少しているのに対し、複数の施術を提供する施設は増加しています。これは、多様なサービスを求める顧客のニーズが高まっていることを示しています。

経営改善戦略:販売促進と差別化による顧客獲得

  • 開業後の経営改善のためには、来店客数を増やすための販売促進活動が一つの手段ですが、他社との差別化を図り、客単価の向上や固定客の獲得によって利益率と回転率を高める戦略も重要です。独自のサービスを提供することで、顧客の満足度を高め、リピーターを増やすことが業績安定化の鍵となります。

デジタル化対応:オンライン集客とサービス提供の革新

  • デジタル化への対応も業界に新たな課題をもたらしています。インターネットを活用したサービス提供や集客の取り組みが増加しており、例えば、YouTubeに体のケアに関する動画をアップロードしたり、SNSでワンポイントアドバイスを発信するなどの活動が見られます。これにより、対面サービス中心の業界でも、デジタル技術を活用した広告宣伝や顧客管理の効率化が可能になっています。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次