「ゴルフスクール」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「ゴルフスクール」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

新規顧客獲得戦略と継続率改善方法

  • 新規顧客の獲得には、無料体験レッスンや低価格の入門コースの提供が有効です。また、子供向けの育成プログラムや趣味としてのゴルフレッスンなど、幅広いニーズに応えることが集客につながります。
  • 顧客の継続率を上げるためには、カリキュラムの充実が必要です。基本的なクラブの握り方やスタンスから、より高度な技術やマナーまで、細かくテーマを設定し、顧客のレベルに合わせた指導が求められます。
  • ラウンドレッスンやゴルフキャンプなど、室内練習から実際のコースでのプレイへと移行するプログラムも重要です。これにより、ゴルフの楽しさをより深く体験してもらうことができます。
    顧客同士でのつながりを強化することで、退会率を下げる効果もあります。

フィットネスクラブとの競争とゴルフスクールの価値提供

  • 近年、多くの大手フィットネスクラブでは手頃な価格でゴルフレッスンを提供しているため、屋外の大規模な練習場だけでなく、これらのフィットネスクラブも競争相手として位置付ける必要があります。顧客がゴルフスクールに期待するのは、自身のゴルフ技術の向上です。そのため、彼らに技術向上を実感してもらうためには、丁寧な指導、明確な説明、そして顧客が納得できるようなサービスが重要です。

ゴルフ教室の立地選定と顧客サービスの重要性

  • 教室の立地や施設に関しては、ビルの一室や屋上などを活用していることが一般的です。十分な顧客を確保するため、住宅街にある場合でも駐車場の完備が必須です。
  • ビル内にある教室では、駅からのアクセスの良さ、持ち物なしでの参加、都合の良い時間に予約が取りやすいなど、顧客の多様な要望に応えるようなサービスを提供しています。

女性や初心者をターゲットにしたゴルフ市場の拡大戦略

  • かつて男性が中心だったゴルフ市場ですが、現在では女性層の開拓も進んでいます。屋内ゴルフ教室では、駅チカの立地や冷暖房の整った環境、持ち物不要での参加、丁寧な指導、ロッカーやクラブの貸出しサービスなどを提供し、気軽に訪れやすい環境づくりに力を入れています。

室内ゴルフレッスンの利点と運営上の課題

  • 室内でのゴルフレッスンでは、天候に左右されることなく一年中練習が可能というメリットがあります。特に雪が降る地域では、このメリットはさらに大きくなります。
  • しかし、打席数とインストラクターの数が合致しない場合、互いに待ち時間が生じる可能性があるため、適切なインストラクターの配置と予約システムの整備が求められます。
    これは、ゴルフスクールに限った課題ではなく、スクールビジネス全般に言える課題です。

ゴルフ業界の市場動向と新規事業機会

  • 市場規模に関しては、「令和3年経済センサスー活動調査」によると、ゴルフ練習場の事業所数は1,747カ所で、1999年以降、減少傾向にあります。従業員数も23,409人と減少しており、この傾向にブレーキがかかっていません。
  • しかし、売上高や利用者数は近年増加しており、ゴルフの低価格化や新型コロナウイルス感染症の影響が限定的だったこと、また女性や子供を含む新しい顧客層の獲得が背景にあると考えられます。
  • 屋外練習場は、マンションや商業施設、ソーラーシステムへの転換が見られる一方で、新規参入は主に室内のインドアゴルフスクールが占めています。

室内インドアゴルフスクールの成長と屋外練習場の縮小

  • 全日本ゴルフ練習場連盟の公式サイトによると、全国にあるゴルフ練習施設の内訳は、室内練習場が1,322箇所、屋外練習場が2,364箇所となっており、室内施設の方が少ないものの、前年と比較して室内は57箇所増えているのに対し、屋外は31箇所減少しています(2022年10月のデータによる)。

地域によるゴルフ練習施設の分布とその背景

  • 日本各地での分布を見ると、室内のゴルフスクールは特に首都圏、中京圏、関西圏などの大都市圏に集中しています。これは、都市部の人口密度が高いことが影響していると考えられますが、地方ではゴルフコースへのアクセスが比較的容易で、広い土地を確保することも難しくないため、屋外練習場が多く見られます。
  • また、気候条件も一因となっており、特に雪が多い地域では屋外練習場が雪により使えなくなるため、室内練習場が必要とされています。

ゴルフスクールの顧客体験向上戦略

  • 指導方法のIT化も重要な課題です。スイング分析やヘッドスピードの計測などを行うIT機器の導入は必須であり、シミュレーションを行える設備も必要です。顧客が短期間で実感できるほどのスキルアップを実現できるかが、スクールの成功の鍵を握ります。また、顧客の上達を確認し、経験を積む機会として、ラウンドレッスンやイベントの開催頻度も検討する必要があります。
  • スクールの環境としては、閉鎖的な空間であるため、明るく活気のある雰囲気を作り出すことが大切です。インストラクターの態度においても、顧客目線での接客が求められます。

若者と女性を中心としたゴルフ市場の活性化

  • 若者のレジャー活動も多様化しており、eスポーツなど新たな分野が注目を集めています。その中で、ゴルフ業界全体では若い世代へのゴルフの普及を目指し、「Gチャレ」という体育授業の実践プログラムを導入するなどの取り組みが行われています。これにより、ゴルフスクールには20代から30代の若い層が徐々に参加するようになり、子どもを連れて参加する親も見られます。
  • 女性においても、高級感のある趣味としてゴルフを楽しむ人が増えており、特に高齢の女性の参加も増加しています。活動回数や年間平均費用も上昇傾向にあり、レジャー業界全体と比較しても、ゴルフ練習場は健闘している状況が伺えます。

パンデミック下でのゴルフスクール運営の安全対策

  • 市場の特性として、屋外で楽しむスポーツであるゴルフは、新型コロナウイルス感染症の影響を比較的受けにくいという特徴があります。
  • ただし、室内でのゴルフスクールでは、顧客が「密閉空間」への懸念を持つこともあるため、消毒や換気、マスク着用を徹底し、三密を避けながら運営を行っています。

ゴルフスクールの多様なビジネスモデルとその機会

  • ゴルフスクールは基本的に、「屋外」と「屋内」の2種類に分けられ、さらにそれらは打席の数によって、10席以上ある大規模なものと、2席から10席程度の小規模なものがあります。ここでは、主にゴルフ教室を主業務としている事業者に焦点を当てます。これは、一般的な大規模な練習場に併設されている教室とは異なります。
  • ゴルフスクールにはさまざまな形態が存在します。その中には、ゴルフの初心者を含む一般向けの教室、大手ゴルフ用品店が自社製品の販売促進のために設けた教室、フィットネスクラブ内で提供される教室、プロのインストラクターが生計を立てるために開校した教室などがあります。

効果的な宣伝方法と顧客獲得戦略

  • 開業にあたっては宣伝活動も重要な要素です。多くのゴルフスクールがビルの室内に設けられているため、通常の看板広告などでの訴求が難しい状況です。そのため、インターネット広告、新聞の折込広告、地域のフリーペーパーへの広告掲載などが効果的とされます。

テクノロジーを活用したゴルフレッスンの進化

  • 予約がオンラインで行えるようにウェブサイトを整備し、スマートフォンからのアクセスも容易にすることが望ましいです。SNSを活用することで、動画による指導などを提供し、いつでもどこからでも無料でアクセスできる環境を作ることが重要です。
  • YouTubeなどで提供されているゴルフレッスン動画に慣れている若い世代をターゲットに、リアルな指導の魅力をSNSで積極的に発信していくべきです。

都心部における室内ゴルフスクールの革新

  • 室内のインドアゴルフスクールはそれほど広いスペースを必要とせず、気候の影響も受けにくいため、増加傾向にあります。特に都心部では、ビルの空室を利用したゴルフスクールが増えており、こうした施設ではビデオ撮影を用いた指導などを行っています。

ゴルフ練習の多面的アプローチとコース連携の重要性

  • ゴルフの練習は、単に練習場で打つことだけが目的ではありません。レッスンで学んだ技術の定着、様々な状況での対応能力の向上、コースマネジメントの理解なども重要です。これらを実現するためには、ラウンドレッスンやゴルフキャンプが有効であり、近隣のゴルフコースとの連携も重要になります。

利用率向上のための施設運営と市場戦略

  • 首都圏の市場は広大ですが、平日であっても継続的に家賃が発生するため、できる限り利用率を高めることが必要です。そのため、多くのゴルフスクールは、仕事帰りに立ち寄りやすい駅近くで営業時間を長く設定しています。

多様な料金体系と前払い方式の採用

  • 料金体系には、月謝制や、期間別、回数別に設定されたコースがあります。例えば、毎週1回のレッスンで月額13,000円から15,000円の自動振替、または3か月で6回のレッスンを終えてコースデビューするプラン、時間単位で予約し、1回4,000円程度のチケットを購入する方式などがあります。
  • 一般的な室内スクールでは、5~6名が同時にレッスンを受けますが、個人レッスンを希望する顧客のニーズに応えるスクールも存在します。ボール代は一般的に無料です。経営戦略として、コース方式やチケット方式を採用する場合、料金を前払いで徴収し、チケットに有効期限を設けることが一般的です。

キャッシュフロー分析とコスト削減の重要性

  • キャッシュフロー分析では、売上総利益率が黒字企業の平均で約80%であるものの、その多くが販売費や一般管理費によって消費されています。特に一般管理費とティーチングプロへの報酬が大きな割合を占めており、これらのコスト管理がゴルフスクール運営のキーとなります。
  • ゴルフスクールの運営では、家賃のように固定された月額のコストの管理が重要ですが、インドア環境での光熱費削減も見逃せません。
  • 特に、照明の明るさや室温の快適性は顧客の満足度に直結するため、節約を理由にこれらを犠牲にしてはなりません。また、シャワー設備がある場合は、水周りの清掃を怠ると不快な臭いが発生するため、定期的なメンテナンスが必要です。

開業資金の調達と関連法

  • 新規開業時には、特に法規制に注意する必要はありませんが、地方公共団体の助成金やセーフティネット貸付などの金融支援を活用することが資金調達の選択肢となります。

ゴルフスクール設備の構成要素とその役割

  • ゴルフスクールの設備としては、打席、ネット、人工芝、受付カウンター、待合スペースの椅子やテーブル、BGMを流すための装置、飲料の自動販売機、冷暖房設備、ゴルフシミュレーション機器などが必要です。
  • また、個別レッスンのためのカルテを管理するためのコンピューター、プリンター、モニターも必要になります。レッスンには、貸し出し用のクラブ、一般的な練習用具、ボール、簡易なボール回収機も欠かせません。理想としては、パッティング練習用の人工芝エリアや、バンカー練習用の砂のある打席も設けると良いでしょう。更衣室やシャワー設備があれば、利用者にとってさらに魅力的です。

ゴルフスクールの打席設計と営業戦略

  • 打席の設計においては、天井の高さが重要な問題となります。ボールが天井のネットに当たらないよう、適切な高さの設定が必要です。これは、ボールが天井に当たることを避けるためです。

ゴルフスクール運営の主要コストと収益性

  • ゴルフスクールの運営におけるコストとしては、家賃、人件費、ウェブサイトの運用費用が主なものですが、これらの運転資金は定期的に資金調達をする必要性は比較的少ないと考えられます。
  • スポーツ・健康教室の財務状況を示す資料によれば、2021年度の黒字企業の平均純売上高は1億290万円で、新型コロナウイルスの影響を受けていたものの、2022年度には回復しています。

ゴルフスクールの営業時間と顧客ニーズへの対応

  • 営業時間は、ゴルフ用品店内に設けられたスクールと、一般のビル内にあるスクールでは異なります。前者は用品店の営業時間に準じますが、後者は特にサラリーマンをターゲットとしており、早朝から深夜まで開けていることがあります。

ゴルフ人気の変遷と練習場業界への影響

  • 過去にはゴルフを楽しむ人々も多く、ゴルフ人気も高かった時代がありましたが、趣味の多様化や新しいスポーツの登場により、ゴルフの人気は一時期下降傾向にありました。特にバブル経済崩壊後、費用がかかるゴルフは敬遠されがちになり、ゴルフ場の倒産も増え、それに伴ってゴルフ練習場も顧客を失い、業態転換するケースが相次ぎました。屋外練習場は広い土地が必要で、さらに地域の用途制限もあり、新規に開業するのが難しい状況です。

ゴルフスクール運営におけるIT化と顧客利便性の向上

  • 大手ゴルフメーカーが運営する室内練習場では、予約をスマートフォンで行ったり、ラウンドレッスンの情報をメールで受け取ったりするなど、顧客の便利さを追求する動きがあります。そのため、ゴルフスクール運営側にも、顧客の利便性を高めるための取り組みが求められています。
  • 特にビルの一室を利用してスクールを開設する場合、集客を目指すためには適切なシステムやウェブサイトの運営技術が不可欠です。競合となる大規模な練習場でも、予約システムやスイングチェッカーなどのIT化が進んでおり、これらの技術導入がスクールの成功に大きく関わっています。

コース設定の多様化と各顧客層への対応

  • 顧客の支払い方法は、ほとんどの場合、前払い方式が採用されています。コースは通常、初心者向け、一般向け、ジュニア向けなどに分けられており、主婦向けのデイコースや会社員向けのナイトコースなど、様々なニーズに合わせたコース設定が行われています。一回あたりの料金は約3,000円から4,000円で、レッスン時間は30分から60分が基本です。プライベートレッスンでは、1対1での指導が行われ、料金はセッションあたり約1万円から2万円が一般的です。

ゴルフスクール開業資金調達と設備投資の重要性

  • 設備投資を行うため、大きな開業費用が必要になります。開業資金には、ビルの賃貸保証金、内装工事、ネットや照明、冷暖房設備、自動販売機、BGM装置、人工芝、家具類、貸し出し用のクラブや靴、宣伝用のポスターやリーフレットなどが含まれます。
  • 特に内装工事とIT設備に大きな投資が必要です。内装工事では、ビルの一室を改装し、適切なネットの強度や天井の高さの調整、必要に応じてバンカー設備の設置などが求められます。
  • 「天井の高さが必要である」というのが、ゴルフスクール開業における特徴の1つです。
  • IT機器には、ゴルフシミュレーターやスイング解析のための定点カメラ、大型モニター、プリンターなどが必要で、これらの設備にはハードウェアだけでなくソフトウェアも必要です。
  • 予約システムについても、顧客がいつでもアクセスできるようなシステムが求められます。さらに、ウェブサイトの立ち上げと維持にも初期投資とランニングコストがかかります。
  • 開業初期は収益が安定しないため、開業資金には余裕を持つことが重要です。このような開業プロジェクトをサポートする専門業者も存在します。
    フランチャイズへの加盟を検討するのも有効な選択肢です。

新型コロナウイルス対策と安全管理

  • 新型コロナウイルス感染症対策としては、体温測定、手指の消毒、換気設備の整備などが必要です。感染症発生時の対策プランも策定する必要があります。

レッスン収入と運営コストのバランス

  • ゴルフスクールの収入の大部分はレッスン料から得られます。クラブ販売などの付随収入は少なく、販管費の大部分は人件費(ティーチングプロや受付スタッフ)と家賃が占めます。
  • その他のランニングコストには、ウェブサイトの管理費、ゴルフシミュレーターのリース料、機器購入のための借入金の返済などがあります。
  • 営業利益がマイナスになるケースとしては、事業の特性上、固定費の削減が難しく、顧客獲得のための販売費や一般管理費が増加することが理由となる場合が多いです。

固定資産と運営コストの管理

  • 「ゴルフスクール」の固定資産については、ゴルフの屋外練習場に比べて必要となるものは少なく、主に空調設備やシミュレーター、カメラ、モニター、パソコン、プリンターなどです。
  • 開業時を除き、大規模な修繕や資金投資の必要性は低いため、運営コストが収入に対して過大になっていないかをチェックする必要があります。

人件費の効率性とコスト管理

  • 人件費に関しては、ティーチングプロへの報酬が大きな部分を占めますが、それが過大でないか、またフロントスタッフや工房、メンテナンススタッフが効率的に働いているかを検証することが重要です。

ゴルフスクールの集客戦略と稼働率向上

  • 集客はゴルフスクール経営者にとっての最大の課題です。高い稼働率を達成することで収益が向上します。認知度を高めることが第一歩であり、特にビルの一室を利用しているスクールは目立ちにくいため、ホームページやSNSの活用が重要です。既存の受講生をターゲットにした情報発信も効果的です。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次