「幼稚園」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「幼稚園」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

少人数制教育の普及と教職員数の増加

  • 学級数は2010年度まで比較的安定しており、少人数制の学級が増えています。現在、35人以下の学級が全体の99.6%を占めており、少人数での教育が一般的になっています。
  • 幼稚園の教職員数に関しては、1978年度に在園者数が最高点を迎えた後も、教職員の数は増加傾向にあり、2014年度には13万人台を維持しました。
  • これは、少人数制のクラスが増え、結果としてクラス数が安定していたことにより、適切な教職員数が必要だったためです。

出生人口減少による幼稚園運営への影響

  • 幼稚園が直面している主な課題は、出生人口の減少です。幼稚園の通園範囲と通園年数の限定性から、社会の変動に敏感で、地域によっては定員割れや定員超過が生じることがあります。また、同一地域内でも短期間に定員状況が変わることもあります。
  • 日本の出生人口の減少は、経済や社会にとっても大きな関心事となっています。近年、出生人口は減少を続け、合計特殊出生率は2.07という人口維持に必要な水準を大きく下回っています。
    2021年には、出生数が81万1,622人と過去最低を記録し、6年連続で100万人を下回りました。
  • 出生数は1949年をピークに減少しており、合計特殊出生率も2021年には1.30と前年より低下しました。特に、34歳以下の女性の出生率が低下しており、出産可能年齢の女性人口の減少が見込まれる中、出生人口のさらなる減少が予想されます。
    これは、幼稚園運営にとって大きな課題であり、今後の経営戦略に影響を与えるでしょう。

私立幼稚園運営の基準と質の高い教育提供の責務

  • 幼稚園を運営するにあたっては、学校教育法に基づく設置基準を遵守する必要があり、これには学級ごとの園児数、専任教諭の配置、園舎や運動場の面積などが含まれます。
  • これらの基準を満たし、適切な教育環境を整えることが、私立幼稚園にとっての責務であり、質の高い幼児教育を提供するための基盤となります。

幼稚園と保育所の役割統合に向けた議論

  • 幼児教育を巡る環境は、幼児教育の重要性の認識の高まり、家庭内での教育方法、そして女性の職場への参加や労働時間など、多方面にわたり大きく変化しています。
  • これらの変化は、保育の現場が様々な社会的要求に応えなければならない状況を生んでいます。特に、幼稚園と保育所の役割の統合に関する議論は、長年にわたり行われてきました。
  • 保育所は0歳から学齢期前の子どもを対象とした福祉施設であり、一方で幼稚園は3歳以上の幼児を対象とする教育機関です。
  • 幼稚園は教育を、保育所は生活養護をそれぞれの主目的としていますが、実際には3歳から小学校就学前までの期間においては、両者の役割は類似しています。
  • 現実には、幼稚園の不足を保育所が補う形で相互に補完し合っている面があり、一方が他方の役割を担うことも少なくありません。
  • 両施設は、教育や保育にとどまらず、幼児一人ひとりの全人格的な発達を目指しています。文部科学省と厚生労働省は、このような現実と制度の矛盾を解消するために、両施設の更なる連携に向けた検討を進めています。
  • 2001年の臨時教育審議会は、幼稚園と保育所がそれぞれのニーズに適切に応えるよう、制度の整備を進めることを提言しており、施設の共用化や教育・保育内容の整合性確保など、さらなる協力の強化が求められています。これにより、家庭や社会の変化に柔軟に対応し、幼児教育の質の向上を図ることが期待されています。

認定こども園設立法と幼保一体化の推進

  • 2003年の「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2003」を受けて、2006年10月には「認定こども園設置法」が施行されました。
  • この法律は、就学前の子どもへの教育や保育、そして保護者への子育て支援を総合的に提供する「認定こども園」の設立を目的としています。
  • 認定こども園は、従来の保育所と幼稚園の機能を統合した施設で、働く親に限らず全ての親が利用できる特徴を持っています。

幼稚園開業・開園に関連する法律

  • 業界固有の規制として、学校教育法や私立学校法、子ども・子育て支援法などが挙げられます。
    また、補助金や助成金、税務上の優遇措置など、国や地方自治体からの支援があります。
    これらの規制や支援策は、幼稚園経営において留意すべき重要な要素です。

教育の質の向上と地域社会との連携強化

  • 近年では、数量だけでなく教育の質の向上にも注力しています。家庭や地域社会との連携を強化し、2006年度からは「幼児教育振興アクションプログラム」が施行されています。2012年には子ども・子育て支援の新たな制度が導入され、幼稚園の役割や運営に新たな課題が生じています。

戦後の幼稚園の公的役割の確立

  • 第二次世界大戦後の1946年、教育制度の改革の一環として「幼稚園令」が改正され、翌年には学校教育法及び学校基本法が制定されました。これにより、幼稚園は正式に学校教育の一部と認められ、小学校に先立つ教育機関としての役割を果たすようになりました。

認定こども園の普及と子ども・子育て支援新制度の影響

  • 私立幼稚園の財政における別の懸念事項は、基本金の組み入れ比率が低いことです。
    これは、全国の私立幼稚園が設備投資に消極的であることを意味します。多くの幼稚園は、設備投資を控えることで、借入金の返済に必要な最低限の基本金を組み入れ、財政の均衡を保っていますが、この状況は好ましくはありません。

私立幼稚園の収入構造と補助金依存度の増加

  • 全国の私立幼稚園の状況を見ると、事業活動収入内でのその他の収入の増加傾向が見られますが、納付金は減少している一方で補助金の額は増加しています。
  • この傾向は、子ども・子育て支援新制度や幼児教育の無償化の影響によるものです。費用の面では、人件費をはじめとする教育管理経費やその他の経費が増加しており、補助金への依存度が高まっています。

幼保連携型認定こども園における保育教諭の育成

  • 教員不足の問題に対応するため、幼保連携型認定こども園では、幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を持つ「保育教諭」の育成に向けた特例制度が設けられています。
  • この制度は、幼稚園教諭と保育士の双方の国家資格を有することを要件としていますが、資格を持つ人材はまだ少ないため、特例措置が設けられ、期限が延長されました。
  • 特例措置では、一方の資格を持ち、一定の勤務経験がある人が対象となり、もう一方の資格の取得が容易になっています。

幼稚園教諭の給与改善と人件費の向上

  • 幼稚園教諭の給与は改善されている傾向にあり、教職員の人件費も地区ごとに見ると、全体的に向上しています。
  • この背景には、「子ども・子育て支援新制度」の下での私立幼稚園への支援強化や、施設型給付を受ける園、認定子ども園の給与水準の向上に向けた取り組みがあります。
    これにより、幼稚園教職員の待遇改善が進んでいると言えます。

少子化対策と幼稚園への新たな政策影響

  • 政府は少子化対策として「少子化社会対策大綱」を更新し、多子世帯や低所得者家庭への支援強化を目指しています。
  • これらの政策変更は、幼稚園を取り巻く環境に大きな影響を与えるため、しっかりと都度内容を把握することで、資金調達などにも役立てることができます。

幼児教育費用負担軽減策と施設間の格差

  • 2019年10月に始まった幼児教育および保育の費用負担軽減策は、全ての施設で一律に適用されるわけではありません。
  • 具体的には、施設型給付の対象となる施設では、3歳から5歳の子どもは教育・保育が全額支援の対象となりますが、対象外の幼稚園では、支援の上限が月額25,700円に設定されています。
  • このため、実際には保護者に負担がかかる場合が多く、施設間での格差が生じています。

幼稚園業界の現状と私立幼稚園の増加傾向

  • 幼稚園の数に関しては、1985年度に最多を記録した後、年々減少傾向にあります。特に私立幼稚園の割合は増加しており、その変化が顕著です。
  • 在園児数も1978年度の約250万人から減少し、2015年度には約140万人にまで減り、更に2022年度には100万人を下回る状況です。私立幼稚園における在園児数の割合は、1980年度の73.4%から2022年度には87.4%に上昇しています。

就園率の変化と地域間の格差

  • 就園率(つまり小学校入学前の子どもたちの幼稚園修了率)は、1980年度をピークに低下しています。地域によって就園率に大きな差があり、特に都道府県ごとにみるとその差異は顕著です。

経済的安定性と地域ニーズへの応答

  • 幼稚園は公的な性格を持ち、設立や運営には法律や行政規則による厳しい制約があります。経済的側面では、収入と支出が比較的予測可能であることが特徴です。
  • 全国の約17.7%の地域では幼稚園が設置されておらず、過去20年以上の間に文部科学省は幼稚園の普及に力を入れ、未設置地域の減少に成功しました。

子ども・子育て支援新制度と教員確保の課題

  • 「子ども・子育て支援新制度」の導入に伴い、園児数や一時預かり(保育)の需要が増すことが予測される中で、教員の確保は一層重要になります。
  • しかし、20歳の人口は1995年をピークに減少しており、特に教員を目指す若年層の減少が教員確保の難しさを増しています。養成校においても、定員削減が進んでおり、教員確保に暗雲が立ち込めています。

設備投資への消極的姿勢と財政均衡の持続課題

  • 厚生労働省と文部科学省の間の既存の体制の壁が高く、認定こども園の普及は当初は進みにくかったです。それでも、「子ども・子育て支援新制度」が2015年4月1日にスタートしたことで、認定こども園の数は大幅に増加しました。
  • 2015年4月1日時点での認定件数2,836件から、2022年4月1日現在では9,220件にまで増加し、特に幼保連携型の認定が中心となっています。

子ども・子育て支援新制度への移行状況

  • 「子ども・子育て支援新制度」の導入以降、2021年4月1日時点で全体の約55.3%の園が新制度に移行しており、2022年度末までには約59.1%が新制度に移行する見込みです。
  • 新制度への移行は、私立幼稚園にとって3つの類型から選択することを意味し、移行した園からは職員の処遇改善、財政支援による経営の安定化、職員配置の増加などがメリットとして挙げられています。

事故防止対策と安全管理の強化

  • 事故防止に関しては、内閣府の報告によると、教育・保育施設での重篤な事故が増加傾向にあり、これは職員不足やオペレーションの不備が原因の一つとされています。
    重大事故防止のためのガイドラインが提供されており、特に送迎バスでの安全管理が必要となっています。

収支分析の重要性と経営健全性の評価

  • 事業運営における収支分析は、組織の財務健全性を評価する上で不可欠な要素です。収入と支出の成長率を比較することで、組織が成長軌道にあるかどうかを判断できます。
  • 特に、事業活動による収入の増加率が、関連する支出の増加率よりも高い状態が理想的です。
    また、人件費は支出全体の大きな部分を占めるため、その増加率には特に注意が必要です。
    一般的に、人件費が全支出の65%程度を占めているとされます。

納付金と補助金の重要性と人件費管理

  • 経常収入の中で、基本的な収入源としての納付金の割合は、教育機関にとって非常に重要です。これは、教育の基盤となる財源と見なされています。
    同様に、補助金も基本的な収入として位置付けられ、その比率を把握することが重要です。
    人件費の割合が経常支出全体で非常に大きなウェイトを占める場合、これは教育と研究の資金に影響を及ぼす可能性があり、教育の質の低下に繋がる恐れがあります。
    理想的な人件費の割合は約55%とされています。

財務状況の適切なバランス

  • 経費の割合が極端に低い場合、これは教育還元率が不十分であることを示唆しており、詳細な分析が求められます。一方で、経費比率が適切な範囲内で高いことは、収支のバランスを保ちながら教育への再投資が行われていることを意味します。
  • 借入金の利息負担比率が低いことは、財務的に望ましい状態を示しています。
    消費支出比率が100%を超える場合、消費収入だけでは支出を賄うことができないことを意味します。

貸借対照表の構成比と財政安定性

  • 貸借対照表の分析では、バランスの取れた構成比が重要です。組織の財務状況を理解し、自己資金を増やすための努力が必要です。
  • 純資産の構成比率が高い場合、これは財政的に安定していることを示しています。
  • 固定長期適合率を100%以下に保つことは、過度の借入金依存を避けるために重要です。
  • 流動比率は、学校法人の場合、100%から200%の範囲内で適切であるとされていますが、200%を超える場合は、長期的に有利な運用を検討することが必要となります。

私立幼稚園の経済状況と経営上の困難

  • 私立幼稚園の経済状況は、1978年以降、徐々に困難になってきました。納付金と補助金からなる基本的な収入だけでは、人件費とその他の経費を含む基本的な支出を賄うことが難しくなっています。
  • 特に、園児数が170名を下回り、人件費の割合が60%以上になると、経営が危険な状態にあると見なされます。

納付金調整による経済的安定化の必要性

  • 納付金の調整を通じて経済的安定を図ることが、必要となっています。安定した納付金を確保し、基本的な収入に依存する構造を築くことが必要であり、これには教育内容を充実させ、理解と支援を得るための努力が求められます。

幼稚園運営における法的規定と運営ポイント

  • 幼稚園の日常運営には、学校教育法や私立学校法に基づいて、高等学校や大学などと同様に厳格な規定があります。その中で、園の運営に当たって留意すべきポイントは多岐にわたります。
  • まず、園の建学の精神が保育・教育内容の目標として明確にされているかを確認すること、保育の流れや目標、教育課程、指導計画の正確な理解と把握が必要です。
  • 教職員の勤務状況や休暇などの管理、職務分掌の明確化と実行、園内の安全管理、理事長や園長の方針の教職員への浸透、保育の質の向上に向けた検討、公文書の適切な管理、地域や近隣の幼稚園との関係、保護者会の支援、理事会や評議会の適正な運営などが挙げられます。

幼稚園財務状態調査の重要ポイント

  • 財務分析においては、学校法人幼稚園が学校法人会計基準に基づき作成する計算書類を活用することが推奨されます。
    特に、事業活動収支計算書と貸借対照表が分析の中心となります。
    これらの書類に基づいた分析を通じて、幼稚園の財政状態を正確に把握し、適切な経営判断を行うことが可能になります。
  • 例として挙げられる2020年度の幼稚園法人の決算数値は、全国平均での一法人当たりの事業活動収支計算書と貸借対照表を示しており、これらのデータは幼稚園経営の財務状態を理解する上で有用な参考情報となります。これらの情報を基に、幼稚園は経営戦略の策定や財政状態の改善に取り組むことができます。

市場環境の変化と幼稚園数の減少傾向

  • 出生率の低下に伴い、園児数が減少する一方で、競争は激化し、市場環境は厳しくなっています。幼稚園の認可定員数は1984年度に最高点を迎えた後、減少しており、この傾向は幼稚園数や在園者数にも見られます。

教職員の資質向上と保育の質の確保

  • 幼稚園を運営するには、教職員の資質向上のための研修への積極的な参加、外部機関との連携、保健衛生管理、年間行事の計画、公益法人としての役割の認識と遂行なども重要な要素です。
  • これらの運営上の留意点は、幼稚園が高品質の教育を提供し、子どもたちの健全な成長と発達を支えるために不可欠な要素となっています。

幼稚園経営の財務計画と予算管理

  • 幼稚園経営においては、収入と支出の時期がおおよそ決まっており、年度初めには収入の大部分が確定しています。
  • 入園時の納付金、補助金、利息収入などは予測可能であり、予算策定時には支出の大部分も確定しています。不確定な部分については予備費を設けて対応します。
  • これにより、幼稚園は計画的かつ安定した運営を目指すことができます。

施設設備の計画的更新と教育品質

  • 施設設備の計画的な更新は、幼稚園の持続にとって非常に重要です。教育の質は施設や設備だけに依存するものではありませんが、整備された環境下では教育活動がより効果的に行え、結果として良い教育効果が期待できます。また、施設や設備の状態は園児募集や教職員の確保にも影響を及ぼします。

教育制度の進化と幼稚園の制度化

  • 文部省(現在の文部科学省)は1899年に幼稚園に関する初めての独立した法令「幼稚園保育及び設備規程」を制定し、幼稚園の運営基準を定めました。さらに、1926年には「幼稚園令」が施行され、幼稚園の制度がより整備されました。

補助活動の重要性と教育目標との整合性

  • 補助活動については、幼稚園が提供する課外教室や、卒園生・保護者向けの教室、物品販売、給食サービス、保育サービス、スクールバスの運営などが含まれます。
  • これらの活動からの収益の魅力は日々増していますが、公的な教育機関として、これらの活動が教育目標と矛盾しないことが求められます。
    特に、小規模な幼稚園にとっては、これらの収益活動にはリスクを伴うこともあります。

新型コロナウイルス対策の重要性とガイドライン

  • 幼稚園が新型コロナウイルス対策と事故防止対策にどのように取り組んでいるかの確認は重要です。これにより、幼稚園の安全性と教育環境の質を維持するための戦略を策定できます。
  • 新型コロナウイルス感染症対策として、文部科学省は幼稚園向けの衛生管理ガイドラインを提供しています。
    これには、幼児が感染予防の重要性を理解できるように説明方法を工夫すること、遊び方を工夫して接触を減らすこと、保護者同士の接触を避けるための送迎の配慮、臨時休業時の保育提供の調整、そして地域の実情に合わせた事例集の活用が含まれます。

私立幼稚園の新制度移行における懸案事項

  • 新制度への移行をまだ行っていない幼稚園では、新制度に伴う事務作業の変更や増加への不安、独自の教育方針の継続可能性への懸念、義務化や利用調整への不安が主な懸案事項として挙げられています。
  • これらは、新制度への移行に際して幼稚園が直面する課題であり、今後の展開に注目が集まっています。

私立幼稚園の収入源と教育質のバランス

  • 私立幼稚園では、園児からの入園料や保育料などの納入金が主要な収入源となっています。質の高い教職員を確保し、教育環境を持続的に向上させるには、単に入園料や保育料を下げて園児数を増やすことだけに注力するのではなく、幼稚園としての使命を果たすために必要な納入金額を見極め、それに見合った質の高い教育を提供することが求められます。これは私立幼稚園にとって重要な役割であり、今後の大きな課題です。

大規模施設更新のための長期計画と資金確保

  • 建て替えや全面改築などの大規模な施設更新計画には、通常5~10年の長期的な計画が必要であり、この段階で特定の資金(特定預金や資産)を確保することが賢明です。
  • これは、具体的な計画に基づき、理事会の承認を得て行うべきです。例えば、園舎改築のための特定預金を設定し、所定の期間毎年計画的に資金を積み立てるよう予算を組むことが一般的です。

幼稚園設置に必要な条件と許認可プロセス

  • 幼稚園の設置には許認可が必要で、設置を望む場合はいくつかの条件を満たす必要があります。これには、予測される出生率や乳幼児人口の需要、周辺園との距離、居住地区との距離などが含まれます。
  • 公立幼稚園は通常、1学区に1園の原則がありますが、私立幼稚園ではバス通園を取り入れている場合も多いですが、基本的には幼児が安全に徒歩で通える距離にあることが望ましいとされています。

幼稚園が生まれた歴史的背景

  • 日本における初めての幼稚園は、1876年に東京女子師範学校に併設されたもので、これが後の幼稚園設立の模範となりました。
  • 翌年には、私立の領域でも桜井女学校が付属幼稚園を開設し、キリスト教の教えを取り入れた教育を行いました。その後、宗教に基づいた幼稚園が増え、幼稚園数は増加の一途をたどりました。

長期資産管理と資金調達の重要性

  • 特定預金や資産は長期間保有されるため、安全で利回りの良い金融商品への投資ニーズが高いです。また、設備更新の際の資金調達の必要性も高いビジネスです。
  • 幼稚園では、日々の資金の流れが比較的単純であるため、複雑な資金繰りは必要ありませんが、賞与支払い、借入金の返済、施設更新費用、特定預金への積立、有価証券の購入など、大きな資金が動く取引に関しては事前に予算化し、計画的に管理することが重要です。

年間資金計画と幼稚園経営の安定性

  • 年間を通じた資金計画の有無は、幼稚園経営の健全性を判断する上で重要なポイントとなります。計画的な資金管理により、幼稚園は安定した運営を維持し、質の高い教育環境を提供することができるようになります。
  • 開業にあたり、幼稚園経営の財政状態を調査する際には、いくつかの重要なポイントを把握することが必要です。
  • 保育料を含む納付金額が財政状態に見合っているか、経常収入に占める経常費等補助金の割合、教職員の構成や給与の適切性、経費の効率化、設備投資や修繕費の計画的な予算化、特定預金や資産への積立計画の有無とその実施状況、資金計画の立案と資金運用の効果性、給与規定の妥当性、経理規定や会計処理の適切性、補助活動事業の評価、スクールバスの導入検討、金銭出納の権限とチェック体制、収支の長期的な均衡と予算管理、園の規模と地域の幼児人口との適合性などが挙げられます。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次