「眼鏡屋さん」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「眼鏡屋さん」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

眼鏡チェーンのフランチャイズ展開と経営モデル

  • 多くの眼鏡チェーンは、フランチャイズ(FC)や直営店を通じて展開しており、FC加盟店になるには、加盟金や保証金、開店支援料、ロイヤリティなどの費用が定められています。
  • これらのチェーン店では、標準的な収支モデルに基づき、経営が行われています。新店舗を開設する際には、店舗設備や商品の初期在庫に関する初期投資が必要です。

眼鏡業界の新ビジネスモデルと市場変革

  • 業界の課題と展望については、SPA(製造小売業)というビジネスモデルを取り入れた業者が現れ、計画から製造、販売まで一貫して行うことで、極めて低価格の商品を市場に提供しています。
  • この動きは、伝統的な眼鏡小売業にも影響を与え、厳しい状況をもたらしています。例えば、イオンは2012年にオプトバリューを通じて業界に新規参入しました。
  • また、オンデーズはファッション性を重視した眼鏡を取り扱い、国内外での店舗数を増やしています。さらに、多くの企業が眼鏡のオンライン販売市場に参入してきています。

眼鏡市場の現状

  • 「経済センサス」のデータによると、時計や眼鏡などの小売業の事業所数や従業員数、市場規模等は減少傾向にあります。
  • この業界の代表的な企業の一つには、静岡県静岡市に本拠を置くメガネトップが挙げられます。

多目的製品開発による新しい需要の創出

  • 中小規模の眼鏡専門店は厳しい競争環境の中、効果的なマーケティング戦略により、新しい需要を生み出すことに成功しています。
  • 眼鏡は主に視力矯正のために使用されるものですが、それ以外にも、パソコン用のブルーライトを軽減する眼鏡、スポーツ用の紫外線カットサングラス、花粉症対策用の眼鏡など、多目的に使用される製品の開発と販売が進んでいます。

眼鏡とコンタクトレンズの市場動向

  • 眼鏡関連の市場は広義には、眼鏡業界とコンタクトレンズ業界の二つから成り立っています。コンタクトレンズは眼鏡とは異なる市場を形成し、特に若年層の間で好まれる傾向がありますが、眼鏡は依然として中高年層に重宝されています。

地域特性に基づいた眼鏡店のビジネスチャンス

  • 眼鏡店は日用品の性質を持つため全国に広がっており、特に人口の多い三大都市圏に集中しています。これらの店舗は、ショッピングセンターやモールなどによく見られます。

訪日外国人市場への対応と国際サービスの強化

  • 眼鏡屋さんでは、増加する海外からの訪問者への対応も進められています。例えば、三城ホールディングスは2018年に京都に訪日外国人向けの店舗を開設し、メガネスーパーやジンズでは、外国語を話すスタッフによるタブレットを使った遠隔接客サービスを提供しています。また、モバイル決済サービスの導入なども行われています。

消費者行動と眼鏡市場の需要予測

  • 消費者の購入傾向を見ると、一般的に眼鏡の交換周期は約3年とされています。「家計調査年報」によれば、眼鏡やコンタクトレンズの家庭ごとの年間支出はほぼ横ばいで、1万円をわずかに下回るレベルです。

眼鏡業界の国際展開と輸入動向

  • 眼鏡の国際展開について見ると、プラスチック製の眼鏡レンズの輸入は2022年に259億円に達し、その大部分はタイからのものです。
  • 一方、プラスチック製の眼鏡フレームは187億円の輸入額で、このうち75%が中国からの輸入です。
  • サングラスに関しては、輸入総額が187億円で、金額ベースでは半分以上が中国製ですが、高価な商品はイタリアから輸入されていることが多いです。
  • 輸入国を見ると、中国からの輸入が圧倒的に多く、新興国からの輸入の増加が国内生産業界には大きな打撃となっています。

眼鏡屋さんの開業に関連する法律

  • 眼鏡業界では、製造物責任法の規制や、コンタクトレンズ販売に関する高度管理医療機器の規制、補聴器販売における届出制度など、法規制に適応することが必須です。
  • また、不当景品類及び不当表示防止法に基づく公正競争規約が定められており、価格表示に関するガイドラインの遵守も重要となります。
  • これらの規制やガイドラインを遵守することで、公正かつ健全な競争を促進し、消費者の信頼を獲得することが可能です。

海外市場での日本企業の展開戦略

  • 海外市場での活動として、三城ホールディングスは1973年にフランスのパリに店舗を構え、その後シンガポールやドイツなどにも進出し、現在ではアジアを中心に12ヵ国で109店舗を運営しています。
  • また、眼鏡屋チェーンのジンズは2010年に中国の蕪湖に最初の海外店舗を出店し、現在は中国内で174店舗を展開しており、2015年にはアメリカのサンフランシスコにも店舗を開設し、現在は6店舗を運営しています。

高齢社会への対応とトータルアイケアソリューション

  • 社会の高齢化に伴い、老眼鏡やその他のアイケア製品への需要が増加すると予想されるため、眼鏡販売店は単に製品を販売するだけではなく、トータルアイケアソリューションを提供する必要があります。
  • これには、医療機関との連携や、使用シーンや顧客の年齢に合わせた製品提案が重要な要素となります。さらに、過疎地域の高齢者や、コロナ禍で来店が難しい顧客に対するITを活用した遠隔接客や試着サービスの提供が、今後のポイントとなります。

低価格メガネ店の一体化した製造販売システム

  • 多くの低価格型の眼鏡店では、製造と販売を一体化したシステムを採用し、自社工場または中国の提携工場で製品を生産しています。
  • これにより、中間業者を介さずに直接製品を仕入れることでコスト削減を実現し、低価格での商品提供を可能にしています。
  • さらに、IT技術を駆使した受注システムを利用し、顧客の反応を迅速に製品開発にフィードバックし、需要の高い商品を迅速に市場に供給する体制を整えています。

少子高齢化と眼鏡市場の機会

  • 眼鏡屋さんにとっては、少子高齢化はビジネスチャンスです。15歳から34歳の若年層はすでにコンタクトレンズ市場に取り込まれていますが、眼鏡の需要は年齢分布に依存し、人口の高齢化に伴い、特にシニア層での需要拡大が見込まれています。

三城ホールディングスの高品質フレームとサービス提供

  • 三城ホールディングスは2009年に会社分割を行い、純粋持株会社として新たなスタートを切りました。その主要な子会社として、三城と百貨店内に店舗を構える金鳳堂があります。
  • 同社は、デザインと機能にこだわった高品質なフレームと細やかなサービスを提供しており、低価格を主軸とする他社と比べて、平均販売単価が高めです。
  • 収益性の低い店舗の改装や閉店を進める一方で、事業の再構築に向けた選択と集中を行っています。また、健康や美容関連商品の拡充、高齢者市場への補聴器販売の強化、ベトナムでの医療連携取組みなど、ASEAN地域での事業拡大を図っています。

ファッションと機能性の融合による眼鏡市場の新たな機会

  • 眼鏡の市場では、価格の低下が進んでいる一方で、ファッションアイテムとしての位置づけも確立しており、デザイン性を重視する傾向が続いています。
  • また、機能性を備えた眼鏡も普及しており、スポーツ用、ブルーライトカット機能を持つパソコン用、花粉症対策用などがあります。
  • 価格競争により低価格帯の商品が増えているものの、アイケアを重視した高機能レンズの需要が高まっており、市場の拡大が見込まれています。

高齢化社会への適応と、眼鏡屋さんの戦略

  • 将来の戦略としては、国内外の高齢化社会に適応する、手頃な価格と高品質の製品提供が重要です。市場のさらなる拡大には、45歳以上の層の購買サイクルの加速、用途に応じた複数の眼鏡の所有、遠近両用眼鏡の普及による単価の向上、そして眼鏡利用者へのアフターフォローの強化が鍵となります。

新規店舗開設と資金調達の戦略

  • 競争の激しい眼鏡量販業界では、一部の不採算店の見直しとともに、新規店舗の積極的な開業が進められています。
  • 大手企業の場合、ショッピングセンターなどを中心に年間数十店舗の新規出店を行っています。
    新規出店に必要な投資額は、立地や店舗面積によって異なります。
  • 賃貸物件の場合は、保証金などが主な初期投資となりますが、路面店などでは土地の取得費や建設費が必要です。また、既存店舗では、数年ごとに改装資金が必要になります。

眼鏡業界の価格競争と品質重視の動き

  • 眼鏡屋さんでは、業界全体の活性化のため、高品質な商品と適正な価格設定、顧客サービスの向上を目指しています。
  • 低価格路線の流れは業界の課題となっているため、M&Aを通じた業界の再編成を進めており、国際競争力の向上も狙っています。

商品仕入れと取引形態の標準化

  • 例えばメガネトップはジョンソン・エンド・ジョンソンやニコン・エシロールなどのメーカーから商品を仕入れ、愛眼はセイコーオプティカルプロダクツや東海光学などから商品を仕入れています。
  • チェーン店では、本部の方針に従い、仕入れや商品政策が一定の基準に沿って行われ、FCチェーンではロイヤリティの支払いが発生します。
  • 眼鏡の販売は検眼を伴うため、店頭での現金販売が一般的で、顧客のニーズに合った商品を提供するために、レンズ選びやフレーム選びに関する専門知識が求められます。

眼鏡小売業のキャッシュフロー分析と財務健全性

  • 眼鏡小売業のキャッシュフローに特化したデータは一般には公開されていませんが、経常収支比率、売上高経常利益率、営業投資比率、流動負債営業キャッシュフロー比率、棚卸資産回転期間など、財務比率に注目することで企業の健全性を見極めることができます。

国内眼鏡生産の現状と国際競争の影響

  • 眼鏡の国内生産に目を向けると、製造業界は変動しつつも全体としては成長している傾向にあります。特に眼鏡フレームの製造においては、福井県が全体の大部分を占めていますが、外国、特に中国との激しい価格競争のために生産量が減少しています。
  • 加えて、円の価値が下がることによる材料費の上昇も、利益に影響を与えている事実を見過ごすことはできません。
  • レンズの製造に関しては、愛知県や福井県が主要な生産地となっていますが、中国を含む新興国での生産活動が盛んになっており、国内での生産は厳しい競争に直面しています。

メガネスーパーのアイケア特化とウェアラブル技術の導入

  • メガネスーパーは1980年に設立され、ミドル・シニア層をターゲットに、アイケアに特化した商品やサービスの提供を拡充しています。さらに、新たな分野としてウェアラブル端末の開発にも着手していることが特徴です。

眼鏡流通経路の変化と量販店の直接仕入れ

  • 眼鏡の流通経路については、一般的にフレームの場合は「メーカー→産地問屋→消費地問屋→小売店」という経路をたどりますが、レンズの場合は「メーカー→特約店→卸問屋→小売店」となっています。
  • しかし、眼鏡量販店では、卸売業を介さずに「メーカー→小売店」という直接仕入れる製造小売の流通経路が広がっています。これらの取り組みによって、メガネ屋では低価格での提供を実現しています。
  • 眼鏡屋さんの開業を成功させるには、如何に規模の経済性を働かせ、コスト削減を狙うかが争点となるため、個人店として独立をするよりも、フランチャイズに加盟することが賢い経営判断である場合も多いです。

ジンズの市場革新とデジタルサービスの拡充

  • ジンズは2001年に雑貨店から眼鏡業界に新規参入し、低価格路線で大きな成長を遂げました。従来の眼鏡販売の慣習を打破し、眼鏡一式を5,000円、8,000円のツープライス制で販売することで、視力矯正眼鏡をファッションアイテムとして位置づけました。
  • その他、軽量化されたエアーフレームや花粉症対策眼鏡、パソコン用眼鏡など、様々なニーズに応える製品をヒットさせました。また、デジタルサービスを拡充し、オンライン販売だけでなく、高精度の3D試着サービスやAIを活用したレコメンデーションサービスなどを展開しています。

個人・小規模事業者はフランチャイズへの加盟が有力な選択肢

  • 眼鏡屋さんの業界は、主に大手または中堅の企業がチェーン店による出店が多いです。
  • そのため、個人や小規模事業者が新しく開業するには、基本的にはフランチャイズへの加盟が多くなります。
    フランチャイズに加盟すると店舗は、本部の経営戦略や販売の方針、財務の方針によって大きく左右されます。

眼鏡購入のプロセスと価格設定の革新

  • 眼鏡の購入プロセスでは、まず顧客がフレームを選択し、視力測定を行い、その後自分に合ったレンズを選ぶというステップを踏みます。
  • 一般的には、フレームの価格にレンズの価格を加算する形で価格が設定されますが、レンズの種類や機能によって最終的な価格は高くなることが多いです。
  • このような価格設定の複雑さを解消したのがワンプライス制で、レンズとフレームがセットになった明瞭な価格設定が登場しました。
    最初に低価格で導入されたこの制度は、後にレンズの交換時に追加料金が不要な全包含価格へと進化しました。

眼鏡屋さんの競争激化と中小企業の挑戦

  • 眼鏡屋さんの業界は、大規模なチェーン店の増加に伴い、店舗数の過多に陥っています。これにより、低価格での商品提供や、量販店同士の競争が激化し、上位に位置する店舗は市場での競争が特に厳しくなっています。このような状況の中、中小規模の眼鏡専門店は、さらに困難な状況に立たされています。

ITを活用したサービスとスマートグラスの機会

  • スマートグラスのように、従来の眼鏡の機能を超えた製品が登場していることから、付加価値の多様化と新たなニーズの捉え方が必要です。

専門化と顧客ニーズに応じた眼鏡小売業の進化

  • 眼鏡屋さんの業界では、従来の大量仕入れ・大量販売のアプローチから脱却し、2001年以降、価格統一型の店舗や若年層をターゲットとした店舗など、顧客のニーズに合わせた専門的な店舗形態を確立しています。これにより、顧客層を絞り込み、立地に応じた顧客の要望に合わせた商品のラインナップを提供しています。

人材育成と専門知識の重要性

  • 人材育成も眼鏡小売業にとっては重要な要素です。眼鏡販売は単なる商品の販売以上の専門知識と技術が求められるため、各社は社員教育に力を入れています。
  • 顧客に最適な眼鏡を提供するためには、視力測定からレンズやフレームの選択まで、専門的な知識と技術が必要です。
  • このため、各企業は研修センターを設け、販売スタッフが顧客のライフスタイルや好みを考慮した提案、正確な視力測定、適切なレンズやフレームの選択ができるように、綿密な研修プログラムを実施しています。

大手チェーン店と小規模専門店の運営戦略の違い

  • 大手や中堅の企業が運営するチェーン店(主に直営店)は、企業の経営戦略や販売方針、財務方針によって運営が左右されます。
  • そのため、小さな眼鏡専門店とは異なる基準で評価され、業界全体の経営指標だけでは全貌を把握することが難しく、マーケティング戦略も各業態によって異なります。

開業後の業績を改善する方法

  • 開業後に、業績を改善する方法としては、不採算店の見直しや新規店舗の拡大が挙げられます。
  • 新規店舗の開拓には、経営計画の精度を高める事や、開業予定立地の情報を収集し、効果的にアプローチすることが重要です。
  • また、競合店の売上状況やチェーン店本部の動向に注目することが求められます。

眼鏡小売業における現金販売と運転資金

  • 眼鏡小売業では、主に現金販売が行われるため、通常運転資金の不足は生じません。出店や改装以外で必要な設備投資には、検眼機器や情報技術機器などが含まれます。

財務状況分析と低価格競争の影響

  • 財務状況を理解するには、決算書の分析が重要です。近年、低価格競争が激化し、全体的に利益率が低下しています。眼鏡屋さんでは、レンズやフレームの材料費よりも、検査料や技術料の方がコストがかかるため、売上総利益率は他業種に比べて高めです。
  • 眼鏡店では、販売員が単に商品を販売するだけでなく、検眼を行い、顧客一人ひとりに合わせたコンサルティングを提供するため、粗利益率は高いものの、人件費の割合も大きくなっています。また、大手量販店では広告宣伝費が多くかかる傾向があります。

眼鏡小売業の上場企業とMBOによる非上場化の動向

  • メガネ屋さんの上位企業には上場企業が多く、三城ホールディングスや愛眼、ビジョナリーホールディングス、ジンズなどがその例です。
  • 一方、メガネトップは2013年に経営陣による買収(MBO)により上場を廃止しました。上位企業ではホールディングス体制への移行も見られ、業界の経営指標や方針は公開された財務報告から把握できます。
  • 業界団体に加入していない場合は、業界紙や専門書から情報を収集するのをおすすめします。

メガネトップの中価格帯戦略と店舗展開

  • メガネトップについては、1980年に設立された老舗の一角であり、2006年にはオールインワンプライスショップ「眼鏡市場」を開設し、中価格帯の戦略で成長を遂げました。
  • 自社工場を持つことで、品質の安定化や製造管理が可能になっています。店舗展開は、定額価格で眼鏡を提供する「眼鏡市場」と、ネット及び専門店でコンタクトレンズを販売する「LENS STYLE」「レンズダイレクト」を含む1,022店舗に及びます。

低価格量販店の成功要因と経営戦略

  • 眼鏡市場において低価格量販店が売上を伸ばしている主な理由は、製造から販売までを一貫して行うシステムによる低価格戦略と、顧客のニーズに応じた適切な商品提供と立地戦略によるものです。
  • 製造卸チャネルの見直しや、製造部門の内製化によるコスト削減、さらには技術水準やサービス水準の維持が、これらの店舗にとって不可欠な要素となっています。
  • この場合、個々の店舗の収益向上よりも、チェーン全体のマーケティング戦略が優先されます。

眼鏡市場の歴史的変遷とイノベーション

  • 業界の発展を振り返ると、眼鏡の大量販売店が市場に登場したのは、1975年頃のロードサイド店舗の増加のタイミングです。その後、パリミキやメガネの愛眼などのブランドが成長し、業界を形成していきました。
  • 2001年頃には、中国や韓国からの輸入品を低価格で提供する新しいビジネスモデルが出現しました。これにより、眼鏡とレンズをセット価格で提供する方式が普及し、価格の大幅な引き下げが進みました。
  • この価格競争は、眼鏡を手軽なファッションアイテムへと変貌させ、電子機器の普及に伴う目の疲れや、若年層の視力問題の増加によって、消費者層の拡大にも寄与しました。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次