「サッカースクール」の独立開業で儲かる極意。成功と失敗のポイントも解説。

目次

「サッカースクール」の開業が儲かるメリット・失敗すると儲からないポイント

サッカースクールの経営課題:ブランド力を活かした生徒募集の展望

  • 他のスポーツと比較してサッカーは地域別の組織体制が整っており、一定の安定した経営環境が保たれています。特に、Jリーグの「百年構想」により確立された全国のスクール組織が基盤となっています。
  • また、著名な元プロ選手を講師に迎えることで、生徒募集にブランド力を活かしているケースも多く見られます。
  • しかし、大手スクールでは生徒数が多く個別指導が難しい、技術や体力に優れた生徒が重視され疎外感を感じる、インストラクターの要求レベルが高すぎる、料金が高いといった不満も散見されます。
  • これらの点を考慮すると、地域の中小規模のスクールでは大手と異なるアプローチで、きめ細やかな指導や運営が求められるでしょう。

少子化がもたらすサッカースクール市場への影響と対策

  • 少子化の影響も無視できません。サッカースクールが主に小学生を対象としている現状では、少子化による市場の縮小は避けられない課題です。
  • 将来的にはスクールの廃止や統合が進み、遠隔地への移動が生徒にとって負担となることも予想されます。不採算のスクールや、明確な指導・運営方針がないスクールは徐々に淘汰されていくことになるでしょう。

小規模スクールの財務管理課題と経営の透明性

  • 小規模なサッカースクールの場合、財務管理が不十分な場合があり、経過措置費目の適正な会計処理が常に保証されるわけではありません。
  • 経営者としては、現場で不正が行われないように、決算操作の有無についても常日頃から注意深くチェックする必要があります。

経営改善と収益向上への多角的アプローチ

  • 経営改善や収益向上にあたっては、コーチへの人件費削減などコスト削減に偏ることなく、サービスの価値を高めることによる単価向上や、集客力の拡大に向けた戦略が重要です。
  • これには、質の高い人材の確保、ターゲット顧客への的確なプロモーション活動、そしてコロナ対策を含む安全かつ安心な環境の提供が必要不可欠です。
  • これらの取り組みを通じて、サッカースクールの経営改善および収益向上を図ることができるでしょう。

需給動向と大型イベントがサッカー教室参加に与える影響

  • 需給動向を見ると、「レジャー白書2022」によるとサッカーを含む主要な球技スポーツの参加人口は減少傾向にあるものの、オリンピックやワールドカップの成績が参加率に影響を及ぼすことがあります。
  • JリーグやWEリーグなどのプロリーグによる地域活性化もサッカー教室の参加動向に影響を与える可能性があります。

サッカースクール経営の財務構造と資金ニーズ

  • 収入の面では、会員(主に小学生の保護者)から直接、銀行振込やクレジットカード決済で会費や月謝を回収することが一般的で、入金サイクルは短く、未回収リスクも低いとされています。
  • 資金の使い方としては、人件費、グラウンド使用料、広告宣伝費、イベント開催費などの運転資金があります。また、ボールや練習用機器の購入費用などの設備投資も必要です。

サッカースクール経営の収益性と生産性指標の重要性

  • 経営状況については、収益性や生産性指標を見ることが重要です。黒字の企業では売上高営業利益率や売上高経常利益率が全体平均よりも高い傾向にありますが、1人あたりの売上高に大きな差はありません。
  • 成功の鍵は、サービスレベルに直結する人材の質と量を高め、顧客満足度や評判を向上させることで集客力を高め、事業規模を拡大することにあります。

サッカースクール開業で使える資金調達方法

  • 事業の持続可能な成長を支援するために、東京都の「小規模事業融資」や「経営強化融資」、「経営安定融資」などの制度融資や、経済産業省による中小企業向けの支援策を活用することが有効です。
  • これらの融資メニューや支援策を利用することで、設備投資や新たな事業活動の推進に必要な資金を確保し、サッカースクールの経営基盤を強化することが可能になります。

サッカースクール開業に関連する法律

  • サッカースクール運営においては、広告や募集活動に際して「不当景品類及び不当表示防止法」などの法規制に注意を払う必要があります。

財務安全性と債務償還能力のスクール別格差

  • サッカースクール業界の財務安全性に関しては、一般的な企業と同様に流動比率や自己資本比率などの安全性指標が重要な評価基準となります。
  • 流動比率が理想の200%を下回っている状況は見られますが、サッカースクール特有の短期間での売上入金サイクルと低い未回収リスクを鑑みると、これが直ちに大きな問題であるとは限りません。
  • 一方で、自己資本比率は40%を目安としていますが、全企業平均はこの値に達しておらず、黒字企業でさえも2021年度は約31%まで低下しており、スクールによっては財務の安定性に大きな格差が存在することが推察されます。
  • また、債務償還能力についても、ギアリング比率を見る限り黒字企業と全企業平均との間に顕著な差があり、個々のスクールの具体的な財務状況や事業内容を詳細に検討する必要があります。

サッカーの根強い人気と歴史

  • サッカー自体の歴史は古く、古代ギリシャやローマ、中国での記録がありますが、14世紀のイングランドでは、その人気により公衆の迷惑になるとして街中でのプレイが禁止されるほどでした。
  • 19世紀には、教育の一環として学校に取り入れられ、その後、世界中に広まりました。特に南米では労働者層の間で急速に普及しました。

キャッシュフロー分析と施設所有形態の影響

  • 施設の所有形態が投資キャッシュフローに大きく影響を与えるため、施設の負担形態に応じた管理が求められます。

地域差が生むサッカー教室の新規市場機会

  • 地域的な特性も重要な要素です。特定の地域ではサッカーの参加率が高い一方で、他の地域では低いことが「レジャー白書2022」から読み取れます。
  • 参加率の低い地域は、サッカー教室にとって新たな市場となる可能性があります。サッカーは屋外スポーツであり、温暖な地域での普及が期待される一方で、高校サッカー選手権などを見ると寒冷地でも活躍する場があります。

サッカースクール経営のビジョン明確化とSDGsへの貢献

  • サッカースクール経営者は経営ビジョンの明確化が必要です。特に、SDGsの理念「誰一人取り残さない」に則り、すべての人がサッカーを楽しめる環境作りに注力することが望まれます。
    これには、年齢、性別、障害の有無などに関わらず、参加しやすい環境を整えることが含まれます。

サッカー参加率の年代別動向と女性プレイヤーの潜在的需要

  • 「レジャー白書2022」の分析によると、サッカーへの参加率は男女共に減少の一途をたどっています。
    特に顕著なのは、10代での高い参加率が20代に入ると大きく落ち込む点です。男性は30代でさらに参加率が下がり、40代以降も徐々に減少していく傾向がありますが、70代まで参加者がいることが確認されています。
  • 女性の場合、30代以降は参加者がさらに少なくなり、限られた数のみが参加している状況が見られます。これはサッカーが要求する体力やスタミナが関係していると考えられますが、10代の参加率を考えると、女性の潜在的な需要は無視できないとも言えます。

中高年層をターゲットにしたサッカースクールの新たな機会

  • 将来のサッカースクールの展開においては、現状では比較的市場規模が小さい中高年層の開拓が有望な戦略の一つとして挙げられます。
  • 中高年層は健康維持やレクリエーションとしてのニーズが高まっており、サッカーに対する関心も見込めます。ただし、40代から50代にかけてのサッカー参加率の落ち込みは他のスポーツと比べて大きく、運動の強度が高いサッカーが中高年層にとって始めるにはハードルが高い可能性があります。
  • そのため、戦術面や知的な判断を楽しむ側面に重点を置いたプログラムを提供することで、この年代の人々に新たな魅力を提供できるかもしれません。

サッカースクール運営の基盤:グラウンド確保と施設の重要性

  • サッカースクールを運営するためには、適切なグラウンドの確保が必要です。多くのスクールは公共施設や学校のグラウンドを年間契約で借りていますが、専用グラウンドと総合グラウンドがあり、夜間照明が備えられている場合が多いです。スクールの開催時間は主に放課後や夕方から夜間に集中しています。

コーチングスタッフの質がサッカースクール成功の鍵

  • スタッフ構成においては、指導者(コーチ)、指導補助者、そして営業や事務を担当するスタッフで成り立っています。
  • 公認のC級コーチ資格を持つ者やジュニアスポーツ指導員が務めます。スクール選びの際、利用者はコーチの経験や評判を大きな判断材料としています。
  • また、指導者1人に対する生徒の比率や、生徒一人一人が使うボールの数なども重要な運営基準となります。
  • ある意味で、コーチの人件費が、広告費の役割を果たしているとも言えるのです。

サッカースクールの料金体系と受講者の多様なニーズ

  • サッカースクールの料金体系は、受講者の年齢、技術レベル、週に受ける練習の回数などによって変わります。例えば、東京都内の12歳以下を対象とした平均的なスクールでは、特定の料金体系が設定されていますが、地方やNPOが運営している場合は料金が若干安く設定されていることがあります。

サッカースクールにおける付加価値サービスの提供

  • サッカースクールでは、無料体験や出張コーチング、保護者向けの説明会、対外試合のツアーや関連グッズの販売、イベントの開催など、多様なサービスが提供されています。
  • 特に低学年を対象とする場合は、雨天時の練習中止の決定や連絡方法、保護者の負担軽減のための工夫が求められます。

「教育、学習支援業」における位置付け

  • サッカー教室は、総務省が定める日本標準産業分類において「教育、学習支援業」の大分類内の「スポーツ・健康教授業に属しています。
    このカテゴリーは、スポーツの技術や健康、美容の向上を目指して、柔道、水泳、ヨガ、体操などの指導を行う場を主な事業として位置づけています。テニスやゴルフ、水泳の教室などがこの分類に含まれます。

小学生をターゲットにしたサッカー教室の市場ポテンシャル

  • 市場の概要について触れますと、サッカー教室の主な対象年齢層は小学生とされています。これは、中学生になると学校の部活動に参加したり、Jリーグなどのクラブの下部組織に入ることが一般的であり、そのためサッカー教室の経営が難しくなるからです。
  • そのため、サッカースクールでは、小学生が中学校に上がるタイミングで、新規の小学生を絶えず集客する仕組みを考えることや、小学生以外のも顧客層を拡大させるための戦略が必要になってきています。

サッカー教室の市場規模

  • 総務省の「令和3年社会生活基本調査」によれば、10歳から14歳までの間で年に1日以上サッカーやフットサルをした経験がある子供は約118万人おり、この中で週に1日以上プレイする子供は約43万人です。
  • これらの数字から、サッカー教室の潜在的な市場規模は小学校高学年の3年間で約20万から30万人程度と見積もられます。
  • ただし、公共の施設を利用した無料のサッカー教室も多く、有償のサッカー教室に通う子供の数は限られる可能性があります。
  • 消費傾向に目を向けると、「レジャー白書2022」によると、2021年のサッカー参加者の年間平均費用などの詳細が記載されています。
  • 市場規模は他のスポーツと比較してやや小さく、参加人口と年間平均費用を掛け合わせた数値が参考値となります。

サッカー教室の先駆け:日本におけるサッカースクールの誕生と進化

  • 日本におけるサッカーの始まりは、1873年にイギリスから来日したダグラス少佐が海軍に指導したことが最初とされています。
  • その後、体操伝習所や東京高等師範学校の蹴球部などを通じて徐々に広まり、1917年には東京で最初の国際試合が開催されました。
    21年には、日本サッカー協会が設立され、戦後は国際サッカー連盟に復帰し、1956年にはオリンピックにも初出場しました。
  • 日本で最初の公認サッカースクールは、1969年に設立された日立サッカースクールで、現在の柏レイソルサッカースクールの前身です。開校式には、日本サッカー発展に貢献したD・クラマーも参加しました。
  • その後、全国にサッカースクールが設立され、運営は主に地元の教育委員会とサッカー協会が担い、参加費は無料で、生徒は自身でユニフォームを準備して参加しました。

Jリーグ開幕とワールドカップ初出場:日本サッカー教室への影響と機会

  • 平成に入ると、1993年のJリーグ開幕や1998年のワールドカップ初出場など、日本サッカーは一時期、約750万人の競技人口を誇りましたが、最近ではコロナ禍の影響もあり、400万人を下回る水準に減少しています。
  • しかし、ブルーロックやアオアシなどの、サッカー漫画の盛り上がりと共に再び復調基調にあります。

顧客層の特定と収益バランスの最適化戦略

  • サッカースクールの開業をするにあたり、主にチェックすべきポイントとしては、顧客層、生徒数と客単価の適切なバランス、地元コミュニティとの関係構築、安全管理と従業員教育の徹底、そして社内不正の防止などが挙げられます。
  • 本記事の内容は調査時点のもので、独自調査による推測の情報を含んでおります。数値等の情報を含め保証されるものではありません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次